映画-Movie Walker > 人物を探す > ボニー・ベデリア

年代別 映画作品( 1969年 ~ 2000年 まで合計12映画作品)

2000年

地上(ここ)より何処かで

  • 2000年6月24日(土)公開
  • 出演(Carol 役)

 14歳の娘をもつS・サランドンはアデルの複雑な性格に興味をいだき出演。派手好きで奔放だが、娘を想う母親の深い愛情を巧妙に体現し、オスカー女優の実力を発揮。

監督
ウェイン・ワン
出演キャスト
スーザン・サランドン ナタリー・ポートマン ベニー ボニー・ベデリア
1994年

ニードフル・シングス

  • 1994年5月14日(土)公開
  • 出演(Polly Chalmers 役)

謎めいた老人によって次々と災厄をもたらされ恐怖に陥る町の人々の姿を、ブラックユーモア豊かに描いたホラー映画。原作はモダンホラー小説の大家スティーブン・キングで、キング作品でおなじみの架空の町、キャッスル・ロック(「デッドゾーン」や「スタンド・バイ・ミー」にも登場)を舞台にした長編小説Needful Thingsの映画化。監督は、俳優チャールトン・ヘストンの実子で、本作がデビューのフレイザー・クラーク・ヘストン。脚本は「ブルベイカー」のW・D・リクター。製作は「アダムス・ファミリー」のジャック・カミンズ。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ブリット」の監督ピーター・イエーツ。撮影はトニー・ウェストマン、音楽は「カリートの道」のパトリック・ドイル、美術は『IT』(V)のダグラス・ヒギンズが担当。主演は「巨人と青年」のマックス・フォン・シドーと「アビス」のエド・ハリス。共演は「推定無罪」のボニー・ベデリア、「フィッシャー・キング」のアマンダ・プラマーほか。

監督
フレイザー・クラーク・ヘストン
出演キャスト
エド・ハリス マックス・フォン・シドー ボニー・ベデリア アマンダ・プラマー
1991年

推定無罪

  • 1991年6月7日(金)公開
  • 出演(Barbara_Sabich 役)

正義を追求するはずの検察官が、不倫関係にあった同僚の美人検事補の殺人容疑者として裁かれることになり、家庭とキャリアを崩壊させてゆく様を描く、法廷推理ドラマ。製作にシドニー・ポラックとマーク・ローゼンバーグ、監督に「ソフィーの選択」のアラン・J・パクラが当り、スコット・トウローのベストセラー小説をフランク・R・ピアソンとパクラ監督が共同で脚色。撮影はゴードン・ウィリス、音楽はジョン・ウィリアムス(2)が担当。出演はハリソン・フォード、ボニー・ベデリアほか。

監督
アラン・J・パクラ
出演キャスト
ハリソン・フォード ブライアン・デネヒー ラウル・ジュリア ボニー・ベデリア
1990年

ダイ・ハード2

  • 1990年9月21日(金)公開
  • 出演(Holly_Mclane 役)

空港乗っ取り犯から自分の妻と、そして乗客の命を超人的な活躍で救う刑事を主人公としたアクション・シリーズの第2弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはロイド・レヴィンとマイケル・レヴィ、製作はローレンス・ゴードン、ジョエル・シルヴァー、チャールズ・ゴードンの共同、監督は「エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃」のレニー・ハーリン、脚本はウォルター・ウェイジャーの原作“58 Minuite”を基にダグ・リチャードソンと前作も脚本を担当したスティーヴン・E・デ・スーザの共同、撮影はオリバー・ウッド、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はブルース・ウィルス、ウィリアム・サドラーほか。日本版字幕は岡枝慎二、カラー、シネスコサイズ。ドルビーステレオ。1990年作品。

監督
レニー・ハーリン
出演キャスト
ブルース・ウィリス ボニー・ベデリア ウィリアム・サドラー ダルトン・トンプソン

旅立ちの季節 プリンス・オブ・ペンシルバニア

  • 1990年3月31日(土)公開
  • 出演(Pam_Marshetta 役)

ペンシルバニア州の炭鉱町を舞台に少年が恋に傷つき、家族の崩壊に悩みながら成長してゆく姿を描いた青春ドラマ。製作はジョーン・フィシュマン、監督・脚本はこれがデビューのロン・ナイスワーナー、撮影はフランク・プリンジ、音楽はトーマス・ニューマンが担当。出演はキアヌー・リーブス、エイミー・マディガンほか。

