映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・ブース

年代別 映画作品( 1961年 ~ 1982年 まで合計8映画作品)

1982年

ゾロ

  • 1982年10月2日(土)公開
  • 出演(Velasquez 役)

19世紀中頃のカリフォルニアを舞台に、双子の剣士が活躍するというコメディ・アドベンチャー。製作はジョージ・ハミルトンとC・O・エリクソン、製作総指揮はメルビン・サイモン、監督は「チェンジリング」のピーター・メダック。ジョンストン・マッカレーの『快傑ゾロ』に基づいてハル・ドレスナー、グレッグ・アルト、ドン・モリアーティ、ボブ・ランダルがストーリーを考え、ドレスナーが脚本を執筆。撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はイアン・フレーザーが手掛けている。出演はジョージ・ハミルトン(2役)、ローレン・ハットン・ブレンダ・ヴァッカロ、ロン・リーブマンなど。日本版字幕は宍戸正、オカマ言葉監修は赤塚不二夫&トンちゃん。デラックスカラー(日本版はフジカラー)、ビスタサイズ。1981年作品。

監督
ピーター・メダック
出演キャスト
ジョージ・ハミルトン ローレン・ハットン ブレンダ・ヴァッカロ ロン・リーブマン
1979年

サンバーン

  • 1979年8月25日(土)公開
  • 脚本

アカプルコで起こった1人の男の事故死をめぐって、保険調査員とモデルが、事実をつきとめるまでを描くミステリー・アクション映画。製作はジョン・デーリーとジェラルド・グリーン、監督は「バニシング・ポイント」のリチャード・C・サラフィアン。スタンリー・エリンの「空白との契約」を基にスティーブン・オリバー、ジェームズ・ブースとジョン・デーリーが脚色。撮影はアレックス・フィリップス・ジュニア、音楽はジョン・キャメロンが各々担当。出演はファラ・フォーセット、チャールズ・グローディン、アート・カーニー、エレノア・パーカー、ジョーン・コリンズ、シーモア・カッセル、ロビン・クラーク、ジョーシ・グッドフェロウ、ジョージ・ルークなど。

監督
リチャード・C・サラフィアン
出演キャスト
ファラ・フォーセット チャールズ・グローディン アート・カーニー エレノア・パーカー
1971年

西部番外地

  • 1971年5月22日(土)公開
  • 出演(King_Harry 役)

“マチョ”というのはスペイン語で「--な奴」という意味で、原題の“マチョ・カラハン”はカラハンの野郎といった意味である。“逃げる男”ジャンセンの娯楽ウェスタン。製作総指揮は「ソルジャー・ブルー」のジョセフ・E・レヴィン、製作はマーティン・C・シュット、バーナード・L・コワルスキー、監督は「USAブルース」のバーナード・L・コワルスキー、脚本はクリフ・グールド、撮影はジェラルド・フィッシャー、音楽はパット・ウィリアムスがそれぞれ担当。出演はデイヴィッド・ジャンセン、ジーン・セバーグ、リー・J・コッブ、ジェームズ・ブース、ペドロ・アルメンダリス・ジュニア、デイヴィッド・キャラダインなど。テクニカラー、パナビジョン。1970年作品。

監督
バーナード・L・コワルスキー
出演キャスト
デイヴィッド・ジャンセン ジーン・セバーグ リー・J・コッブ ジェームズ・ブース
1970年

黄色い戦場

  • 1970年2月7日(土)公開
  • 出演(Meyer 役)

第一次大戦中に実在したドイツの女スパイの物語。監督は「マッチレス 殺人戦列」のアルベルト・ラットゥアーダ。オリジナル・ストーリーをヴィットリアーノ・ペトリッリが書き、ドゥイリオ・コレッティ、スタンリー・マン、H・C・クレイグ、アルベルト・ラットゥアーダ等が共同脚色。撮影はルイジ・クヴェイレル、美術はマリオ・キアーリ、衣裳デザインはマリア・デ・マティス、音楽をエンニオ・モリコーネがそれぞれ担当。製作はディノ・デ・ラウレンティス。出演は「いつも心に太陽を」のスージー・ケンドール、・ケネス・モア、ナイジェル・グリーン、アレクサンダー・ノックス、キャプシーヌ、ジェームス・ブース、ロベルト・ビサッコなど。

