TOP > 人物を探す > ジャネット・デ・ロッシ

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2017年 まで合計6映画作品)

2017年

セブン・シスターズ

  • 2017年10月21日(土)
  • メイクアップ、ヘアデザイン

「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが1人7役を演じるSFスリラー。世界的な人口過多と食糧不足から厳格な一人っ子政策が敷かれた2073年。そこでは二人目以降の子供は親から引き離され冷凍保存されていた。そんななか、セットマン家で七つ子が生まれ……。共演は「ディストピア パンドラの少女」のグレン・クローズ、「ドッグ・イート・ドッグ」のウィレム・デフォー。監督は『ヘンゼル&グレーテル』のトミー・ウィルコラ。

監督
トミー・ウィルコラ
出演キャスト
ノオミ・ラパス グレン・クローズ ウィレム・デフォー マーワン・ケンザリ
2006年

ハイテンション

  • 2006年8月26日(土)
  • SFXメイク

ほとんどホラー映画が作られない仏から届いたスプラッター・ムービー。美しい女子大生が体験する悪夢の一夜を、25歳の若手監督がハードな猟奇描写で映し出す。

監督
アレクサンドル・アジャ
出演キャスト
セシル・ドゥ・フランス マイウェン フィリップ・ナオン フランク・カルフン
1991年

キラー・クロコダイル 怒りの逆襲

  • 1991年3月30日(土)
  • 監督、脚本

放射性廃棄物によって巨大化したクロコダイルが、次々と人間に襲いかかるパニック映画「キラー・クロコダイル」の続編。

監督
ジャネット・デ・ロッシ
出演キャスト
アンソニー・クレンナ デボラ・カー トーマス・ムーア
1982年

殺人魚フライングキラー

  • 1982年10月23日(土)
  • 特殊効果

殺人兵器として開発された怪魚が人間に襲いかかるというSFサスペンス。「ピラニア」(78)のチャコ・バン・リーウェン(筑波久子)とジェフ・シェクトマンが製作。「テンタクルズ」(77)のオビディオ・G・アソニティスが製作指揮。H・A・ミルトンが脚本を執筆し、ロベルト・デットーレ・ピアッツォーリが撮影、スティーブ・パウダーが音楽を担当している。出演はトリシア・オニール、スティーヴ・マラチャック、ランス・ヘンリクセン、アンシル・グロードンなど。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
トリシア・オニール スティーヴ・マラチャック ランス・ヘンリクセン リッキー・G・ポール

1900年

  • 1982年10月23日(土)
  • 特殊メイク

1900年の同じ日に生まれた身分の異なる二人の男子が激動の時を経て成長しそれぞれの人生をまっとうする姿を描く二部構成の長編ドラマ。製作はアルベルト・グリマルディ、製作主任はマリオ・ディ・ビアーゼ、監督は「ルナ」のベルナルド・ベルトルッチ、脚本はフランコ・アルカッリ、ジュゼッペ・ベルトルッチ、ベルナルド・ベルトルッチ、撮影はヴィットリオ・ストラーロ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当している。出演はバート・ランカスター、ロバート・デ・ニーロ、ロモロ・ヴァッリ、ドミニク・サンダ、スターリング・ヘイドン、ジェラール・ドパルデュー、ステファニア・サンドレッリ、アリダ・ヴァリなど。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
バート・ランカスター フランチェスカ・ベルティーニ ヴェルナー・ブランズ ロモロ・ヴァッリ
1980年

サンゲリア

  • 1980年5月24日(土)
  • 特殊効果

疫病にかかって死んだ人間が、再び生き返って恐しい形相の怪人となり、生きた人間を喰い求めるという恐怖を描く。製作はユーゴ・トゥッチとファブリツィオ・デ・アンジェリス、監督はルチオ・フルチ、脚本はエリザ・ブリガンティ、撮影はセルジオ・サルヴァーティ、音楽はファビオ・フリッツィとジョルジョ・トゥッチ、特殊効果及びメーク・アップはジャネット・デ・ロッシが各々担当。出演はイアン・マッカロック、ティサ・ファロー、リチャード・ジョンソン、オルガ・カルラトスなど。

監督
ルチオ・フルチ
出演キャスト
イアン・マッカロック ティサ・ファロー リチャード・ジョンソン オルガ・カルラトス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャネット・デ・ロッシ

ムービーウォーカー 上へ戻る