映画-Movie Walker > 人物を探す > ピエール・スペングラー

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2016年 まで合計14映画作品)

2016年

ハリウッドがひれ伏した銀行マン

  • 2016年7月16日(土)公開
  • 出演

20世紀後半のハリウッドに変革をもたらした銀行員フランズ・アフマンの真実に迫るドキュメンタリー。ロッテルダムの銀行員だったアフマンは、大プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスと知り合い、プリセールスという製作資金調達方法を編み出す。本編にはケヴィン・コスナー、ミッキー・ローク、オリヴァー・ストーン、ポール・バーホーヴェンら錚々たる顔ぶれが証言者として登場。メガホンを取ったのは、フランズ・アフマンの娘ローゼマイン・アフマン。死期の迫ったアフマンが、娘のカメラに向かって思い出を語る姿も収められている。

監督
ローゼマイン・アフマン
出演キャスト
フランズ・アフマン アンニャ・アフマン スティーブ・ブルーム ケヴィン・コスナー
2008年

リボルバー

  • 2008年6月7日(土)公開
  • 共同製作

「スナッチ」などのガイ・リッチー監督によるクライム・ムービー。自分をワナにハメたカジノ王へ復讐を誓うスゴ腕ギャンブラーに、予期せぬ運命が待ち受ける。

監督
ガイ・リッチー
出演キャスト
ジェイソン・ステイサム レイ・リオッタ ヴィンセント・パストーレ アンドレ・ベンジャミン
2007年

沈黙のステルス

  • 2007年10月27日(土)公開
  • 製作

スティーブン・セガールが米軍戦闘機の奪還に挑むバトル・アクション。格闘技、銃火器の達人に加え、名パイロット役のセガールがド迫力のドッグ・ファイトを展開!

監督
ミヒャエル・ケウシュ
出演キャスト
スティーヴン・セガール スティーブ・トゥーサン アンガス・マッキネス マーク・ベーズリー

沈黙の奪還

  • 2007年1月13日(土)公開
  • 製作

スティーブン・セガールの“沈黙”シリーズ。気功術の使い手でもある元CIA工作員が、ルーマニアで何者かに誘拐された愛娘を救おうと一大バトルを繰り広げる!

監督
ミヒャエル・ケウシュ
出演キャスト
スティーヴン・セガール エヴァ・ポープ スカイ・ベネット イメルダ・スタウントン
2006年

7セカンズ

  • 2006年10月14日(土)公開
  • 製作

「ブレイド」シリーズのウェズリー・スナイプス主演の犯罪アクション。ゴッホの絵画を巡り、盗みのプロがロシアン・マフィアを相手に頭脳と肉体を駆使した争奪戦を繰り広げる。

監督
サイモン・フェローズ
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス デオビア・オパレイ タムジン・アウスウェイト ピート・リー=ウィルソン

デトネーター

  • 2006年9月30日(土)公開
  • 製作

ウェズリー・スナイプス主演のスパイ・アクション。奪われたロシア人女性を助けるため、スナイプス演じる諜報員が核密輸を企む巨大組織に、ひとりで立ち向かう姿を描く。

監督
レオン・ポーチ
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス シルヴィア・コロカ ウィリアム・ホープ マイケル・ブランドン

ザ・マークスマン

  • 2006年9月16日(土)公開
  • 製作

「ブレイド」のウェズリー・スナイプス主演の軍事アクション。原発を占拠したチェチェン反乱軍と米特殊工作員の激闘が、ド派手な銃撃&爆破シーンたっぷりに展開!

監督
マーカス・アダムス
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス エマ・サムズ ウィリアム・ホープ アンソニー・ウォーレン
2004年

エヴァンジェリスタ

  • 2004年12月25日(土)公開
  • 製作

悪魔へと身を落とした堕天使“ルシフェル”の再生をめぐる恐怖を描くサスペンス・ホラー。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラム役として一躍有名になったアンディ・サーキスが、悪魔の誕生を阻止しようとする神父を演じる。

監督
サイモン・フェローズ
出演キャスト
ヘザー・グラハム ジェームズ・ピュアフォイ アンディ・サーキス デイヴィッド・ヘミングス
1996年

アンダーグラウンド

  • 1996年4月20日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ問題など、旧ユーゴスラヴィアの混乱の戦後50年の歴史を綴る映像絵巻。監督は「パパは出張中!」「ジプシーのとき」「アリゾナ・ドリーム」のエミール・クストリッツァ。エグゼクティヴ・プロデューサーはピエール・スペングラー。旧ユーゴ出身の劇作家デュシャン・コバチェヴィチの戯曲を基に、彼とクストリッツァが脚本を執筆。撮影のヴィルコ・フィラチ、音楽のゴラン・ブレゴヴィチ、「デリカテッセン」を手がけた美術のミリェン・クチャコヴィチ“クレカ”は、「ジプシーのとき」以来の常連スタッフ。中でも音楽は、民族音楽をアレンジしたサウンドが印象的で、また第二次大戦中のドイツで圧倒的な人気を集め、連合軍側でもヒットした『リリー・マルレーン』が挿入曲として使われて実に皮肉な効果を出している。出演は、ピーター・ブルックの劇団などで活躍する国際的な名優で、「マハーバーラタ」映画版(NHK教育テレビで放映、LD発売)にも出演した「パパは出張中!」のミキ・マノイロヴィチをはじめ、旧ユーゴ映画・演劇を代表する俳優たち。95年カンヌ国際映画祭で賛否両論を集め、やはり旧ユーゴ問題を背景にしたテオ・アンゲロプロスの「ユリシーズの瞳」を抑えてグランプリ(パルム・ドール)を受賞。96年度キネマ旬報外国映画ベストテン第3位。

監督
エミール・クストリッツァ
出演キャスト
ミキ・マイノロヴィチ ラザル・リストフスキー ミリャナ・ヤコヴィチ スラヴコ・スティマッチ
1985年

サンタクロース

  • 1985年12月7日(土)公開
  • 製作

クリスマス・イヴになるとやって来ると言われる伝説の人物サンタクロースが悪人の手から世界の子供たちを守る姿を描く。製作はイリヤ・サルキンドとピエール・スペングラー、監督は「スーパーガール」のジャノー・シュワーク。デイヴィッド&レスリー・ニューマンの原作を基にデイヴィッドが脚色。撮影はアーサー・イベットソン、音楽はヘンリー・マンシーニが担当。出演はダドリー・ムーアほか。

監督
ジャノー・シュワーク
出演キャスト
ダドリー・ムーア ジョン・リスゴー デイヴィッド・ハドルストン Santa Claus
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ピエール・スペングラー