映画-Movie Walker > 人物を探す > クロエ・グレース・モレッツ

年代別 映画作品( 2010年 ~ 2019年 まで合計19映画作品)

2019年

サスペリア

ホラー映画史に名を残すダリオ・アルジェント監督の傑作を、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が大胆にリメイク。70年代のベルリンを舞台に、世界的に有名な舞踊団に入団した少女が体験する恐怖を描く。『フィフティ・シェイズ』シリーズのダコタ・ジョンソンが主人公を、ティルダ・スウィントンが舞踊団の顔であるコレオグラファーを演じる。

監督
ルカ・グァダニーノ
出演キャスト
ダコタ・ジョンソン ティルダ・スウィントン ミア・ゴス クロエ・グレース・モレッツ
2018年

クリミナル・タウン

  • 2018年8月25日(土)公開
  • 出演

「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートと「キック・アス」シリーズのクロエ・グレース・モレッツが共演した犯罪サスペンス。警察をはじめ街中が親友の銃殺事件に動こうとしないことに疑問を抱いたアディソンは、フィービーと独自捜査に乗り出す。監督は「ヒッチコック」のサーシャ・ガヴァシ。2010年にアメリカで発表されたヤングアダルト小説『NOVEMBER CRIMINALS』を原作にしている。

監督
サーシャ・ガヴァシ
出演キャスト
アンセル・エルゴート クロエ・グレース・モレッツ デヴィッド・ストラザーン キャサリン・キーナー
2017年

彼女が目覚めるその日まで

  • 2017年12月16日(土)公開
  • 出演(スザンナ・キャハラン 役)

ある日突然、感情がコントロールできなくなる原因不明の病に侵された若き新聞記者が、両親と恋人の支えによって人生を取り戻していくさまを描く、クロエ・グレース・モレッツ主演の人間ドラマ。2009年に抗NMDA受容体脳炎に侵されたニューヨーク・ポスト紙の記者スザンナ・キャラハンが自らの闘病をつづったノンフィクションが原作となっている。

監督
ジェラルド・バレット
出演キャスト
クロエ・グレース・モレッツ トーマス・マン リチャード・アーミティッジ キャリー=アン・モス
2016年

ダーク・プレイス

  • 2016年6月24日(金)公開
  • 出演(若き日のディオンドラ 役)

『ゴーン・ガール』の原作者ギリアン・フリンによる小説「冥闇」をシャーリーズ・セロン主演で映画化したサスペンス。28年前に起きた一家殺人事件の唯一の生存者であり心に傷を抱えたヒロインが、事件の真相に迫っていく姿が描かれる。『サラの鍵』でユダヤ人迫害事件に迫る女性を描いたジル・パケ=ブレネールが監督を務める。

監督
ジル・パケ=ブランネール
出演キャスト
シャーリーズ・セロン ニコラス・ホルト クロエ=グレース・モレッツ クリスティナ・ヘンドリックス

フィフス・ウェイブ

  • 2016年4月23日(土)公開
  • 出演(Cassie Sullivan 役)

謎の生命体“アザーズ”の襲来で壊滅的状況となった地球で、人類滅亡の危機に立ち向かう人々の姿をひとりの女子高生の目を通して描くSFミステリー。原作は13年に発刊されたベストセラー小説で、クロエ・グレース・モレッツが人間に紛れ込んだアザーズに怯えながらも、弟を探すために孤独なサバイバルに挑むヒロインを演じる。

監督
J・ブレイクソン
出演キャスト
クロエ・グレース・モレッツ ニック・ロビンソン ロン・リビングストン マギー・シフ
2015年

アクトレス〜女たちの舞台〜

  • 2015年10月24日(土)公開
  • 出演(ジョアン・エリス 役)

