映画-Movie Walker > 人物を探す > チョ・ジヌン

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2019年 まで合計11映画作品)

2019年

毒戦 BELIEVER

2012年のジョニー・トー監督作『ドラッグ・ウォー 毒戦』を、『お嬢さん』や『渇き』などを手掛けた脚本家チョン・ソギンによる脚色でリメイク。裏社会に生きる男たちの人間ドラマを、銃撃戦や近接格闘のアクションを盛り込みながら描く。麻薬取締局の刑事が正体不明の麻薬王を追うため、危険な潜入捜査に踏み込んでいく。

監督
イ・ヘヨン
出演キャスト
チョ・ジヌン リュ・ジュンヨル キム・ジュヒョク チャ・スンウォン

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

監督
ユン・ジョンビン
出演キャスト
ファン・ジョンミン イ・ソンミン チョ・ジヌン チュ・ジフン
2017年

犯人は生首に訊け

  • 2017年7月2日(日)公開
  • 出演

「4人の食卓」のイ・スヨン監督が、未解決連続殺人事件を追う医師の運命を活写した心理スリラー。精肉食堂を営む一家の父を診察中、無意識にも拘わらず殺人事件を匂わせる言葉を口にするのを聞いた新参者の医師スンフンは、一家の事件への関与を疑っていく。「お嬢さん」のチョ・ジヌンが18kg減量し疑心暗鬼に陥るスンフンを演じたほか、「インサイダーズ/内部者たち」のキム・デミョン、「二度目の初恋!? が、やってきた」のイ・チョンアらが出演。特集企画『反逆の韓国ノワール2017』の一作。

監督
イ・スヨン
出演キャスト
チョ・ジヌン キム・デミョン イ・チョンア

殺戮にいたる山岳

  • 2017年7月1日(土)公開
  • 出演

「光州5・18」のアン・ソンギと「お嬢さん」のチョ・ジヌンが金脈をめぐり対立する男たちを演じたアクション。鉱業所の死亡事故を契機に誰も寄り付かなくなった山で金脈が発見され、欲に目が眩んだパク刑事らは山の持ち主を殺害。孫娘の命も狙い追撃する。少女を守ろうとする事故の生き残りの男をアン・ソンギが、金を我が物にしようとする刑事をチョ・ジヌンが演じるほか、「リバイバル 妻は二度殺される」のソン・ヒョンジュらが出演。監督は本作が2作目のイ・ウチョル。特集企画『反逆の韓国ノワール2017』の一作。

監督
イ・ウチョル
出演キャスト
アン・ソンギ チョ・ジヌン ソン・ヒョンジュ

お嬢さん スペシャル・エクステンデッド版

  • 2017年6月24日(土)公開
  • 出演

サラ・ウォーターズの小説『荊の城』を原作に「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が映画化した「お嬢さん」に、24分におよぶ未公開カットを追加。1939年の朝鮮半島。支配的な叔父と豪邸で暮らす華族令嬢・秀子のもとへ、新しいメイドのスッキがやって来る。彼女は秀子の莫大な財産を狙う詐欺師の手先だった。出演は「泣く男」のキム・ミニ、「暗殺」のハ・ジョンウ、「チャンス商会 初恋を探して」のチョ・ジヌン。美術は「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」のリュ・ソンヒ。

監督
パク・チャヌク
出演キャスト
キム・ミニ キム・テリ ハ・ジョンウ チョ・ジヌン
2016年

暗殺

  • 2016年7月16日(土)公開
  • 出演(チュ・サンオク(速射砲) 役)

日本統治下の韓国を舞台に、独立軍と密偵、殺し屋の運命が交錯する歴史サスペンス。1933年。韓国臨時政府は日本政府要人と親日派暗殺のため、スナイパーら3名を上海に結集。だが京城へと潜入した彼らに日本政府の密偵が送り込んだ殺し屋が迫っていた。出演は「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン、「新しき世界」のイ・ジョンジェ、「テロ,ライブ」のハ・ジョンウ、「ベテラン」のオ・ダルス、「チャンス商会 初恋を探して」のチョ・ジヌン、「超能力者」のチェ・ドクムン。監督は「10人の泥棒たち」のチェ・ドンフン。

監督
チェ・ドンフン
出演キャスト
チョン・ジヒョン イ・ジョンジェ ハ・ジョンウ オ・ダルス
2015年

群盗

  • 2015年4月25日(土)公開
  • 出演(イ・テギ 役)

官僚や貴族ら支配者層による搾取と弾圧が貧しい民衆を苦しめていた朝鮮王朝末期を舞台に、腐敗した政権を打倒し民を救おうとする義賊たちを描いたアクション・ドラマ。監督は「悪いやつら」「許されざるもの」のユン・ジョンビン。ある悲劇から義賊になり世を正そうと反乱を起こす男を「テロ,ライブ」「チェイサー」などに出演、ユン監督と組むことの多いハ・ジョンウが、民から搾取する非情な武官を「超能力者」「オオカミの誘惑」などに出演、兵役を経て4年ぶりにスクリーンに復帰したカン・ドンウォンが演じる。スタントを使わず自らアクションに挑んでいる。

監督
ユン・ジョンビン
出演キャスト
ハ・ジョンウ カン・ドンウォン イ・ギョンヨン イ・ソンミン
2014年

パパロッティ

  • 2014年12月13日(土)公開
  • 出演(チャンス 役)

韓国のオーディション番組で披露した歌声で一躍脚光を浴びた男子高校生と、彼をオペラ歌手へと導いた音楽教師の実話を『青燕 あおつばめ』のユン・ジョンチャン監督が映画化。出演は「シュリ」のハン・ソッキュ、「建築学概論」のイ・ジェフン、「7番房の奇跡」のオ・ダルス、「悪いやつら」のチョ・ジヌン、「サニー 永遠の仲間たち」のカン・ソラ。

監督
ユン・ジョンチャン
出演キャスト
ハン・ソッキュ イ・ジェフン オ・ダルス チョ・ジヌン

怒りの倫理学

  • 2014年3月24日(月)公開
  • 出演

殺害された美人女子大生をめぐり、4人の男と1人の女の思惑が交錯するスリラー。監督はこれがデビュー作のパク・ミョンラン。出演はムン・ソリ、イ・ジェフン、チョ・ジヌン、キム・テフン、クァク・トウォンほか。2014年3月21日より東京・新大久保にて開催された『新大久保ドラマ&映画祭』、および2014年10月4日より東京・キネカ大森にて開催された『秋の韓流フィルムフェスティバル』にて上映(上映タイトル「怒りの倫理学」)。

監督
パク・ミョンラン
出演キャスト
ムン・ソリ イ・ジェフン チョ・ジヌン キム・テフン
2009年

飛べ、ペンギン

  • 2009年12月26日(土)公開
  • 出演(ハン・チャンス 役)

韓国の国家人権委員会製作による、教育問題や偏見、熟年離婚など韓国の日常的な問題をテーマにしたオムニバス・ドラマ。出演は、「大統領の理髪師」のムン・ソリ、「燃ゆる月」のチョン・ヘソン。監督は、「私たちの生涯最高の瞬間」のイム・スルレ。第10回全州国際映画祭、あいち国際女性映画祭2009ほかに出品。

監督
イム・スルレ
出演キャスト
アン・ドギュ ムン・ソリ パク・ウォンサン チェ・ギュファン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チョ・ジヌン