TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・エディソン

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1930年 まで合計35映画作品)

1930年

狼火

  • 1930年
  • 出演(Mariano_Delfino 役)

「棘の園」「暁の偵察」に次ぐリチャード・バーセルメス主演映画で、レニアー及びヴァージニア・スティーヴ・バートレット合作の小説を「棘の園」「愛の曳綱」と同じくブラッドリー・キングが脚色し、フランク・ロイドが監督した。助演者は「摩天楼の巨人」「その前夜」のメアリー・アスター、「クラック将軍」「特種記事」のマリアン・ニクソン、数年ぶりで映画出演するジェームズ・レニー、「西部の星影(1930)」のフレッド・コーラー、ロバート・エディソン、バーバラ・ベッドフォード、アーサー・ストーン等である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジェームズ・レニー メアリー・アスター マリアン・ニクソン

ビッグ・マネー(1930)

  • 1930年
  • 出演(Mr._McCall 役)

「破誡」出演のエディ・クィランが「ナイト・ワーク」と同じ脚色者、監督者ラッセル・マックの下に出演した映画で、原作及び脚色はマックとウォルター・デレオン、撮影は「思い出」「脱走兵」のジョン・J・メスコールがあたった。助演者として「非常警戒」「脱走兵」のロバート・アームストロング「ハア・マン」のジェームズ・グリースン、「七つの鍵」「フォックス・フォリース」のミリアム・シーガー、「三面記事の女」のマーガレット・リヴィングストンなどのほか「狼火」の・ロバート・エディソン、「巴里選手」のドロシー・クリスティーが顔を出している。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
エディ・クィラン ロバート・アームストロング ジェームズ・グリースン ミリアム・シーガー

哄笑の世界

  • 1930年
  • 出演(General_Garcia 役)

「鉄骨エロ騒動」「巴里よいとこ」と同じくヴィクター・マクラグレンの主演映画で、クレメンツ・リプリーの原作からダドリー・ニコルズとヘンリー・M・ジョンソンが共同で脚色し、台詞を付し、「熱砂果つるところ」「鉄骨エロ騒動」のアーヴィング・カミングスが監督し、「ラグビー時代」「飛び入り婿君」のアーサー・L・トッドが撮影した。主演者を助けて「怪盗アリゾナ異聞」のモナ・アリス、舞台出のハンフリー・ボガート、ルアナ・アルカニス、ミカエル・ヴァヴィッチ、モナ・リコ、等が出演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン モナ・マリス ハンフリー・ボガート ルアナ・アルカニス

空中大曲芸団

  • 1930年
  • 出演(Doctor 役)

「ココナッツ」のジョセフ・サントリー氏がパテ社に招かれて監督に当たった作品で同氏及びジェームズ・シーモア氏合作のストーリーからジェームズ・シーモア氏及びレイ・マッケリー氏が脚色した。主役を演ずるのは「踊るカレッジ」「青空」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ嬢とフレッド・スコット氏で他に「懐しのアリゾナ」のドロシー・バージェス嬢、「結婚行進曲」のジョージ・フォーセット氏、「想夫舞曲」のダフネ・ポラード夫人、「恋のかけひき」のブライアント・ウォッシュバーン氏、ニック・スチュアート氏、サリー・スター嬢、ステピン・フェチット氏、ベン・ターピン氏、ミッキー・ベネット君、ジョン・シーハン氏等が助演、キャメラは「母よ愚なれ」「通り魔」のデイヴィッド・エーベル氏が担任。

監督
ジョセフ・サントリー
出演キャスト
ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ フレッド・スコット ドロシー・バージェス ジョン・シーハン

生命の切札

  • 1930年
  • 出演(Col._Randall 役)

「ホリウッド結婚」と同じく舞台から来たJ・ハロルド・マレイとノーマ・テリスの共演映画である。ブース・ターキントンとハリー・レオン・ウィルソンの合作舞台劇から「都会の女」「脚線価千金」のマリオン・オースが改作脚色し、「鉄骨エロ騒動」「熱沙果つるところ」のアーヴィング・カミングスが監督し、「鉄骨エロ騒動」「想夫舞曲」のウィリアム・オコンネルが撮影した。助演者は「ホリウッド結婚」のダグラス・ギルモア、「空中大曲芸団」のロバート・エディソン、「スコール」のマーナ・ローイ、ジョン・ハイアムス、チャールズ・モートン、ステピン・フェチットその他である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
J・ハロルド・マレイ ノーマ・テリス ダグラス・ギルモア ロバート・エディソン
1929年