きらびやかな世界を渡り歩いてきた女優の光と影を、スイスの大自然を捉えた美しい映像や、シャネルの特別協力による衣装、壮大なクラシック音楽とともに描いた人間ドラマ。監督・脚本は「夏時間の庭」「クリーン」のオリヴィエ・アサイヤス。「イングリッシュ・ペイシェント」で第69回アカデミー賞助演女優賞を受賞したのをはじめカンヌ・ヴェネツィア・ベルリンの三大映画祭で女優賞を獲得しているジュリエット・ビノシュが、輝かしいキャリアを持つ大女優の葛藤を演じる。また、彼女を支えるマネージャーを「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが演じ、アメリカ人女優として初めて第40回セザール賞助演女優賞を受賞した。

監督
オリヴィエ・アサイヤス
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ クリステン・スチュワート クロエ・グレース・モレッツ ラース・アイディンガー
2014年

イコライザー

  • 2014年10月25日(土)公開
  • 出演(テリー 役)

80年代に人気を博したテレビドラマをデンゼル・ワシントン主演でリメイクしたサスペンス・アクション。元CIAの諜報員が偶然出会った娼婦の少女を救うべく、身近な武器を手にロシアンマフィアに戦いを挑んでいく姿が描かれる。クロエ・グレース・モレッツが物語のカギを握る娼婦に扮し、これまでのイメージとは異なる役を熱演。

監督
アントワン・フークワ
出演キャスト
デンゼル・ワシントン クロエ・グレース・モレッツ マートン・ソーカス デヴィッド・ハーバー

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

  • 2014年10月11日(土)公開
  • 出演(ミア・ホール 役)

世界中の人々を涙で包んだベストセラー小説をクロエ・グレース・モレッツ主演で映画化した人間ドラマ。交通事故で家族を失い、自らも昏睡状態になってしまった高校生のヒロインが“生”か“死”かという究極の選択を迫られるまでの24時間の物語。監督は数々のドキュメンタリー作品で賞にも輝いたことのあるR・J・カトラー。

監督
R・J・カトラー
出演キャスト
クロエ・グレース・モレッツ ミレイユ・イーノス ジョシュア・レナード ジェイミー・ブラックリー

早熟のアイオワ

  • 2014年2月22日(土)公開
  • 出演(キャミー 役)

「ハートブルー」「プリティ・リーグ」などに出演したロリ・ペティが、自らの少女時代を反映させた衝撃的なドラマ。売春婦の母親のもと、夜な夜なアウトサイダーたちが賭博や売春目的で集まってくる家で育った少女たちを描く。母親に売春を強要されながら必死に妹たちを守ろうとする姉を「世界にひとつのプレイブック」で第85回アカデミー賞主演女優賞を獲得したジェニファー・ローレンスが、彼女の妹を「キャリー」「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツが演じている。ほか、「ヘルボーイ」のセルマ・ブレア、「デビル」のボキーム・ウッドバイン、「バッドアス!」のデヴィッド・アラン・グリアらが出演。

監督
ロリ・ペティ
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ボキーム・ウッドバイン ソフィア・ベアリー クロエ・グレース・モレッツ

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

  • 2014年2月22日(土)公開
  • 出演(ミンディ・マクレイディ/ヒット・ガール 役)

アメコミ好きの青年と、復讐のために父親から戦闘技術を叩き込まれた少女が、覆面を身につけ、犯罪組織に立ち向かう姿を描き話題を呼んだ、コミカルなヒーロー・アクションの続編。前作同様、アーロン・テイラー=ジョンソンとクロエ・グレース・モレッツが覆面ヒーローに扮し、悪党たちと激しいバトルを繰り広げる。

監督
ジェフ・ワドロウ
出演キャスト
アーロン・テイラー=ジョンソン クリストファー・ミンツ=プラッセ クロエ・グレース・モレッツ ジム・キャリー

関連ニュース

クロエ・グレース・モレッツが寝起きでインタビューに登場!?「スッピンで頭もボサボサ」
クロエ・グレース・モレッツが寝起きでインタビューに登場!?「スッピンで頭もボサボサ」(2014年3月4日)

超等身大ヒーローを描いて世界中でブームを巻き起こしたアクションの続編『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』が公開中だ。本シリーズを圧倒的にパワフルにしてい…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クロエ・グレース・モレッツ