映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・レスター

年代別 映画作品( 1964年 ~ 1991年 まで合計15映画作品)

1991年

ゲット・バック(1991)

  • 1991年11月9日(土)公開
  • 監督

元ビートルズのスーパーロックシンガー、ポール・マッカートニーがおよそ10年ぶりに行ったワールド・ライブ・ツアーの模様を収めたドキュメンタリー・フィルム。監督は「ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!」と「HELP! 四人はアイドル」の2本の作品で、ビートルズ伝説をスクリーンに定着させたリチャード・レスター。89年9月26日のオスロからスタートした「ゲット・バック・ツアー」は、四大陸13カ国で計102回のステージに及び、284万人を動員する大成功をおさめた。この記録フィルムは、ひとつのコンサートを収録したものではなく、いくつかの会場での演奏、観客の反応が巧みにミックスされて編集されている。映画の構成は大きく分けて3つの要素から成っており、すなわち、ワールド・ツアーでのポールと彼のバンドのステージ・パフォーマンスと、第2に観客たちの記録、そして第3にビートルズ結成から現在までに起きた歴史の記録としての静止画像、ニュース・フィルム、写真などのビジュアルの3つである。そこにはもちろん、ビートルズ時代のジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの懐かしい顔も見える。映画に記録された楽曲は全部で23曲。「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」「エリナー・リグビー」「バック・イン・ザ・USSR」「キャント・バイ・ミー・ラヴ」「ヘイ・ジュード」「イエスタデイ」、そしてツアータイトル曲の「ゲット・バック」などビートルズ時代の名曲の数々に加え、「死ぬのは奴らだ」などビートルズ解散後のポール・マッカートニー&ウイングスとしての曲など、ツアーで演奏された楽曲の中から厳選された名曲ばかりがふんだんに盛り込まれている。中でも、「ジョン、ジョージ、リンゴに捧げます」と言って始まる「フール・オン・ザ・ヒル」は実に感動的。この手の作品の多くに含まれる楽屋の風景が皆無なのもその特色のひとつとなっている。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
ポール・マッカートニー リンダ・マッカートニー Hamish Stuart Robbie McIntosh
1983年

スーパーマン3 電子の要塞

  • 1983年7月16日(土)公開
  • 監督

全知全能のデータをプログラミングされた世界最大のコンピューターを相手に戦うスーパーマンの活躍を描くシリーズ第三作目。エグゼキュティヴ・プロデューサーはイリヤ・サルキンド、製作はピエール・スペングラー。監督は前作同様リチャード・レスター、脚本はデイヴィッド&レスリー・ニューマン、撮影はロバート・ペインター、音楽はケン・ソーン。特殊効果監修はコリン・チルヴァース、特殊オプティカル監修はロイ・フィールドが手掛けている。出演はクリストファー・リーヴ、マーゴット・キダー、ジャッキー・クーパー、マーク・マクルーアのレギュラー・メンバー(ただし、キダーは顔を出す程度の出演)の他にリチャード・プライヤー、アネット・オトゥール、ロバート・ヴォーン、アニー・ロスなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
クリストファー・リーヴ リチャード・プライヤー マーゴット・キッダー ジャッキー・クーパー
1981年

スーパーマン2 冒険篇

  • 1981年6月27日(土)公開
  • 監督

私欲のためにミサイルを使って世界征服を企んだ悪の天才レックス・ルーサーを相手に大活躍を見せた「スーパーマン」(78)の続篇で、今回は、クリプトン星爆破直前に追放された極悪犯罪者3人と闘うスーパーマンの活躍と、ロイス・レーンとの恋を描く。製作総指揮はイリヤ・サルキンド、製作はピエール・スペングラー、監督は「さらばキューバ」のリチャード・レスター。マリオ・プーゾの原作を基にプーゾとデイヴィッド&レスリー・ニューマンが脚色。撮影はジョフリー・アンスワース、音楽はケン・ソーン、編集はジョン・ビクター・スミス、製作デザインはジョン・バリー、ピーター・マートン、特殊効果はロイ・フィールド、ミニチュア効果監督はデレク・メディングスが各々担当。出演はジーン・ハックマン、クリストファー・リーブ、ネッド・ビーティ、ジャッキー・クーパー、サラ・ダグラス、マーゴット・キダー、ジャック・オハローラン、バレリー・ペリン、スザンナ・ヨーク、クリフトン・ジェームズ、E・G・マーシャル、マーク・マクルーア、テレンス・スタンプなど。元々は第1作目と同時にリチャード・ドナーによる製作が進められていたが、トラブルによりドナーが途中降板している。2006年には再編集によるリチャード・ドナー・カット版(116分)が製作された。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
ジーン・ハックマン クリストファー・リーヴ ネッド・ビーティ ジャッキー・クーパー
1980年

さらばキューバ

  • 1980年6月28日(土)公開
  • 監督

バチスタ独裁政権が崩壊に向かい、カストロを中心とした反乱軍が抬頭してゆく'58年の動乱のキューバを舞台に、雇われ軍人として英国からやってきた男の愛と憎悪を描く。製作総指揮はデニス・オデール、製作はアーリン・セラーズとアレックス・ウィンツキー、監督はリチャード・レスター、脚本はチャールズ・ウッド、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はパトリック・ウィリアムズ、編集はジョン・ビクター・スミス、製作デザインはギル・パロンド、美術はデニス・ゴードン、衣裳はシャーリー・ラッセルが各々担当。出演はショーン・コネリー、ブルック・アダムス、ジャック・ウェストン、ヘクター・エリゾンド、デンホルム・エリオット、マーティン・バルサム、クリス・サランドン、ダニー・デ・ラ・パッツなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
ショーン・コネリー ブルック・アダムス ジャック・ウェストン ヘクター・エリゾンド
1979年

新・明日に向って撃て!

