映画-Movie Walker > 人物を探す > 奥野瑛太

年代別 映画作品( 2009年 ~ 2019年 まで合計13映画作品)

2019年

3人の信長

  • 2019年9月20日(金)公開
  • 出演

ダンス&ボーカルユニットEXILEのTAKAHIROらが出演、信長だと主張する男たちと元今川軍との攻防を喜劇的に描く時代劇。織田信長の首を狙い3人を捕らえてきた元今川軍。真の信長を守るため、本物をあぶりだそうとする元今川軍を3人の信長は翻弄していく。監督は、「HiGH&LOW」シリーズなどの脚本を手がけてきた渡辺啓。頭が切れるかぶき者の信長・甲をTAKAHIROが、貫禄はあるがどこかずれた面のある信長・乙を「サムライせんせい」の市原隼人が、うつけ者ながらまったく読めない信長・丙を「今日も嫌がらせ弁当」の岡田義徳が、3人の信長たちに翻弄される今川軍残党の蒲原氏徳を「空母いぶき」の髙嶋政宏が演じる。

監督
渡辺啓
出演キャスト
TAKAHIRO 市原隼人 岡田義徳 相島一之

葬式の名人

大阪府茨木市市制70 周年記念事業の一環として茨木市が全面協力、川端康成の短編小説をモチーフにした群像コメディ。息子と二人で暮らす雪子のもとに、高校時代の同級生の訃報が届く。卒業から10年の時を経て集まった同級生たちは、奇想天外な通夜を体験する。映画評論家で「インターミッション」など監督業にも進出する樋口尚文がメガホンを取った。また、川端康成の母校・大阪府立茨木高校の卒業生で、劇団とっても便利の脚本を担当、日本チャップリン協会会長を務める大野裕之が脚本を手がけた。『十六歳の日記』『師の棺を肩に』『少年』『バッタと鈴虫』『葬式の名人』『片腕』などの川端康成の短編小説を下地にしている。シングルマザーの渡辺雪子を「旅のおわり世界のはじまり」の前田敦子が、雪子共に奇想天外な通夜に翻弄される茨木高校の野球部顧問・豊川大輔を「多十郎殉愛記」の高良健吾が演じる。2019年8月16日茨木市先行ロードショー。

監督
樋口尚文
出演キャスト
前田敦子 高良健吾 白洲迅 尾上寛之

タロウのバカ

「日日是好日」の大森立嗣が監督・脚本を務めた青春ドラマ。戸籍がなく、学校に通ったことのない少年タロウには、エージとスギオという高校生の仲間がいる。3人は奔放な日々を過ごしていたが、偶然一丁の拳銃を手に入れたことから現実と向き合うこととなる。出演は、本作が俳優デビューとなるYOSHI、「アルキメデスの大戦」の菅田将暉、「町田くんの世界」の太賀。

監督
大森立嗣
出演キャスト
YOSHI 菅田将暉 仲野太賀 奥野瑛太
2018年

泣き虫しょったんの奇跡

  • 2018年9月7日(金)公開
  • 出演(池田学 役)

35歳でプロ棋士となり、将棋界のルールを変えた瀬川晶司の実話を、松田龍平主演で映画化した人間ドラマ。26歳という年齢制限の壁に阻まれ、一度はプロ棋士への夢を諦めた男が、周囲の支えもあり、再び夢に向かって突き進んでいく姿が描かれる。『青い春』などで松田とタッグを組んできた豊田利晃が監督を務める。

監督
豊田利晃
出演キャスト
松田龍平 野田洋次郎 永山絢斗 染谷将太

高崎グラフィティ。

  • 2018年8月25日(土)公開
  • 出演

第一回未完成映画予告編大賞グランプリ受賞作。美紀、寛子、優斗、直樹、康太の5人は、高校の卒業式を迎えた幼馴染。ある日、美紀の父親が彼女の入学金を手にしたまま失踪する事件が発生。その行方を探し始めた5人は、それぞれが問題に直面することに……。出演は「少女」の佐藤玲、「イノセント15」の萩原利久、「生きる街」の岡野真也、『べっぴんさん』の中島広稀、「帝一の國」の三河悠冴。2018年8月18日より舞台となった群馬県高崎市にて先行公開。

監督
川島直人
出演キャスト
佐藤玲 萩原利久 岡野真也 中島広稀

ルームロンダリング

  • 2018年7月7日(土)公開
  • 出演

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015準グランプリを受賞し制作されたファンタジードラマ。いわくつきの物件に住み履歴を消すバイトをする御子は、部屋に居座る幽霊たちのために奔走する傍ら、幼い頃に失踪した母を探す。監督はドラマ『増山超能力師事務所』を手がけた片桐健滋。本作が長編映画初監督作品となる。「一礼して、キス」の池田エライザが幽霊と触れ合う力に目覚めた主人公・八雲御子を演じる。

監督
片桐健滋
出演キャスト
池田エライザ 渋川清彦 伊藤健太郎 光宗薫

友罪

  • 2018年5月25日(金)公開
  • 出演

第35回吉川英治文学新人賞に輝いた薬丸岳のベストセラー小説を、生田斗真&瑛太の主演で映画化したサスペンス。町工場で共に働き、少しずつ友情を育んできた2人の男が、近所で起きた児童殺人事件を機にそれぞれが起こした17年前の事件と向き合うさまがつづられる。監督は『64-ロクヨン-』など重厚な人間ドラマを得意とする瀬々敬久。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
生田斗真 瑛太 佐藤浩市 夏帆
2017年

月子

  • 2017年8月26日(土)公開
  • 出演(カズキ 役)

「海辺の生と死」の越川道夫監督によるヒューマンドラマ。父親を亡くし、居場所を失った青年タイチ。ある日、施設から逃げ出してきた知的障がいの少女・月子と出会った彼は、追ってくる施設の職員たちを振り切り、月子を彼女の親元まで連れて行こうとするが……。出演は「私たちのハァハァ」の三浦透子、「海辺の生と死」の井之脇海、「キセキ あの日のソビト」の奥野瑛太、「バンコクナイツ」の川瀬陽太。撮影を「海よりもまだ深く」「永い言い訳」の山崎裕、音楽・音響を「お盆の弟」「海辺の生と死」の宇波拓が手がける。

監督
越川道夫
出演キャスト
三浦透子 井之脇海 奥野瑛太 信太昌之
2016年

変態だ

  • 2016年12月10日(土)公開
  • 出演(木目先輩 役)

みうらじゅんが企画し、安齋肇が初映画監督を務めた異色青春ドラマ。愛人を連れて、雪山にライブに出かけたミュージシャンの男が遭遇する一大事が描かれる。シンガーソングライターとして独自の世界を築く前野健太が主人公の男を怪演し、宝塚の男役スターとして人気を博した月船さららが愛人役を演じる。

監督
安齋肇
出演キャスト
前野健太 月船さらら 白石茉莉奈 奥野瑛太

花芯

  • 2016年8月6日(土)公開
  • 出演(畑中 役)

瀬戸内寂聴がまだ新進作家の頃に発表し、“子宮”という言葉が多く出てくる事から、“子宮作家”と批判を浴びた問題作を映画化した官能的なラブストーリー。朝の連続テレビ小説でヒロインを演じるなど、清純派として知られる村川絵梨が、瀬戸内寂聴本人がモチーフとされるヒロイン、園子を演じ、大胆なラブシーンを披露する。

監督
安藤尋
出演キャスト
村川絵梨 林遣都 安藤政信 毬谷友子

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 奥野瑛太