恋愛戦線

  • 1929年
  • 出演(The_General 役)

「活動役者」「クォリティ街」と同じくマリオン・デイヴィース嬢の主演映画で、「天使の顔」「歓楽の唇」のロバート・Z・レナード氏がデール・ヴァン・エヴァリー氏執筆のシナリオによって監督したもの。助演者は「夜明け前」「虹晴」のローレンス・グレイ氏、映画初出演のミュージカル・プレイ俳優ジョージ・バクスター氏を始め、クリフ・エドワーズ氏、スコット・コルク氏、ベニー・ルービン氏等である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ジョージ・バクスター ローレンス・グレイ クリフ・エドワーズ

ダイナマイト(1929)

  • 1929年
  • 出演(Three_wise_fools 役)

「キング・オブ・キングス(1927)」「破戒」に次ぐセシル・B・デミル監督映画で例によってジェニー・マクファースンが原作脚色したものである。出演者は「砂漠の生霊」「アンナ・クリスティ」のチャールズ・ビッックフォード、「掠奪者」のケイ・ジョンソン「接吻」「ホリウッド・レビュー」のコンラッド・ネーゲル、「キング・オブ・キングス(1927)」「ヴォルガの船唄」のジュリア・フェイを始め、新進のジョエル・マクリー、ミュリエル・マコーマック、タイラー・ブルック等で、撮影は「破戒」「キング・オブ・キングス(1927)」のペヴァレル・マーレーが担任した。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ケイ・ジョンソン チャールス・ビックフォード ジュリア・フェイ

情熱のメキシコ

  • 1929年
  • 出演(Don_Fernando 役)

キャスリン・フラートン・ジェロールド女史原作の小説から「クリスティナ」「街の天使」のマリオン・オース女史が脚色し「これぞ天国」「熱血拳闘手」のアルフレッド・サンテル氏が監督した映画で「熱沙果つるところ」「遥かなる叫び」のワーナー・バクスター氏が主演し「都会の女」「河(1928)」のメアリー・ダンカン嬢「あこがれ」「気まぐれ女優」のアントニオ・モレノ氏、モナ・マリス嬢、ロバート・エディソン氏その他が助演。キャメラは「薮睨みの世界」「娘乱暴記」のアーサー・エデソン氏担任。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ワーナー・バクスター メアリー・ダンカン アントニオ・モレノ モナ・マリス

医者の秘密

  • 1929年
  • 出演(Dr._Brodie 役)

ジェームズ・M・バリー卿原作の戯曲「半時間」を映画化したオール・トーキーで「父と子」に出演したルース・チャッタトン嬢が主演するものである。助演者は「キング・オブ・キングス(1927)」「ソレルとその子」のH・B・ワーナー氏、「夕陽の峠」に出演している英国から新来したジョン・ローダー氏を始め老巧ロバート・エディソン氏、エセル・ウェールス嬢及び子役のナンシ・プライス嬢等で、かつて「悩める花」「クラレンス」「グラムピー」等の名作をものにしたウィリアム・C・デミル氏が改作脚色監督し、「恋愛行進曲」「忘れられた顔(1928)」のJ・ロイ・ハント氏が撮影した。

監督
出演キャスト
ルース・チャッタートン H・B・ワーナー ジョン・ローダー ロバート・エディソン
1928年

老番人

  • 1928年
  • 出演(Judge_Gresham 役)

「クリスティナ」「大河の奇賊」のウィリアム・K・ハワード氏が監督したもので、「バット」「ウィンダミヤ夫人の扇」のジュリエン・ジョセフソン氏が執筆した原作によりソニア・レヴィーン女史が脚色した。撮影は「クリスティナ」のルシエン・アンドリオ氏が担当した。主役は「キング・オブ・キングス(1927)」「村の医者」のルドルフ・シルドクラウト氏で、「母ぞよく知る」「人生サーカス」のルイズ・ドレッサー嬢、「市俄古」のロバート・エディソン氏、「ウィリー・リバー」のルイ・ナトー氏、「オグレス」の」ミルトン・ホームズ氏等が助演している。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
ルドルフ・シルドクラウト ルイズ・ドレッサー ミルトン・ホームズ Linda Landi
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・エディソン

ムービーウォーカー 上へ戻る