映画-Movie Walker > 人物を探す > クローデット・コルベール

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1961年 まで合計45映画作品)

1947年

卵と私

  • 1947年公開
  • 出演(Betty 役)

「淑女と拳骨」と同じくクローデット・コルベールとフレッド・マクマレイが主演する映画で、ベテイ・マクドナルドのベスト・セラーの映画化である。監督には映画に初めての舞台劇演出家チェスター・アースキンが当り、脚色もアースキンが彼と共同製作者であるフレッド・F・フィンクルホフと協力した。撮影は「ミネソタの娘」のミルトン・クラスナーが指揮した。助演は「キャグニーの新聞記者」のマージョリー・メイン、新顔のルイズ・オルブリットン「ステート・フェア(1945)」のパーシー・キルブライト、「赤い家」のリチャード・ロング、ビリー・ハウス、ファジー・ナイト等である。

監督
チェスター・アースキン
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ マージョリー・メイン ルイズ・オルブリットン

ブーム・タウン

  • 1947年11月公開
  • 出演(Betsy_Bartlett 役)

「妻と女秘書」「或る夜の出来事」のクラーク・ゲーブル、「少年の町」「人間エジソン」のスペンサー・トレイシー、「淑女と拳骨」「追憶(1941)」のクローデット・コルベール、「美人劇場」のヘディー・ラマーが主演する映画で、ジェームズ・エドワード・グラント作の雑誌小説をジョン・メインが脚色し、「嵐の三色旗」のジャック・コンウェイが監督に当たり「人間エジソン」のハロルド・ロッソンが撮影した。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
クラーク・ゲーブル スペンサー・トレイシー クローデット・コルベール ヘディ・ラマー
1946年

離愁(1946)

  • 1946年公開
  • 出演(Elizabeth_Hamilton 役)

「凱旋門」のデイヴィッド・ルイスが製作にあたり、「月世界征服(1950)」アーヴィング・ピチェルが監督した女性メロドラマ1946年作品。グウェン・プリストウの原作小説を、「突然の恐怖」のレノア・コフィーが脚色、撮影はジョゼフ・A・ヴァレンタインが、音楽は「フェザー河の襲撃」のマックス・スタイナーが担当。主演は「マレー・ゲリラ戦」のクローデット・コルベール、「第3の男」のオースン・ウェルズ、「らせん階段(1946)」のジョージ・ブレントで、ルシル・ワトスン、リチャード・ロング、ナタリー・ウッド、ジョン・ウェングラフらが助演する。

監督
アーヴィング・ピチェル
出演キャスト
クローデット・コルベール オーソン・ウェルズ ジョージ・ブレント ルシル・ワトソン

追憶(1941)

  • 1946年8月公開
  • 出演(Nora_Trinnell 役)

「乗合馬車」「ホワイト・シスター(1923)」の昔から我国にお馴染みで最近も「バアナデッドの唄」「ステイト・フェア」等でさかんな活躍ぶりを示しているヘンリー・キングの監督になる情味豊かな作品。「淑女と拳骨」のクローデット・コルベールが主演し、「銀嶺セレナーデ」等に出演しているラジオ界出身のジョンペインが、相手役を演じ、「嘆きの白薔薇」でコロンビア社に借りられた二十世紀フォックス社の新人で舞台出身のジョン・シェパードが助演する。撮影は、「熱砂の舞」「目覚め」等の古豪ジョオジ・バアンズである。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
クローデット・コルベール ジョン・ペイン ジョン・シェパード Ann E. Todd

淑女と拳骨

  • 1946年6月13日公開
  • 出演(Katherine_Grant 役)

ロバート・リースとフレデリック・I・リナルドの原作をウォーナー・ブラザアス社で活躍していた脚本家ウォーレン・ダフが潤色し、「恋の手ほどき(1933)」「輝ける百合」等のクロード・ビニヨンが脚色した喜劇。監督はパラマウント専属で「絢爛たる殺人」「春を手さぐる」その他を製作したミッチェル・ライゼン。「或る夜の出来事」「模倣の人生」「追憶(1941)」等に出演のクローデット・コルベールと「テキサス決死隊(1936)」「姫君海を渡る」等のフレッド・マクマレイが共演するが、この2人は「輝ける百合」以来数回顔を合わせている。助演者は、舞台、映画、ラジオで人気があり、作家としても知られている。「いざ航海者」(輸入予定)等に出演の一種の名物女優イルカ・チェイス、ロンドンの舞台出身のリチャード・ヘイドン、ユーヨークの舞台から来たパウル・マクグラス、ジプシイ・ロオズ・リイの妹でナイト・クラブの芸人だったジュウン・ハヴォック等である。撮影はパラマウントの逸材で「戦場よさらば」「真珠の首飾」等を担当したチャアルス・ラング。ミッチル・ライゼン・プロダクション1943年度作品。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ イルカ・チェイス リチャード・ヘイドン
1940年

囁きの木蔭(1940)

