映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・E・ケント

年代別 映画作品( 1938年 ~ 1971年 まで合計13映画作品)

1971年

華麗なる変身

  • 1971年6月19日(土)
  • 脚色

1952年朝鮮動乱、エリザベス新女王戴冠、水素爆弾実験という世界的関心を呼ぶ記事の中で、ニューヨークのGIが性転換手術を受け、成功したという記事が話題をさらって、各国の新聞の第一面を占めた。これはその男?(女?)の自叙伝による映画化である。製作はエドワード・スモール、監督は「奇蹐」「初恋(1958)」のアーヴィング・ラパー、ジョージ=クリスチーヌ・ジョーゲンセンの自叙伝をロバート・E・ケントとエリス・セント・ジョセフが脚色。撮影は「彼女の不道徳な夢」のジャック・マルクェ、音楽は「サンセット77」(TV)のコンビ、バート・シェフターとポール・ソーテルなどがそれぞれ担当。出演は新人のジョン・ハンセン。その他、クイン・レデカー、ジョン・トンプキンス、ロッド・マッケリー、オスカー・ベレギ、ジョン・W・ハイムズ、エレン・クラークなど。

監督
アーヴィング・ラパー
出演キャスト
ジョン・ハンセン クイン・レデガー ジョン・トンプキンス ロッド・マッカリー
1967年

暴走52マイル

  • 1967年4月15日(土)
  • 脚色

アレック・ゲイビーの原作をロバート・E・ケントが脚色、「氷上の花」のジョン・ブラームが監督した。撮影はロイド・エイハーン、音楽はフレッド・カーガーが担当。出演はダナ・アンドリュース、ジーン・クレイン、ミムジー・ファーマー、ローリー・モックほか。製作はサム・カッツマン。

監督
ジョン・ブラーム
出演キャスト
ダナ・アンドリュース ジーン・クレイン ミムジー・ファーマー ローリー・モック
1965年

青空のデイト

  • 1965年12月25日(土)
  • 脚本

ブロードウェイのミュージカル・プレイ「ガール・クレイジー」から、「クレイジー・ジャンボリー」のロバート・E・ケントが脚色、TV映画「0011ナポレオン・ソロ」シリーズのアルヴィン・ガンツァーが監督したミュージカル映画。撮影は「ランダース」のポール・C・ヴォーゲル、音楽は「クレイジー・ジャンボリー」のフレッド・カーガーが担当、アール・バートンが振付けしている。出演は「渚のデイト」のコニー・フランシス、「不沈のモリー・ブラウン」のハーブ・プレスネル、「女房は生きていた」のフレッド・クラーク、「フロリダ万才」のジョビー・ベイカー、「青春カーニバル」のスー・アン・ラングドンのほかに、ハーマンズ・ハーミッツ、ルイ・アームストロング、サム・ザ・シャムとザ・ファラオス・リベラーチェらが特別出演している。なお劇中、主題歌「青空のデイト」ほか11曲が挿入されている。製作はサム・カッツマン。

監督
アルヴィン・ガンツァー
出演キャスト
コニー・フランシス ハーヴ・プレスネル スー・アン・ラングドン フレッド・クラーク

クレイジー・ジャンボリー

  • 1965年5月28日(金)
  • 脚本

「アパッチ砂漠」のロバート・E・ケントの脚本を、新鋭シドニー・ミラーが監督した青春ドラマ。撮影はフレッド・ジャックマン・ジュニア、音楽は「キッスン・カズン」のフレッド・カーガーが担当した。出演は「フロリダ万才」のマリー・アン・モブリー、「チャップマン報告」のチャド・イベレットのほかにジョーン・オブライエン、ナンシー・シナトラ、クリス・ノエルなど。なおスタン・ゲッツ楽団ほか6つのバンドがゲスト出演している。製作はサム・カッツマン。

監督
シドニー・ミラー
出演キャスト
Marry Ann Mobley チャド・イベレット ジョーン・オブライエン ナンシー・シナトラ

アパッチ砂漠

  • 1965年9月7日(火)
  • 脚本、原作

ロバート・E・ケント、マーク・ハンナのストーリーを、ロバート・E・ケントが脚色、「大酋長」のシドニー・サルコウが監督した西部劇。撮影はケネス・ピーチ、音楽はリチャード・ラサールが担当した。出演は「早射ちロジャース」のデイル・ロバートソン、マーサ・ハイヤーほか。製作はレオン・フロムケス。

