映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャネット・ゲイナー

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1938年 まで合計29映画作品)

1938年

心の青春

  • 1938年
  • 出演(George_Anne_Carleton 役)

「スタア誕生(1937)」「四つの恋愛」のジャネット・ゲイナーと「パリの評判女」「処女読本(1938)」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアが主演するセレズニック作品で、I・A・R・ワイリー作の小説を「暗殺者の家」のチャールズ・ベネットが潤色し、小説家・劇作家のポール・オスボーンが脚本を書き、「第2の女」「七日間の休暇」のリチャード・ウォーレスが監督にあたり、「暗黒街の弾痕」のレオン・シャムロイが撮影した。助演は「モダン・タイムス」のポーレット・ゴダード、「天国漫歩」ノーランド・ヤングおヨビビリー・バーク、映画初出演の舞台俳優リチャード・カールソン、同じく女優のミニー・デュブリー等で、ヘンリー・スチヴンスン、アーヴィン・S・コップ、アイリー・マリヨン等も端役を演じている。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ポーレット・ゴダード ローランド・ヤング
1937年

スタア誕生(1937)

  • 1937年
  • 出演(Esther_Blodgett(Vicki_Lester) 役)

「沙漠の花園」に次いでデイヴィッド・O・セルズニックが制作したテクニカラー映画で、色彩デザインもカメラも「沙漠の花園」同様L・C・ホルデンおよびハワード・グリーンがそれぞれ担当した。主演は「四つの恋愛」「小都会の女」のジャネット・ゲイナーと「復活(1934)」「ダアク・エンゼル(1935)」のフレドリック・マーチで、「オーケストラの少女」「銀盤の女王」のアドルフ・マンジュウ、「妻と女秘書」のメイ・ロブソン、「オペラ・ハット」のライオネル・スタンダー「ビック・ゲーム」のアンディ・ディバイン、新顔のエリザベス・ジェンス等が助演している。監督は「小都会の女」「ロビンフッドの復讐」のウィリアム・A・ウェルマンで、ストーリーはウェルマンがロバート・カースンと共作し、脚本はカースンがドロシー・パーカー、アラン・キャンベルと協力して書いた。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー フレドリック・マーチ アドルフ・マンジュウ メイ・ロブソン
1936年

四つの恋愛

  • 1936年
  • 出演(Martha_Ka_enye 役)

「小都会の女」「運河のそよ風」のジャネット・ゲイナー、「ラモナ(1936)」「愛の花篭」のローレッタ。ヤング、「ムーラン・ルージュ」「ある夜の特ダネ」のコンスタンス・ベネットが主演する映画で、「黒い瞳」「みどりの園」のシモーヌ・シモンが共演する。原作はラディスラウス・ブス・フェケテ作の戯曲で、「結婚設計図」「男子牽制」のエドワード・H・グリフィスが監督に当たり「真夏の夜の夢」のハル・モーアが撮影した。助演は「ラモナ(1936)」のドン・アメチ、「母の素顔」のポール・ルーカス、新人タイロン・パワー・ジュニア、「恋のナポリ」のアラン・モーブレイ、英国から招かれたウイルフレッド・ロウスン、「二国旗の下に」のエドワード・ブロムバーグ、「小公子」のヴァジニア・フィールド等である。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ロレッタ・ヤング コンスタンス・ベネット シモーヌ・シモン

小都会の女

  • 1936年
  • 出演(Kay_Brannan 役)

「運河のそよ風」「彼女の家出」のジャネット・ゲイナーと「愛と光」「歓楽の女王」のロバート・テイラーが主演する映画で、ベン・テイムス・ウィリアムス作の小説に基づいて「妻と女秘書」のジョン・リー・メイン、「影無き男(1934)」のフランセス・グッドリッチおよびアルバート・ハケット、「結婚の夜」のエディス・フィッツジェラルドの4名が協力脚色し、「ロビンフッドの復讐」「野性の叫び(1935)」のウィリアム・A・ウェルマンが監督にあたり、「男子牽制」のオリヴァー・T・マーシュと「小公子」のチャールズ・ロシャーが協力撮影している。助演者は「黄金(1936)」のビニー・バーンズ、「東への道」のアンディ・ディヴァイン、「支那海」のルイス・ストーン、「薔薇はなぜ紅い」のエリザベス・パターソン、「妻と女秘書」のジェームズ・ステュアート、フランク・クレイヴン、イザベル・ジュウェル、その他である。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ロバート・テイラー Pinnie Barnes ルイス・ストーン
1935年

廻り来る春

  • 1935年
  • 出演(Elizabeth 役)