  • 1979年9月22日(土)公開
  • 監督

無法の世界に生きる男同士の深い友情で結ばれたブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの若き日を描く。製作はガブリエル・カッカとスティーブン・バック、監督は「ロビンとマリアン」のリチャード・レスター。ウィリアム・ゴールドマンが「明日に向って撃て!」で創作した登場人物を基にアラン・バーンズが脚色。撮影はラズロ・コバックス、音楽はパトリック・ウィリアムズ、編集はジョージ・トリロゴフ、製作デザインはブライアン・イートウェルが各々担当。出演はウィリアム・カット、トム・ベレンジャー、ジェフ・コーリー、ジョン・シャック、ピーター・ウェラー、ブライアン・デネヒー、クリス・ロイド、ジル・アイケンベリー、アーサー・ヒル、ジョエル・フルーレン、レジナ・バフ、ピーター・プロッゴなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
ウィリアム・カット トム・ベレンジャー ジェフ・コーリー ジョン・シャック
1978年

ローヤル・フラッシュ

  • 1978年1月10日(火)公開
  • 監督

不真面目将校のずっこけ冒険ぶりを描いたコメディ。製作はデニス・オディールとデイヴィッド・V・ピッカー、監督は「四銃士」のリチャード・レスター、脚本は原作者のジョージ・マクドナルド・フレーザー、撮影はジェフリー・アンスワース、音楽はケン・ソープが各々担当。出演はマルコム・マクドウェル、オリヴァー・リード、フロリンダ・ボルカン、アラン・ベイツ、ブリット・エクランドなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
マルコム・マクダウェル アラン・ベイツ フロリンダ・ボルカン ブリット・エクランド
1976年

ロビンとマリアン

  • 1976年8月14日(土)公開
  • 監督

悪徳代官に立ち向かうロビン・フッドの恋と戦いを描く。製作総指揮はリチャード・シェファード、製作はデニス・オディール、監督は「四銃士」のリチャード・レスター、脚本はジェームズ・ゴールドマン、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はジョン・バリー、編集はジョン・ヴィクター・スミス、衣裳デザインはイボンヌ・ブレイクが各々担当。出演はオードリー・ヘップバーン、ショーン・コネリー、ロバート・ショウ、ニコル・ウィリアムソン、ロニー・バーカー、デンホルム・エリオット、イアン・ホルムなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
ショーン・コネリー オードリー・ヘップバーン ロバート・ショウ リチャード・ハリス

四銃士

  • 1976年1月7日(水)公開
  • 監督

フランス国王ルイ十三世治下のパリとイギリスを舞台に、四銃士の活躍を描く。アレクサンドル・デュマ原作の「三銃士」と同時製作されたその続篇。製作総指揮はイリヤ・サルキンド、製作はアレクサンドル・サルキンド、監督は前作同様リチャード・レスター、脚本はジョージ・マクドナルド・フレーザー、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はラロ・シフリン、衣裳デザインはイボンヌ・ブレイク、編集はジョン・ヴィクター・スミスが各々担当。出演はオリヴァー・リード、ラクウェル・ウェルチ、リチャード・チェンバレン、マイケル・ヨーク、フランク・フィンレイ、クリストファー・リー、ジェラルディン・チャップリン、ジャン・ピエール・カッセル、サイモン・ウォード、フェイ・ダナウェイ、チャールトン・ヘストンなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
オリヴァー・リード ラクウェル・ウェルチ リチャード・チェンバレン マイケル・ヨーク
1975年

ジャガーノート

  • 1975年3月21日(金)公開
  • 監督

荒れ狂う北大西洋を進む豪華客船にメガトン級の爆弾が何者かによって仕掛けられたことから起こるサスペンス。製作総指揮はデイヴィッド・V・ピッカー、製作・脚本はリチャード・デコッカー、監督は「三銃士(1974)」のリチャード・レスター、撮影はジェリー・フィッシャー、音楽はケン・ソーン、編集はトニー・ギブスが各々担当。出演はリチャード・ハリス、オマー・シャリフ、デイヴィッド・ヘミングス、アンソニー・ホプキンス、シャーリー・ナイト、イアン・ホルム、クリフトン・ジェームズ、ロイ・キニア、フレディ・ジョーンズなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
リチャード・ハリス オマー・シャリフ デイヴィッド・ヘミングス アンソニー・ホプキンス
1974年

三銃士(1974)

  • 1974年4月27日(土)公開
  • 監督

フランス国王ルイ十三世治下のパリとイギリスを舞台に、ダルタニアンと三銃士が奸智にたけた枢機卿の陰謀を粉砕するまでの冒険を描いたアレクサンドル・デュマの同名小説の映画化。製作総指揮はイリヤ・サルキンド、製作はアレクサンドル・サルキンド、監督は「華やかな情事」のリチャード・レスター、脚本はイギリスの作家ジョージ・マクドナルド・フレーザー、撮影はデビッド・ワトキンズ、音楽はミシェル・ルグラン、編集はジョン・ヴィクター・スミス、衣裳デザインはイボンヌ・ブレイクが各々担当。出演はオリヴァー・リード・ラクウェル・ウェルチ、リチャード・チェンバレン、マイケル・ヨーク、フランク・フィンレイ、クリストファー・リー、ジャン・ピエール・カッセル、ジェラルディン・チャップリン、チャールトン・ヘストン、サイモン・ウォード、フェイ・ダナウェイなど。デラックスカラー、70ミリ。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
オリヴァー・リード ラクウェル・ウェルチ リチャード・チェンバレン マイケル・ヨーク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・レスター