監督
シドニー・サルコウ
出演キャスト
デイル・ロバートソン マーサ・ハイヤー Mendell Coray Dandy Curran
1964年

クィック・ガン

  • 1964年3月28日(土)
  • 脚本

スティーヴ・フィッシャーの小説をロバート・E・ケントが脚色、シドニー・サルコウが演出した西部劇。撮影はレスター・ショア、音楽はリチャード・ラサール、製作はグラント・ワイトックが担当した。出演は「静かなアメリカ人」のオーディ・マーフィ、メリー・アンダース、ジェームズ・ベスト、テッド・デ・コルシア、ウォルター・サンドなど。

監督
シドニー・サルコウ
出演キャスト
オーディ・マーフィ メリー・アンダース ジェームズ・ベスト テッド・デ・コルシア
1956年

ロック・アンド・ロール

  • 1956年11月14日(水)
  • 原作、脚本

先頃、世界各地で公開の際、ティーン・エイジャーの観客層による騒動をひき起こした問題作である。観客席の若い男女に狂熱的な興奮を与えた”ロック・アンド・ロール”は通称リズム・アンド・ブルースといわれるもので、黒人の踊りに類似した強烈なリズムを持つ。本編は、リズム・アンド・ブルースの元祖ビル・ヘイリーとそのコメッツ始め、ザ・プラターズ、トニー・マルティネスとそのバンド、フレディ・ベルとベルボーイズ、アラン・フリードなど有名楽団や芸能人が大挙出演して、”ロック・アラウンド・ザ・クロック””オンリー・ユー”など十数曲を演奏。リサ・ゲイとアール・バートンが”ロック・アンド・ロール”の踊りを見せる。ロバート・E・ケントとジェームズ・B・ゴードンの脚本を「死刑囚2455号」のレッド・H・クラインが撮影、フレッド・カーガーが音楽監督をそれぞれ担当した。黒白、1956年作品。

監督
フレッド・F・シアーズ
出演キャスト
アラン・フリード ジョニー・ジョンストン アリックス・タルトン リサ・ゲイ
1953年

タイコンデロガの砦

  • 1953年7月14日(火)
  • 脚本

「征服者(1952)」のサム・カッツマン 製作のナチュラル・ヴィジョン方式の立体感映画1953年作品。「征服者(1952)」のロバート・E・ケントの脚本からウィリアム・キャスルが監督した。撮影はレスター・ホワイトとロースロップ・B・ワースの共同(色彩・テクニカラー)、音楽監督は「トマホーク渓谷の待伏せ」のロス・ディマジョーである。主演は西部劇スターのジョージ・モンゴメリーで、この映画に抜擢されたジョーン・ヴォースが共演し、以下「チャップリンの殺人狂時代」のアーヴィング・ベーコン、ジェイムズ・シー、ベン・A・アスター、フィリス・フォウラーらが助演する。

監督
ウイリアム・キャッスル
出演キャスト
ジョージ・モンゴメリイ ジョーン・ヴォース アーヴィング・ベーコン ジェームズ・シー

征服者(1952)

  • 1953年1月11日(日)
  • 脚色

サム・カッツマンが製作し、リュウ・ランダースが監督に当たった色彩西部活劇1952年作品。脚本は「レッドスタリオン 荒原の凱歌」のロバート・E・ケントで、撮影はエリス・W・カーター、音楽はミッシャ・バカライニコフの担当。主演は「永遠のアンバー」のコーネル・ワイルドと「魅惑」のテレサ・ライトで、アルフォンゾ・ベドーヤ、リーザ・ファラディ、ユージン・イグレシアスらが助演する。

監督
リュウ・ランダース
出演キャスト
コーネル・ワイルド テレサ・ライト アルフォンソ・ベドーヤ リザ・フェラディ
1952年

レッドスタリオン 荒原の凱歌

  • 1952年1月4日(金)
  • 脚本

ベン・ストロフが製作し「銃弾」のレスリー・セランダーが監督した1947年シネカラー作品。脚本は、ロバート・E・ケントとクレーン・ウィルバーの共同オリジナルで、撮影は「拳銃の誓い」のヴァージル・ミラー、音楽は「ベルリン特急」のフレデリック・ホランダーである。出演者は「ラスティの伝令」のテッド・ドナルドスン、「夜の悪魔」のロバート・ペイジ、「夢見る少女」のジェーン・ダーウェル、ノリーン・ナッシュ、「摩天楼」のレイ・コリンズらである。

監督
レスリー・セランダー
出演キャスト
テッド・ドナルドスン ロバート・ペイジ ノリーン・ナッシュ ジェーン・ダーウェル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・E・ケント