映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲイリー・チャン

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2003年 まで合計15映画作品)

2003年

山猫は眠らない2 狙撃手の掟

  • 2003年10月4日(土)
  • 音楽

伝説のスナイパーの活躍を描いたトム・ベレンジャー主演によるアクションの11年ぶりとなる続編。息を殺して狙撃の時を待つ際の緊迫描写に加え、二転三転するストーリーがスリリング!

監督
クレイグ・R・バクスリー
出演キャスト
トム・ベレンジャー ボキーム・ウッドバイン エリカ・マロジャーン タマス・ブスカ
1997年

プレッシャー 壊れた男

  • 1997年11月29日(土)
  • 音楽

小さなイライラやストレスが積み重なって、ふとしたきっかけで激しい狂気を噴出させた男の異常な行動を通して、誰の身近にも起こりうる今日的な恐怖を描いたサスペンス。監督は「アクション・ジャクソン 大都会最前線」「ストーン・コールド」のクレイグ・R・バクスレイ。脚本は、コピーライター出身でこれがデビュー作のベッツィ・ギフン・ナウラステ。製作は「愛の拘束」のクリス・チェザーとアラン・ビーティのコンビ、製作総指揮はバール・ポッター。撮影は「過失」「ネバーエンディング・ストーリー第2章」のデイヴィッド・コネル、音楽は「DNA」のゲイリー・チャン、美術は「アクション・ジャクソン 大都会最前線」「ストーン・コールド」のフィリップ・M・レナード、編集は「NO WAY BACK/逃走遊戯」のソニー・バスキン、衣裳はリンダ・ケンプ、特殊効果コーディネーターはマイケル・カヴァナーが担当。主演は「ザ・チェイス」のチャーリー・シーン。共演は「ジョージア」のメア・ウィニンガム、「アポロ13」のデイヴィッド・アンドリュースほか。

監督
クレイグ・R・バクスリー
出演キャスト
チャーリー・シーン メア・ウィニンガム デイヴィッド・アンドリュース ジョン・ラッツェンバーガー

ダブルチーム

  • 1997年10月18日(土)
  • 音楽

国際的なテロリストと戦う2人の男の活躍を描いたスパイ・アクション。「ハード・ターゲット」でジョン・ウーを、「マキシマム・リスク」でリンゴ・ラムをハリウッドに招いたジャン=クロード・ヴァン・ダムが、今度は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズなどでおなじみの香港映画界の巨匠ツイ・ハークと組んだ。激しい銃撃戦から大量の火薬を使った爆発シーン、そして肉弾戦まで、アクションの見せ場がふんだんに盛り込まれている。製作は「マキシマム・リスク」などでヴァン・ダムのパートナーを務めるモシェ・ディアマント。「フィラデルフィア・エクスペリメント」のドン・ジャコビーの原案を、彼とポール・モーンズが脚色。製作総指揮はジャコビーとデイヴィッド・ロジャース。撮影は「金玉満々/決戦!炎の料理人」に続いてツイ・ハーク作品は3本目のピーター・パウ、音楽は「山猫は眠らない」のゲイリー・チャン、美術は「ザ・クラフト」のマレク・ドブロウォルスキー、編集は「マネートレイン」のビル・パンコウ、衣裳は「レオン」のマガリ・ギダシ。スタント・コーディネーターは「デモリションマン」のチャールズ・ピザーニとレミー・ジュリエンヌ、特殊視覚効果監修は「ザ・クロウ」のブルーノ・ヴァン・ズィーフブローク。共演はNBAのスーパースターで、これが映画初出演のデニス・ロッドマン、「ハード・ブレット」のミッキー・ローク、フランスの新星ナターシャ・リンディンガー、「レイダース/失われた聖柩」のポール・フリーマンほか。