監督
アルベルト・ラットゥアーダ
出演キャスト
スージー・ケンドール ケネス・モア キャプシーヌ ジェームズ・ブース
1967年

大列車強盗団

  • 1967年当年公開
  • 出演(Langdon 役)

エドワード・ボンド、ピーター・イェーツ、マーク・スタインの三人が書きおろした脚本を「太陽と遊ぼう!」のピーター・イエーツが監督したもので、イギリスで実際に起った強盗事件に取材した作品。なお、この事件の映画化作品にはMGM配給のドイツ映画「史上最大の列車強盗」がある。撮影はダグラス・スローカムで、スコットランドヤード内のロケが見もの、音楽はジョニー・キーティングが担当。出演は製作者の一人でもある「カラハリ砂漠」のスタンリー・ベイカー、「007 カジノ・ロワイヤル」のジョアナ・ペテット、「ズール戦争」のジェームズ・ブースほか。製作はジョゼフ・E・レヴィン、マイケル・ディーリー、スタンリー・ベイカー。

監督
ピーター・イェーツ
出演キャスト
スタンリー・ベイカー ジョアナ・ペテット ジェームズ・ブース フランク・フィンレイ
1964年

ズール戦争

  • 1964年6月10日(水)公開
  • 出演(Private_Henry_Hook 役)

ジョン・プレブルの原作を彼自身とサイ・エンドフィールドが脚色、「地獄特急」のエンドフィールドが演出した、ドキュメンタルな戦争ドラマ。撮影はスティーブン・デイド、音楽はジョン・バリーが担当した。製作はエンドフィールドとスタンリー・ベイカー。出演は「ソドムとゴモラ」のスタンリー・ベイカー、「ベン・ハー(1959)」のジャック・ホーキンス、「野いちご」のウーラ・ヤコブソン、ほかにジェームズ・ブース、マイケル・ケインなど。

監督
サイ・エンドフィールド
出演キャスト
スタンリー・ベイカー ジャック・ホーキンス ウラ・ヤコブソン マイケル・ケイン
1963年

フレンチ・ドレッシング(1963)

  • 1963年当年公開
  • 出演(Jim 役)

イギリスのリゾート地で計画された映画祭が、街ぐるみの大騒動に発展していく様子を描くコメディ。「ボンデージ」のケン・ラッセル監督による初の劇場映画作品で、製作はケネス・ハーパー、ピーター・マイヤーズとロナルド・カスの原案を基にマイアーズ、カス、ピーター・ブレットが脚本、撮影はケネス・ヒギンズ、音楽は「ビリー・バスゲイト」のジョルジュ・ドルリューが担当。

監督
ケン・ラッセル
出演キャスト
ジェームズ・ブース ロイ・キニアー マリサ・メル アリタ・ノートン
1961年

ならず者一家

  • 1961年12月26日(火)公開
  • 出演(Jubal 役)

ハロルド・スワントンの小説を映画化したアクションドラマ。英国で作られた西部劇とでもいうべき活劇篇である。脚色は原作者自身とパトリック・カーワン、ハロルド・ハスの共同。監督は英国出身の「山の上の第三の男」「南海漂流」のケン・アナキンが担当した。南アフリカにオール・ロケした撮影はテッド・ムーア。音楽はハーモニカ奏者としても有名なラリー・アドラーである。出演者はリチャード・トッド、アン・オーブリ、ジャミー・ユイス、マーティ・ワイルド、ジェームズ・ブースなど。製作はハロルド・ハス。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
リチャード・トッド アン・オーブリ ジャミー・ユイス マーティ・ワイルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・ブース