TOP > 人物を探す > アンジェイ・ヒラ

年代別 映画作品( 2009年 ~ 2016年 まで合計3映画作品)

2016年

イレブン・ミニッツ

  • 2016年8月20日(土)
  • 出演

イエジー・スコリモフスキが、午後5時からの11分間を舞台に、大都会で暮らす人々の姿と、やがて訪れる運命を描いた群像劇スタイルのサスペンス。起承転結や詳細な心理描写、背景説明などを排除、各々のドラマをモザイク状に配置した斬新な手法が見もの。出演は「ベルファスト71」のリチャード・ドーマー、「カティンの森」のアンジェイ・ヒラ。

監督
イェジー・スコリモフスキー
出演キャスト
リチャード・ドーマー ヴォイチェフ・メツファルドフスキ パウリナ・ハプコ アンジェイ・ヒラ
2013年

故郷よ

  • 2013年2月9日(土)
  • 出演(アレクセイ 役)

チェルノブイリの隣町プリピャチを舞台に、原発事故の悲劇を描く人間ドラマ。立入制限区域で初めて撮影された劇映画。監督は、本作が初の長編劇映画となるミハル・ボガニム。出演は、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ、「カティンの森」のアンジェイ・ヒラ。第68回ヴェネチア国際映画祭批評家週間出品作品。

監督
ミハル・ボガニム
出演キャスト
オルガ・キュリレンコ アンジェイ・ヒラ イリヤ・イオシフォフ セルゲイ・ストレルニコフ
2009年

カティンの森

  • 2009年12月5日(土)
  • 出演(イェジ 役)

巨匠アンジェイ・ワイダが、第2次世界大戦下、ソ連軍によりポーランド軍将校らが虐殺された実在の事件を映画化。戦争に引き裂かれた家族たちそれぞれの思いが痛切に胸に響く。

監督
アンジェイ・ワイダ
出演キャスト
マヤ・オスタシェフスカ アルトゥル・ジミイェフスキ ヴィクトリャ・ゴンシェフスカ マヤ・コモロフスカ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アンジェイ・ヒラ