監督
ツイ・ハーク
出演キャスト
ジャン=クロード・ヴァン・ダム デニス・ロッドマン ミッキー・ローク ポール・フリーマン
1996年

野獣教師

  • 1996年7月20日(土)
  • 音楽

荒廃する高校に代理教師として乗り込んだプロの傭兵の活躍を描くアクション快作。監督は「F/X 引き裂かれたトリック」「青春の輝き」のロバート・マンデル。製作は「アパートメントゼロ」のモリー・エイゼンマンと「黒豹のバラード」のジム・スティール、エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・バカラーとデヴォラ・カトラー。脚本はロイ・フランクス、ロッコ・シモネリ、アラン・オームズビーの共同。撮影は「ダーティハリー」「コリーナ、コリーナ」の名手ブルース・サーティーズ。音楽は「D.N.A.」のゲイリー・チャンがスコアを書き、ラップ、ラテン・ミュージックが画面を彩る。美術は「カラーズ 天使が消えた街」のロン・フォアマン、衣裳は「愛は危険な香り」のパトリシア・フィールド。主演は「山猫は眠らない」のトム・ベレンジャー。共演は「F/X」「ヒート」のダイアン・ヴェノーラ、「ゆりかごを揺らす手」のアーニー・ハドソン、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイスほか。

監督
ロバート・マンデル
出演キャスト
トム・ベレンジャー ダイアン・ヴェノーラ アーニー・ハドソン マーク・アンソニー

D.N.A.

  • 1996年10月19日(土)
  • 音楽

遺伝子工学を極めた果てに生まれた、異形の生命体が引き起こす恐怖を描くSFスリラー。原作は、SFの父ことH・G・ウェルズの古典的名作『モロー博士の島』で、「獣人島」(32)、「ドクター・モローの島」(77)に続く3度目の映画化。監督は「イヤー・オブ・ザ・ガン」のジョン・フランケンハイマー。脚本は「ハードウェア」(監督も)のリチャード・スタンリーと、フランケンハイマーのTVムービー2作『ウォール・オブ・アッティカ/史上最大の刑務所暴動』(V)と『バーニング・シーズン』(V)でも組んだロン・ハッチンソンで、ノー・クレジットで「イレイザー」のワロン・グリーンと「フルメタル・ジャケット」のマイケル・ハーがリライトにあたっている。製作は「訣別の街」のエドワード・R・プレスマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはティム・ジンネマンとクレア・ラドニック=ポルスタイン。撮影は「トゥームストーン」のウィリアム・A・フレイカー、音楽は「山猫は眠らない」のゲイリー・チャン、美術はグラハム・ウォーカー、編集はポール・ルベル、衣裳はノーマ・モリソー。作品の最大の見どころである特殊メイクアップ効果は「ターミネーター2」「コンゴ」のスタン・ウィンストン、特殊視覚効果は「アポロ13」のデジタル・ドメイン社、オープニング・タイトルは「セブン」のカイル・クーパーが担当。出演は「地獄の黙示録」「ドンファン」のマーロン・ブランド、「バットマン・フォーエヴァー」のヴァル・キルマー、「太陽と月に背いて」のデイヴィッド・シューリス、「デンバーに死す時」のファイルーザ・バルクほか。

監督
ジョン・フランケンハイマー
出演キャスト
マーロン・ブランド ヴァル・キルマー デイヴィッド・シューリス フェルザ・バルク
1995年

フリーライド

  • 1995年4月15日(土)
  • 音楽

ミッキー・ロークが自身で書いた原作に基づいて、出獄したロデオ・カウボーイと強盗犯である女性の逃亡劇を描いた作品。監督はCFディレクターとして名をあげ、「モブスターズ 青春の群像」で映画デビューを果たしたマイケル・カーベルニコフ。製作はトム・マイケル、エグゼクティブ・プロデューサーにアヴィ・ラーナー、ロン・アルトバッハ、ダニー・ディムボート。脚本をミッキー・ローク自身の書いた30頁の企画書を元に、マリ・コーンハウザーが執筆。撮影は、「オブセッション・盗聴」のジェームズ・L・カーターが、ロケ地のモンタナの風景を生かした画面を作り上げた。音楽をゲイリー・チャン、編集は「モブスターズ 青春の群像」も担当したジョー・ダゴスティーノ。美術はJ・K・ラインハート。衣装は「ゴッドファーザーPARTIII」のジャクリーヌ・ドゥ・ラ・フォンテーン。またこの作品で重要な場面を占めているロデオシーンのために、全米ロデオ・チャンピオンの経歴をもつ、ラリー・マーハンがテクニカル・アドバイザーとして参加した。出演は「ラスト・アウトロー」以後2年ぶりの出演作となるミッキー・ローク、「ショート・カッツ」のロリ・シンガー、「ザ・プレイヤー」のブライオン・ジェームズのほか、アーロン・ネヴィルやチャーリー・セクストンらミュージシャンも顔をみせている。

