TOP > 映画監督・俳優を探す > アル・E・クリスティー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1930年 まで合計3映画作品)

1930年

のんきな叔母さん

  • 1930年
  • 監督

「女は真っ平(1931)」「陽気な中尉さん」のチャールズ・ラグルズが主演する映画で、かつて映画化されたことのあるブランドン・トーマス原作の小説及び舞台喜劇に基づいて、F・マッグルー・ウィリスが脚色して台詞を書き、クリスティー・フィルム社社長で喜劇映画界一方の覇者たるアル・E・クリスティーが監督、製作した。助演者は「おしゃれ牧場」「連隊の花形」のジューン・コリアー、「海行かば(1930)」のドリス・ロイド、「雷親爺」のハリウェル・ホップス、ヒュー・ウィリアムスらで、カメラはガス・ピーターソン担任。

監督
アル・E・クリスティー
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ ジューン・コリアー ヒュー・ウィリアムズ ドリス・ロイド
1921年

弁護士に逢へ

  • 1921年
  • 監督

マックス・マーシン原作の喜劇でクリスティー会社の社長アル・E・クリスティーが自ら監督したもの。グレイス・ダーモンド、ロイ・バーンズなどというおなじみが大活躍をする。

監督
アル・E・クリスティー
出演キャスト
T・ロイ・バーンズ グレイス・ダーモンド ロイド・ウィトロック ジーン・アッカー
1920年

さよならレティー

  • 1920年
  • 監督

クリスティー喜劇会社の社長アル・E・クリスティー氏が自ら監督の下に撮影した喜劇で、原作はオリヴァー・モロスコ氏の提供した舞台の喜歌劇である。劇中クリスチー専属の水泳着美人がフンダンに出てきて、安価な感激を観客に与えるという。主役はグレイス・ダーモンド嬢とコリーン・ムーア嬢の2美人と、喜劇俳優として有名なロイ・バーンズ君及びウォルター・ハイアース君の4人である。

監督
アル・E・クリスティー
出演キャスト
T・ロイ・バーンズ コリーン・ムーア グレイス・ダーモンド ウォルター・ハイアース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > アル・E・クリスティー

ムービーウォーカー 上へ戻る