映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・P・ホーガン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1938年 まで合計17映画作品)

1938年

テキサス人

  • 1938年当年公開
  • 監督

「幸福は空から」「結婚の贈物」のジョーン・ベネットと「たくましき男」「浮気名女優」のランドルフ・スコットが主演する映画で、エマーソン・ホウの原作に基づいて「干潮」のバートラム・ミルハウザーが監督者のポール・H・スローン及び「黒の秘密」のウィリアム・W・ヘインズと協力し、「干潮」「夜霧の回答」のジェームズ・P・ホーガンが監督にあたり、「新天地」「たくましき男」のシオドア・スパークールが撮影した。助演は「躍り込み花嫁」のメイ・ロブソン、「膝にバンジョウ」のウォルター・ブレナン、「新天地」のロバート・カミングス、「札つき女」のレイモンド・ハットン、「山の法律」のロバート・バラット、「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス、「虎鮫島脱獄」のフランシス・フォード等である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ジョーン・ベネット ランドルフ・スコット メイ・ロブソン ウォルター・ブレナン
1937年

干潮

  • 1937年当年公開
  • 監督

「愛国者」「真紅の恋」に出演後英国ゴーモン・ブリティッシュの専属となっているオスカー・ホモルカ、「富豪一代」「愉快なリズム」のフランセス・ファーマーおよび「天使の花園」「夜霧の怪盗」のレイ・ミランドが主演するテクニカラー映画でロバート・ルイ・スチブンソン、ロイド・オスボーン合作の小説に基づいて「偽者紳士」「相寄る魂」のバートラム・ミルハウザーが脚本を書き、「マドリッド最終列車」「夜霧の怪盗」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり、「パリで逢った男」「セイルムの娘」のレオ・トーバーと「虚栄の市(1935)」のレイ・レナハンとが協力撮影した。助演者は「犯罪王」「ニューヨークの顔役」のロイド・ノーラン、愛国アベイ劇場付きのバリー・フィッツジェラルドを始め、チャールズ・ジューデルス、デイヴィッド・トーレンス、チャールズ・スティーヴンス、リナ・バスケット等の面々である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
オスカー・ホモルカ フランセス・ファーマー レイ・ミランド ロイド・ノーラン

マドリッド最終列車

  • 1937年当年公開
  • 監督

「ジャングルの女王」「スイング」のドロシー・ラムーア、「写真の殺人」「嵐の戦捷旗」のルー・エイヤース、「あたしは別よ」のギルバート・ローランド、「黎明の丘(1937)」「爆破光線」のカレン・モーリー、「スペイン狂想曲」「再び逢う日」のライオネル・アトウィル、「ロイドの牛乳屋」のヘレン・マック、「麗人遁走曲」のロバート・カミングス、新顔のオランプ・ブラドナ、「スイング」のアンソニー・クイン、「パリで逢った男」のリー・ボウマンが共演する映画で、ポール・ハーヴェイ・フォックスとエルシー・フォックスとが共作したオリジナルを「Gウーマン」のルイス・スティーヴンスとロバート・ワイラーが協力脚色し、「夜霧の怪盗」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり「医者の日記」のハリー・フィッシュベックが撮影した。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ドロシー・ラムーア ルー・エイヤース ギルバート・ローランド カレン・モーリー

夜霧の怪盗

  • 1937年当年公開
  • 監督

「天使の花園」「ジャングルの女王」のレイ・ミランドが主役を勤める映画で、H・C・マクニール、ジェラード・フェアリー合作の探偵小説をエドワード・T・ロウが脚色し、「アリゾナ突撃隊」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり、「平原児」「恋のナポリ」のヴィクター・ミルナーが撮影した。共演者は「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディング、「男の敵」のヘザー・エンジェル、「平原児」のポーター・ホール、「撮影所の惨劇」のレジナルド・デニー「オペラは踊る」のウォルター・キングスフォード、E・E・クライヴ等の面々である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
レイ・ミランド サー・ガイ・スタンディング ヘザー・エンジェル ポーター・ホール