監督
マイケル・カーベルニコフ
出演キャスト
ミッキー・ローク ロリ・シンガー ブライオン・ジェームズ ロドニー・A・グラント
1994年

シュリンジ

  • 1994年10月22日(土)
  • 音楽

特殊な液体を注射され、狼男へと変貌を遂げた刑事の苦悩と戦いを描く、異色のホラー・アクション。従来の狼男映画にない斬新な解釈や発想と、スタイリッシュなアクション演出が特徴。監督は「ワックス・ワーク」「サンダウン」のアンソニー・ヒコックス。脚本は「ビルとテッドの大冒険」「同・地獄旅行」のリチャード・クリスチャン・マシスン(エグゼクティヴ・プロデューサー補も兼任)と、マイケル・リーヴスの共同。製作はピーター・エイブラムスとロバート・レヴィー。撮影は「山猫は眠らない」のサンディ・シセル、音楽も同作のゲイリー・チャン。特殊メイクは「ダークマン」のトニー・ガードナーが担当。出演は「ガンメン」「黒豹のバラード」のマリオ・ヴァン・ピーブルズ、「ブロンドの標的」のパッツィ・ケンジット、「ネクロノミカン」のブルース・ペイン、「ハーヴェスト」のアンソニー・ジョン・デニソンら。

監督
アンソニー・ヒコックス
出演キャスト
マリオ・ヴァン・ピーブルズ ブルース・ペイン ショーン・ヤング パッツィ・ケンジット
1993年

山猫は眠らない

  • 1993年5月1日(土)
  • 音楽

南米パナマのジャングルを舞台に、米政府上層部の極秘指令を受けて隠密作戦を展開する2人の狙撃手の姿を描く戦争アクション。撮影の大部分はオーストラリアのクィーンズランド北部のジャングルで行われた。監督はペルー出身で「大統領暗殺指令」のルイス・ロッサ。製作はロバート・L・ローゼン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「トイズ」のマーク・ジョンソン。脚本はマイケル・フロスト・ベックナーとクラッシュ・レイランド。撮影は「カッコーの巣の上で」のビル・バトラー。音楽はゲイリー・チャンが担当。主演は「7月4日に生まれて」のトム・ベレンジャー、「メンフィス・ベル」のビリー・ゼイン。

監督
ルイス・ロッサ
出演キャスト
トム・ベレンジャー ビリー・ゼイン J・T・ウォルシュ エイデン・ヤング

沈黙の戦艦

  • 1993年5月15日(土)
  • 音楽

テロリスト集団に占拠された戦艦を奪回するため、孤軍奮闘する男の姿を描く海洋サスペンスアクション。アラバマ州モービル湾に停泊し、現在は船の博物館となっているUSAアラバマ号を改造して撮影された。監督は「刑事ニコ 法の死角」のアンドリュー・デイヴィス。製作は「マンボ・キングス わが心のマリア」のアーノン・ミルチャン。エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・ゴールドスタインと脚本を兼ねる「ミストレス」のJ・F・ロートン。撮影は「刑事ジョー ママにお手上げ」のフランク・ティディー。音楽はゲイリー・チャンが担当。主演は「アウト・フォー・ジャスティス」のスティーヴン・セガール。ほかに「JFK」のトミー・リー・ジョーンズ、「ハートブルー」のゲイリー・ビジーらが共演。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
スティーヴン・セガール トミー・リー・ジョーンズ ゲイリー・ビジー エリカ・エレニアック
1990年

マイアミ・ブルース

  • 1990年7月21日(土)
  • 音楽

マイアミを舞台に、刑務所帰りの若い男の悪事とささやかな愛の生き様を描く犯罪アクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはエドワード・サクソンと出演も兼ねるフレッド・ウォード、製作はジョナサン・デミィとゲイリー・ゴーツマン、監督・脚本は“Hot Road”のジョージ・アーミテージ、原作はチャールズ・ウィルフォード、撮影はタク・フジモト、音楽はゲーリー・チャンが担当。出演はほかに、アレック・ボールドウィンほか。

監督
ジョージ・アーミテージ
出演キャスト
アレック・ボールドウィン フレッド・ウォード ジェニファー・ジェイソン・リー オッバ・ババタンデ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲイリー・チャン