「流れる青空」「陽炎の春」と同じくジャネット・ゲイナーとワーナー・バクスターが主演する映画で、ロバート・ネイザン作の小説に基づいて「流れる青空」のエドウィン・バークが脚色し、「心の緑野」「水曜日の恋」のヘンリー・キングが監督に当たったもの。助演は「麗しのパリ」のウォルター・キング、「ホワイト・パレード」のジェーン・ダーウェル、「殺人ホテル」のローズメリー・エイムス、「麦秋」のジョン・クェーレン、「恋のセレナーデ」のロジャー・イムホフ、「ハリウッドデカメロン」のグラント・ミッチェル、「ホワイト・パレード」のアストリッド・オルウィン、「心の緑野」のステピン・フェチット等で、撮影は「流れる青空」のジョン・サイツの担任。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ワーナー・バクスター ウォルター・キング ジェーン・ダーウェル

運河のそよ風

  • 1935年
  • 出演(Molly_Larkins 役)

「彼女の家出」「ニューヨークの口笛」のジャネット・ゲイナーが「東への道」のヘンリー・フォンダを相手に主演する映画で、「無軌道行進曲」「宝島(1934)」のヴィクター・フレミングが監督に当たった。ウォルター・D・エドモンズの小説に基づいたふらんく・B・エルザーとマーク・コネリー共同脚色の舞台劇から「流れる青空」のエドウィン・バークが脚色した。助演者は「ジャバの東」のチャールズ・ビックフォード、「東への道」のスリム・サマーヴィル、アンディ・デヴァイン及びマーガレット・ハミルトン、「あたいは街の人気者」のジェーン・ウイザーズその他で、「キャラバン」のアーチネスト・パーマー撮影。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ヘンリー・フォンダ チャールス・ビックフォード スリム・サマーヴィル
1934年

紐育の口笛

  • 1934年
  • 出演(Catherine_Furness 役)

「第一年」「デリシャス」と同じくジャネット・ゲイナーとチャールズ・ファーレルが主演する映画で、「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンと「空中レヴュー時代」のジンジャー・ロジャースが共演する。原作はキャスリーン・ノーリス作の小説で、「バワリイ」のジェームズ・グリースンと「あめりか祭」のソニア・レヴィーンが共同脚色し、「裏切る唇」「狂乱の上海」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「あめりか祭」「心の緑野」のハル・モーアが撮影した。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー チャールズ・ファーレル ジェームズ・ダン ジンジャー・ロジャース

心の緑野

  • 1934年
  • 出演(Joanna 役)

「あめりか祭」「流れる青空」のジャネット・ゲイナーが「南風」「夜間飛行」のライオネル・バリモアと共に主演する映画で、ポール・グリーン作の戯曲「コネリー一家」に基き「大帝国行進曲」「私の殺した男」のレジナルド・バークレイが脚色し「水曜日の恋」「あめりか祭」と同じくヘンリー・キングが監督、ハル・モーアが撮影に当った。助演は「今日限りの命」「酔いどれ船」のロバート・ヤング、「新世紀」「フープラ」のリチャード・クロムウェル、「戦争と母性」のヘンリエッタ・クロスマン、モナ・バリー、ステピン・フェチット及びラッセル・シンプソンという顔触である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ライオネル・バリモア ロバート・ヤング リチャード・クロムウェル

彼女の家出

  • 1934年
  • 出演(Hedda_Nilsson 役)

「心の緑野」「流れる青空」と同じくジャネット・ゲイナー主演映画で、「あめりか祭」「水兵万歳」のリュウ・ルー・エイヤースが共演するもの。原作はシグリッド・ボー作の小説で「メリイ・ウイドウ(1934)」「キャラバン」のサムソン・ラファエルソンが脚色し「フープラ」「大帝国行進曲」のフランク・ロイドが監督に当たり「心の緑野」「あめりか祭」のハル・モーアが撮影した。助演者は「模倣の人生」のネッド・スパークス、「流れる青空」のウォルター・コノリー、「恋のページェント」のルイズ・ドレッサー、新人G・P・ハントリー・ジュニア、アストリッド・オルウィン、シグ・ルーマン、ジョン・クェーレンその他である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ルー・エイヤース ネッド・スパークス ウォルター・コノリー
1933年

流れる青空

  • 1933年
  • 出演(Paddy 役)

「陽炎の春」と同じくジャネット・ゲイナーとワーナー・バクスターが顔合わせして主演する映画で、ガートルード・ペイジ作の小説により「ミス・ダイナマイト」のエドウィン・バークが脚色し、欧州から招かれて入社したハリー・ラックマンが監督にあたり、「風雲の国際連盟」「地獄特急」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「アメリカの暴露」「風雲の支那」のウォルター・コノリー、「戦線の嵐」「大帝国行進曲」のマーガレット・リンゼイ、新人ハーヴェイ・スチーヴンス、ジョセフ・M・ケリガン、マール・トッテナム、ロージャー・イムホフ、フィスク・オハラ等である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ワーナー・バクスター ウォルター・コノリー ハーヴェイ・スティーブンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャネット・ゲイナー