英雄街道

  • 1937年当年公開
  • 原作

「荒野の巨人」「強行肉弾隊」と同じくチャールズ・スターレット主演映画で、ジェームス・P・ホーガンのストーリーをフランセス・ガイハンが脚色し、新人フォルマー・ブラクステッドが監督に当たり、「暁の総攻撃」のベンジャミン・H・クラインが撮影したもの。相手は「空のギャング」のロサリンド・キースが演じ、「オペラは踊る」のエドワード・キーン、「札つき女」のベン・ウェルデン、「ミイラの殺人」のアーサー・ストーン、アル・ブリジス等が助演している。

監督
フォーマー・ブラングステッド
出演キャスト
チャールズ・スターレット ロザリンド・キース エドワード・キーン アーサー・ストーン
1936年

沙漠の黄金

  • 1936年当年公開
  • 監督

「血戦騎銃隊」と同じくラリー・バスター・クラブが出演するゼーン・グレイ物で、同様にスチュアート・アンソニーとロバート・ヨーストが脚色し、「マドリッド最終列車」「干潮」のジェームズ・P・ホーガンが監督した。助演は「ハリウッド大通り」のマーシャ・ハント、「麦秋」のトム・キーン、「Gメン」のモント・ブルー、ロバート・カミングス、レイモンド・ハットン等で、撮影は「麗人遁走曲」のジョージ・クレメンスが担当した。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ラリー・バスター・クラブ モント・ブルー Glenn Erikson フランク・メイオ
1928年

鋼鉄軍曹

  • 1928年当年公開
  • 監督

アンカー映画社発売のクレセント映画で「地獄極楽」「燃ゆる復讐」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、「野球成金」「金髪の歌」のライラ・リー嬢、「野球王」「雨製造者」のウェード・ボトラー氏、「ワイルド・ギース」「そばかす拳闘士」のウェズリー・バリー氏、「大陸大王」「鍍金広小路」のシェルドン・ルイス氏「デニーの薮医者」のホイラー・オークマン氏「燃ゆる青春」のギャレス・ヒューズ氏等が共演する戦争喜劇である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ライラ・リー ウェード・ボトラー ウェズリー・バリー ドナルド・キース
1927年

喧嘩舞踏会

  • 1927年当年公開
  • 監督

「愛馬の功名」「地獄極楽」と同じくジェームズ・ピー・ホーガン氏が監督した映画でマーレー及びマック両氏合作の舞台劇を脚色したものである。出演者は「処女時代」「懦夫奮起せば」のカレン・ランディ氏、かつてフート・ギブソン西部活劇に出演したブランシュ・メハフィー嬢、「海浜狂騒曲」のマック・スウェーン氏、チャールズ・マックヒュー氏、アギー・ヘリング嬢等である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ブランシュ・メハフィー チャールズ・マックヒュー アギー・ヘリング Westcott B. Clark
1926年

地獄極楽

  • 1926年当年公開
  • 監督

ハーシェル・S・ホール氏作の小説に基づいてエリオット・J・クローソン氏が脚色し、「巨弾霹靂」「命を売る男(1925)」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので主役は「金色の寝床」「女人禁制」等出演のヴェラ・レイノルズ嬢と新進のウィリアム・ボイド氏で、「君が名呼べば」「富に群がる者」等出演のナイジェル・バリー氏を始めウォルター・ロング氏、ベン・ターピン氏、チャールズ・マレイ氏、ホバート・ボスウォース氏、ウィリアム・V・モング氏等が出演している。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ウィリアム・ボイド ウォルター・ロング ナイジェル・バリー

燃ゆる復讐

  • 1926年当年公開
  • 監督

エワート・アダムソン民の書き卸した台本により「救助信号」と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督し、名犬レインジャーが主演する映画。チャールズ・デラニー氏、ベティ・メイ嬢、「女知事閣下」出演のボリス・カーロフ氏などが助演している。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
レインジャー チャールズ・デラニー ベティ・メイ ボリス・カーロフ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・P・ホーガン