映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・フォード

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1951年 まで合計3映画作品)

1951年

アリゾナの嵐

  • 1951年11月20日公開
  • 監督

チャールズ・ラーソンの書き下ろし脚本をベテランのアラン・ドワンが、リパブリック専門のフィリップ・フォードと共同監督した作品で、撮影はレジー・ラニング、音楽はネイサン・スコットの担当。活劇専門のジョン・キャロル(「拳銃の嵐」)と、歌手出身のアデール・メイラが主演し、外に「駆潜艇K-225」のトーマス・ゴメス、「黄金(1948)」のバートン・マクレーンとアルフォンソ・ベドーヤらが助演する。

監督
アラン・ドワン フィリップ・フォード
出演キャスト
ジョン・キャロル アデール・メイラ トーマス・ゴメス バートン・マクレーン
1926年

青鷲

  • 1926年公開
  • 出演(Limpy 役)

ジェラルド・ボーモン氏の物語をL・G・リグビー氏が脚色し「3悪人」「アイアン・ホース」等に同じくジョン・フォード氏が監督したもので、主役は「3悪人」「海底の銀宝」「愛の投縄」等出演のジョージ・オブライエン氏がジャネット・ゲイナー嬢が相手役を演じ、ウィリアム・ラッセル氏、マーガレット・リヴィングストン嬢、デイヴィッド・バトラー氏、ロバート・エデイソン氏等が助演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ジャネット・ゲイナー ウィリアム・ラッセル ロバート・エディソン
1924年

誉れの警官鬼神退治

  • 1924年公開
  • 出演(Tom_O'Neill 役)

「男が真に怒った時」[支那街の暗影」と同じくケネス・マクドナルド氏主演活劇でサミュエル・M・パイク氏作の物語に基づいてウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督したもの。マクドナルド氏の相手役はヴァイオレット・スクラム嬢が演じ、チャールズ・K・フレンチ氏、ウィリアム・ゴルド氏、モンエ・コリンス氏、エディス・ヨーク嬢等は助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ケネス・マクドナルド ヴァイオレット・スクラム モンテ・コリンズ Eddie O’Rien
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・フォード