TOP > 映画監督・俳優を探す > 井西政彦

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2020年 まで合計9映画作品)

2019年

イソップの思うツボ

  • 2019年8月16日(金)
  • プロデューサー

上田慎一郎監督ら『カメラを止めるな!』の製作スタッフが手がけた、オリジナル脚本による青春ストーリー。複雑な家庭に育った3人の少女の出会いと、そこから起きる騒動の行方が描かれる。石川瑠華、井桁弘恵、紅甘というオーディションで選ばれた新鋭3人がヒロインを務める。

監督
上田慎一郎 中泉裕矢 浅沼直也
出演キャスト
石川瑠華 井桁弘恵 紅甘 斉藤陽一郎

君がまた走り出すとき

  • 2019年3月2日(土)
  • プロデューサー

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』15周年を記念し、地元である埼玉県川口市を舞台に制作されたヒューマンドラマ。日本人男性で初めて世界6大マラソンを走破した川口在住の市民ランナーの実話をモチーフに、人生に行き詰まった男女6人の出会いと再生を綴る。出演は「菊とギロチン」の寛一郎、「寝ても覚めても」の山下リオ、「ケアニン あなたでよかった」の菜葉菜、「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」の辻本祐樹、「破裏拳(はりけん)ポリマー」の長谷川初範、「あん」の浅田美代子、「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子。脚本を「25 NIJYU-GO」の岡芳郎、撮影を「覚悟はいいかそこの女子。」の栢野直樹、音楽を「触れたつもりで」の大橋征人が担当。監督は「4/猫 ねこぶんのよん」の中泉裕矢。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 オープニング作品。2019年2月8日よりMOVIX川口にて先行上映。

監督
中泉裕矢
出演キャスト
寛 一 郎 山下リオ 松原智恵子 菜葉菜
2017年

話す犬を、放す

  • 2017年3月11日(土)
  • プロデューサー

第13回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016のオープニング作品として上映されたヒューマンドラマ。売れない女優のレイコはやっと掴んだ映画出演のチャンスに舞い上がるが、レビー小体型認知症を発症した母ユキエに振り回され、撮影に集中できず……。監督・脚本は、「嘘つき女の明けない夜明け」の熊谷まどか。出演は、「蛇イチゴ」のつみきみほ、ドラマ『コピーフェイス~消された私~』の田島令子、「ボクの妻と結婚してください。」の眞島秀和、「モーターズ」の木乃江祐希。

監督
熊谷まどか
出演キャスト
つみきみほ 田島令子 眞島秀和 木乃江祐希
2015年

4/猫 ―ねこぶんのよん―

  • 2015年12月12日(土)
  • 統括プロデューサー

若手映画監督4人が、解散の瀬戸際に立つ漫才コンビ、休業中のホテルの支配人と宿泊客、スリの母娘、嘘のメールを送り思わぬ事態を呼んだ女子中学生ら、一匹の猫が住みついた駅を利用する市井の人々を描いたオムニバス作品。埼玉県における映像産業の推進を目的にした施設『SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ』による若手映像クリエイターのプロデュースプロジェクト『Go-all』第3弾。出演は「海炭市叙景」の三浦誠己、「くちびるに歌を」の柴田杏花、「ガールフレンド」の山田キヌヲ、「松ヶ根乱射事件」の山中崇ほか。また、2016年に劇場公開される「猫なんかよんでもこない。」にも登場する猫ののり子が、キーとなる役割で出演している。

監督
上田慎一郎 早坂亮輔 浅沼直也 中泉裕矢
出演キャスト
三浦誠己 木南晴夏 柴田杏花 長谷川朝晴
2013年

燦燦 さんさん

  • 2013年11月16日(土)
  • プロデューサー

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザによる若手映像クリエイターの育成・支援事業である“D-MAP”の第4弾作品。“人生の花道を輝かせたい”と望む77歳の老婦人が周囲の反対をよそに婚活に挑む姿を通し、高齢者の恋愛というテーマを描く。吉行和子、宝田明、山本學といった日本映画界を代表するベテラン俳優たちの共演が見ものだ。

監督
外山文治
出演キャスト
吉行和子 山本學 宝田明 田川可奈美
2011年

3Dミュージカルショー ハローキティとオズの魔法の国

  • 2011年6月18日(土)
  • プロデューサー

ハローキティ誕生35周年を記念し、2009年からサンリオピューロランドで上演中のミュージカルを最新カメラで撮影し、3D映画化。人気児童文学を下敷きに、キティが見知らぬ土地で仲間とともに冒険を繰り広げるさまが描かれる。宝塚歌劇団のスタッフが演出などを手がけ、市村正親ら豪華ゲスト声優陣が物語を盛り上げる。

監督
出演キャスト
市村正親 ちあきしん 中山昇 林アキラ
2009年

Livespire「嵐になるまで待って」

  • 2009年2月21日(土)
  • 共同プロデューサー

舞台やスポーツ、音楽イベントなどをデジタル映像で記録、映画館で公開することを目的に、ソニー(株)が展開するLivesireの第5弾。本作は、演劇集団キャラメルボックスの人気舞台を8台のカメラで収録している。主演はキャラメルボックスの公演をはじめ、NHK連続テレビ小説『純情きらり』などにも出演の渡邊安理。

監督
出演キャスト
渡邊安理 土屋裕一 細見大輔 温井摩耶
2008年

メトロに乗って 映画館上映特別版

  • 2008年5月10日(土)
  • 企画プロデューサー

映画にもなった直木賞作家・浅田次郎の小説のミュージカル版で、'07年12月に東京芸術劇場で上演されたものを映画として上映。過去にタイムスリップした中年男がたどる運命を描く。

監督
宮坂まゆみ
出演キャスト
広田勇二 秋本みな子 吉田朋弘 井田安寿
2020年

とってもゴースト

  • 2月15日(土)
  • 企画

音楽座ミュージカルの舞台を、宝塚歌劇団元トップスターの安蘭けいとバンド『2』のヴォーカルで連続テレビ小説『ひよっこ』に出演した古舘佑太郎のW主演で映画化。事故死したユキは夜の街をさすらううちに、限られた時間だけ彼女の姿が見える光司と出会う。監督は、シンガーソングライター・俳優であり、初監督作「ユメのおと」がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012短編部門最優秀作品賞を受賞、オムニバス「埼玉家族」の一編「父親輪舞曲-ちちおやロンド-」を手がけ、ミュージカル文化を広める活動をする角川裕明。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019の関連企画・埼玉関連映画上映にて上映。

監督
角川裕明
出演キャスト
安蘭けい 古舘佑太郎 永山たかし tekkan

井西政彦の関連人物

tekkan  伽藍琳  石川瑠華  高橋雄祐  寛 一 郎 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 井西政彦

ムービーウォーカー 上へ戻る