監督
ロン・ナイスワーナー
出演キャスト
キアヌ・リーヴス エイミー・マディガン フレッド・ウォード ボニー・ベデリア
1989年

ダイ・ハード

  • 1989年2月4日(土)公開
  • 出演(Holly_Gennaro_McClane 役)

テロリストによって日本商社の高層ビルが乗っ取られるという事件に、偶然巻き込まれた1人の刑事の活躍と戦いを描くスペクタクル映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・ゴードン。製作はローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァー。監督は「シュワルツェネッガー プレデター」のジョン・マクティアナン、ロデリック・ソープの原作を基に、ジェブ・スチュアートとスティーヴン・E・デ・スーザが脚色、撮影はヤン・デ・ボン、音楽はマイケル・ケイメン、特殊視覚効果はリチャード・エドランドが担当。出演は「ブラインド・デート」のブルース・ウィリス、ボニー・ベデリアほか。

監督
ジョン・マクティアナン
出演キャスト
ブルース・ウィリス ボニー・ベデリア Reginald Veljohnson ポール・グリーソン
1987年

すみれはブルー

  • 1987年4月18日(土)公開
  • 出演(Ruth_Squires 役)

ジャーナリストたちの再び燃え上がる愛を描いたラヴストーリー。製作はメアリーケイ・パウエル、監督は“The Big Fix(未)でデビューし、これが2作目となるジャック・フィスク、撮影はラルフ・ボード、音楽はパトリック・ウィリアムスが担当。出演は監督の夫人でもあるシシー・スペイセク、ケヴィン・クラインほか。

監督
ジャック・フィスク
出演キャスト
シシー・スペイセク ケヴィン・クライン ボニー・ベデリア ジョン・ケロッグ

ミリイ 少年は空を飛んだ

  • 1987年3月21日(土)公開
  • 出演(Charlene 役)

両親を飛行機事故で亡くして以来、殼に閉じこもってしまった少年と、彼の隣家に越てきた少女の交流を描くファンタジー・ロマン。製作はゲイリー・アデルソン、監督・脚本はニック・キャッスル、撮影はスティーヴン・ポスターとアダム・ホレンダー、音楽はブルース・ブロートン、視覚効果はリチャード・エンドランドが担当。出演はルーシー・ディーキンズ、ジェイ・アンダーウッドほか。

監督
ニック・キャッスル
出演キャスト
ルーシー・ディキンズ ジェイ・アンダーウッド ボニー・ベデリア フレッド・サベージ
1982年

死霊伝説

  • 1982年1月23日(土)公開
  • 出演(Susan 役)

謎に包まれた邸をめぐって起きる怪奇事件を描く吸血鬼映画。製作総指揮はスターリング・シリファント、製作はリチャード・コブリッツ、監督は「ファンハウス 惨劇の館」のトビー・フーパー、スティーブン・キング原作(翻訳書名『呪われた町』/集英社刊)を基にポール・モナシュが脚色、撮影はジュールス・ブレンナー、音楽はハリー・サックマンが各々担当。出演はデイヴィッド・ソウル、ジェームズ・メイスン、ランス・カーウィン、ボニー・ベデリア、ルー・エイヤース、ジョージ・ズンザなど。

監督
トビー・フーパー
出演キャスト
デイヴィッド・ソウル ジェームズ・メイソン ランス・カーウィン ボニー・ベデリア
1971年

ふたりの誓い

  • 1971年10月10日(日)公開
  • 出演(Susan 役)

結婚を間近に控えた若い男女の不安と、結婚とは、幸福とは、人生とは何かという問題をユーモアと機知を交えながら解明していく作品。製作はデイヴィッド・サスキンド、監督は新人のサイ・ハワード、脚本はレニー・テイラー、ジョセフ・ボローニャ、デイヴィッド・ツェラグ・グッドマンの共同、撮影はアンドリュー・ラズロ、音楽はフレッド・カーリンがそれぞれ担当。出演はベアトリス・アーサー、「ひとりぼっちの青春」のボニー・ベデリア、マイケル・ブランドン、リチャード・カステラーノ、ボブ・ディシー、ハリー・ガーディノ、マリアン・ヘイリー、ジョセフ・ヒンディなど。

監督
サイ・ハワード
出演キャスト
ベアトリス・アーサー ボニー・ベデリア マイケル・ブランドン リチャード・カステラーノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ボニー・ベデリア