  • 1940年公開
  • 出演(Augusta_Nash 役)

「武器よさらば」等のライターであり現在製作者になっているベンジャミン・グレイザーが、ジョン・S・トルディと共作した原作を、「熱砂の秘密」の、ビリー・ワイルダーとチャールズ・ブラケットが脚色、「情炎の海」のミッチェル・ライゼンが監督した1940年度作品で製作は「ガス燈」のアアサア・ホンブロウ・ジュニア、撮影は「欲望の砂漠」のチャールズ・ラング、音楽はヴィクター・ヤングが担当する。「ひばり」のコンビ、クローデット・コルベールとレイ・ミランドを中心に、デニス・オキーフ、ウォルター・エイベルらが共演。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
クローデット・コルベール レイ・ミランド デニス・オキーフ ウォルター・エイベル
1939年

舞姫ザザ(1939)

  • 1939年公開
  • 出演(Zaza 役)

「青髭8人目の妻」「パリで逢った彼」のクローデット・コルベールが主演する映画で、「アヴェ・マリア」「処女散歩」のハーバート・マーシャルと「ジョゼット」のバート・ラーが相手役を勤める。ピエール・ベルトンとシャルル・シモン合作の舞台劇に基づいて「椿姫(1937)」「勝利の朝」のゾエ・エイキンスが脚色し、「椿姫」「素晴らしき休日」のジョージ・キューカーが監督にあたり、「北海の子」「真人間」のチャールズ・ラングが撮影したもの。助演者は「農園の寵児」「世紀の楽園」のヘレン・ウェストリー、「ステージ・ドア」のコンスタンス・コリア、「化石の森」のジェネヴィーヴ・トビン、「赤ちゃん教育」のウォルター・キャトレエット、アン・トッド、アーネスト・コサート等である。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
クローデット・コルベール ハーバート・マーシャル バート・ラー ヘレン・ウェストリー
1938年

青髭八人目の妻

  • 1938年公開
  • 出演(Nicole_De_Loiselle 役)

「パリで逢った彼」「二国旗の下」のクローデット・コルベールと「マルコ・ポーロの冒険」「平原児」のゲイリー・クーパーなどが主演する映画で、「生活の設計」「メリイ・ウイドウ(1934)」のエルンスト・ルビッチが監督・製作したもの。アルフレッド・サヴォア作の喜劇をチャールトン・アンドルウスが英訳した翻案戯曲により、「ジャングルの女王」「女罠」のチャールズ・ブラケットと「シャムパン・ワルツ」「空飛ぶ音楽」のビリー・ワイルダーが協力して脚本を書いている。助演者は「メリイ・ウイドウ(1934)」「生活の設計」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「孔雀夫人(1936)」のデイヴィッド・ニーヴン、「たくましき男」のエリザベス・パターソン、「シャムパン・ワルツ」のハーマン・ビングその他で、撮影 は「巴里で逢った彼」のレオ・トーヴァーの担任である。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
クローデット・コルベール ゲイリー・クーパー エドワード・エヴァレット・ホートン デイヴィッド・ニーヴン
1937年

セイルムの娘

  • 1937年公開
  • 出演(Barbara 役)

「二国旗の下に」「花嫁の感情」のクローデット・コルベールと「テキサス決死隊(1936)」「丘の一本松」のフレッド・マクマレイが主演する映画で、「二国旗の下に」「カヴァルケード」のフランク・ロイドのパラマウントに於ける第1回監督作品である。原作は「コブラ・タンゴ」の脚色者ブラッドリー・キングが書き卸し、キング女史が自らウォルター・フェリス及びダーウォード・グリンステッドと協力脚色した。助演者は「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード、「僕の脱走記」のハーヴェイ・スティーブンス、「恋のページェンシー」のルイズ・ドレッサー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス及びベニー・バートレット、「この三人」のボニタ・グランヴィル、「丘の一本松」のビューラー・ボンティ、ヴァージニア・ワイドラー、ドナルド・ミーク、その他である。カメラは「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーの担当である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ ハーヴェイ・スティーブンス ゲイル・ソンダーガード

巴里で逢った男

  • 1937年公開
  • 出演(Kay_Denham 役)

「セイルムの娘」に次ぐクローデット・コルベール主演映画で、ヘレン・マイナルディの原作に基づいて、「花嫁の感情」「輝ける百合」と同じく脚色クロード・ビニヨン監督ウェズリー・ラッグルズのスタッフで制作された。相手役は「社長は奥様がお好き」のメルヴィン・ダグラスと「花嫁の感情」のロバート・ヤングが勤め、「ガルシアの伝令」のモナ・バリー、「黒猫」のジョージ・デイヴィス、新顔のリー・ボウマン、アレクサンダー・クロス等で、キャメラは「セイルムの娘」「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーが担当している。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
クローデット・コルベール メルヴィン・ダグラス ロバート・ヤング モナ・バリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クローデット・コルベール