映画-Movie Walker > 人物を探す > 木南晴夏

年代別 映画作品( 2009年 ~ 2017年 まで合計6映画作品)

2017年

ママ、ごはんまだ?

歌手・一青窈の姉、一青妙によるエッセイを原作に「劇場版 神戸在住」の白羽弥仁監督が映画化。台湾人の父と日本人の母の間に生まれた姉妹。二人が家族で暮らした家を取り壊す時に見つけた赤い木箱の中には、亡き母が書いた台湾料理のレシピ帳が入っていた。出演は「グッドモーニングショー」の木南晴夏、「父の初七日」の呉朋奉、「花芯」の藤本泉、「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」の甲本雅裕、「ふしぎな岬の物語」の春風亭昇太、「悲しき天使」の河合美智子。一青家のゆかりの地である石川県中能登町の町制10周年記念事業として製作。全国公開に先駆け、2017年2月4日より石川県先行公開。

監督
白羽弥仁
出演キャスト
木南晴夏 呉朋奉 藤本泉 甲本雅裕
2016年

幸福のアリバイ〜Picture〜

  • 2016年11月18日(金)公開
  • 出演

葬式、見合い、成人式、出産、結婚という人生の節目となる5つのエピソードを描くヒューマンコメディ。本作が長編監督3作目となる陣内孝則が、人生の転機となる出来事に遭遇した人々の悲喜こもごもを描き、誰もが共感できるような物語に仕上げた。脚本を手がけたのは、『桐島、部活やめるってよ』で注目を浴びた喜安浩平。

監督
陣内孝則
出演キャスト
中井貴一 柳葉敏郎 大地康雄 山崎樹範
2015年

4/猫 ―ねこぶんのよん―

  • 2015年12月12日(土)公開
  • 出演(美帆子 役)

若手映画監督4人が、解散の瀬戸際に立つ漫才コンビ、休業中のホテルの支配人と宿泊客、スリの母娘、嘘のメールを送り思わぬ事態を呼んだ女子中学生ら、一匹の猫が住みついた駅を利用する市井の人々を描いたオムニバス作品。埼玉県における映像産業の推進を目的にした施設『SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ』による若手映像クリエイターのプロデュースプロジェクト『Go-all』第3弾。出演は「海炭市叙景」の三浦誠己、「くちびるに歌を」の柴田杏花、「ガールフレンド」の山田キヌヲ、「松ヶ根乱射事件」の山中崇ほか。また、2016年に劇場公開される「猫なんかよんでもこない。」にも登場する猫ののり子が、キーとなる役割で出演している。

監督
上田慎一郎 早坂亮輔 浅沼直也 中泉裕矢
出演キャスト
三浦誠己 木南晴夏 柴田杏花 長谷川朝晴
2009年

ランディーズ

  • 2009年11月14日(土)公開
  • 出演(星野美紅 役)

人気コミック『Hey!リキ』の漫画家、永田晃一のデビュー作を「イズ・エー」の藤原健一が映画化。池袋を舞台に、街の平和を守る便利屋“ランディーズ”の活躍を描く青春アクション。出演は「ROOKIES -卒業-」の川村陽介、「GSワンダーランド」の浅利陽介、「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」の木南晴夏。

監督
藤原健一
出演キャスト
川村陽介 浅利陽介 高橋努 木南晴夏

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗

  • 2009年8月29日(土)公開
  • 出演(小泉響子 役)

浦沢直樹のベストセラーコミックを実写映画化した、サスペンス3部作の完結編。原作とは異なる衝撃のクライマックスとともに、謎だった“ともだち”の正体がついに明らかに。

監督
堤幸彦
出演キャスト
唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之

20世紀少年 第2章 最後の希望

  • 2009年1月31日(土)公開
  • 出演(小泉響子 役)

浦沢直樹のベストセラーコミックを原作にした、サスペンス3部作の第2弾。“ともだち”の手によってテロ集団に仕立て上げられたケンヂたちが、静かな反撃を始動させる!

監督
堤幸彦
出演キャスト
豊川悦司 常盤貴子 平愛梨 香川照之

関連ニュース

木南晴夏、初主演映画のヒロインに共感「これは私だと思った」
木南晴夏、初主演映画のヒロインに共感「これは私だと思った」(2013年5月20日)

『20世紀少年』や「勇者ヨシヒコ」シリーズで人気の木南晴夏が、『デスノート』シリーズの金子修介監督作『百年の時計』(5月25日公開)で長編映画初主演を飾った。個…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 木南晴夏