映画-Movie Walker > 人物を探す > マージョリー・ランボー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1988年 まで合計21映画作品)

1988年

タバコ・ロード

  • 1988年2月27日(土)公開
  • 出演(Sister_Bessie_Rice 役)

アメリカ南部のプア・ホワイトを描く。アースキン・コールドウェルの原作、ジャック・カークランドによる舞台劇の映画化。製作はダリル・F・ザナック、監督はジョン・フォード。撮影はアーサー・ミラー、音楽はデイヴィッド・バトルフが担当、出演はチャーリー・グレイプウィン、ジーン・ティアニーほか。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
チャーリー・グレイプウィン マージョリー・ランボー ジーン・ティアニー ウィリアム・トレイシー
1957年

千の顔を持つ男

  • 1957年11月2日(土)公開
  • 出演(Gert 役)

無声映画時代に活躍した怪奇映画スター、ロン・チェニーの伝記映画。ラルフ・ウィールライトの小説を原作に「西部の三人兄弟」のR・ライト・キャンベルと「緑の火・エメラルド」のアイヴァン・ゴッフ、ベン・ロバーツの3人が共同脚色、「イスタンブール(1956)」のジョセフ・ペヴニーが監督した。撮影監督は「野望に燃える男」のラッセル・メティ、音楽は「間奏曲」のフランク・スキナーが作曲、「東京特ダネ部隊」のジョセフ・ガーシェンソンが監督した。主演は「悪人への貢物」のジェームズ・キャグニー、「白人部隊撃滅」のドロシー・マローン、「太陽に向って走れ」のジェーン・グリア、「四角いジャングル」のジム・バッカスなどが助演する。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ドロシー・マローン ジェーン・グリア マージョリー・ランボー
1954年

女性よ永遠に

  • 1954年6月15日(火)公開
  • 出演(Herself 役)

パット・ダガン製作になる1953年作品。舞台人の恋愛を描いたJ ・M・バリーの戯曲『ロザリンド』から「愚かなり我が心」のジュリアス・J・とフィリップ・Gのイプスティン兄弟が脚色、「ガラスの動物園(1950)」のアーヴィング・ラパーが監督した。撮影は「アンデルセン物語」のハリー・ストラドリング、音楽は「楽しき我が家」のヴィクター・ヤング。「アメリカの恋人」のジンジャー・ロジャース、「ブラボー砦の脱出」のウィリアム・ホールデン、「暗黒の恐怖」のポール・ダグラスが共演し、加えて、この作品で一躍売出した新進パット・クローリーのほか、「栄光何するものぞ」のジェームズ・グリースン、ジェシー・ホワイト、マージョリー・ランボオ、ジョージ・リーヴスなどが出演する。

監督
アーヴィング・ラパー
出演キャスト
ジンジャー・ロジャース ウィリアム・ホールデン ポール・ダグラス ジェームズ・グリースン
1952年

硝煙の新天地

  • 1952年5月8日(木)公開
  • 出演(Bessie_Baxter 役)

「タイクーン」のジョン・ウェインが主演する石油採掘の活劇、1943年作品。製作はロバート・ノース、監督は「荒原の征服者」のアルバート・S・ロージェル。トムソン・バーティスのストーリーを彼自身潤色し、エセル・ヒルとエリノア・グリフィンが共同脚色した。撮影は「暗黒の命令」のジャック・マータ、作曲は「シエラ」のウォルター・シャーフ。ウェインをめぐる出演者は「美しき生涯」のマーサ・スコット、「頓馬と金髪娘」のアルバート・デッカー、「暗黒の命令」のジョージ・“ギャビー”ヘイズ、それにマージョリー・ランボー、デール・エヴァンス、グラント・ウィザース、シドニー・ブラックマーら。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ジョン・ウェイン マーサ・スコット アルバート・デッカー ジョージ・ギャビー・ヘイス
1935年

男の魂(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Amy 役)

「女は要らねえ」「藪睨み武勇伝」と同じくエドモンド・ロウとヴィクター・マクラグレンが主演する映画で、ボーデン・チェイスがノエル・ピアース及びレスター・コールと共同脚色し、「バワリイ」「虹の都へ」のラウール・ウォルシュが監督に当たり、「友情の曲線」のL・ウィリアム・オコンネルと共同撮影したもの。助演者は「黒潮に鳴る心」のフローレンス・ライス、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「可愛いマーカちゃん」のチャールズ・ビックフォード、シグ・ルーマン、ロジャー・イムホフ、ジョージ・ウォルシュ等である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴィクター・マクラグレン フローレンス・ライス マージョリー・ランボー
1934年

今日の男性

  • 1934年当年公開
  • 出演(Mme._Azais 役)

「餓ゆるアメリカ」「異人種の争闘」のリチャード・バーセルメスが主演する映画で、ルイ・ブロスフィールドの原作を「真夜中の処女」「紅唇罪あり」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同脚色し、「ドン・キホーテ」「三文オペラ」のG・W・パプストが渡米第1回作品として監督にあたり、「流行の王様」「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「世界は還る」のジーン・ミューア、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール及びドロシー・バージェス、「彼の第六感」のホバート・カヴァナ、「青い部屋」のウィリアム・ジャニー、「紅唇罪あり」のアーサー・ホール、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッジ等である。

監督
G・W・パブスト
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジーン・ミューア マージョリー・ランボー ヴェリー・ティーズデール

頓間パルーカ

  • 1934年当年公開
  • 出演(Mayme_Palooka 役)

「霧笛の波止場」と同じくエドワード・スモールが作製したリライアンス映画でユナイテッド・アーチスツが配給した。「駄法螺男爵」「キートンの麦酒王」のジミー・デュランテ、「薮睨み武勇伝」「コンゴ」のルーペ・ヴェレス、「南風」「春の火遊び」のスチュアート・アーウィンの3人が出演し、「暴走する悪魔」のベンジャミン・ストロフが監督した映画である。脚色は「舗道の雨」のガートルード・パーセルと「ママはパパが好き」のアーサー・コーバーがジャック・ジェヴンと協力してハム・フィッシャー作の連続漫画から組み立てたもので、撮影は「透明人間」と同じくアーサー・エディソンが行った。助演者中主な人々は「冷蔵庫の赤ん坊」のロバート・アームストロング、ウィリアム・キャグニー、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「土曜日の観衆」のメアリー・カーライル、「めりけん音頭」のセルマ・トッド、等である。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
ジミー・デュランテ ルーペ・ヴェレス スチュアート・アーウィン マージョリー・ランボー
1933年

青空天国

  • 1933年当年公開
  • 出演(Flossie 役)

「戦場よさらば」「秘密」を物したフランク・ボーゼージのコロンビア入社第1回監督作品で、ローレンス・ハザードの短編小説を「アメリカの暴露」「戦時特派員」のジョー・スワーリングが脚色したもの。主演者は「春なき二万年」「金髪乱れて」のスペンサー・トレイシーと「ブタペストの動物園」「真夜中の処女」のローレッタ・ヤングで、「一日だけの淑女」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「女性暴君」「絶対の秘密」のマージョリー・ランボー、「一日だけの淑女」「女性二重奏」のグレンダ・ファレル、「獣人島」のアーサー・ホール等が助演している。撮影は「十三日の殺人」「沈黙の鐙人」のジョセフ・オーガストの担当である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ロレッタ・ヤング グレンダ・ファレル ウォルター・コノリー

女性暴君

  • 1933年当年公開
  • 出演(Hippolyta 役)

「ブダペストの動物園」と同じくラスキー作品で「地獄特急」「暴君ネロ(1932)」のエリッサ・ランディが、「闇の口笛」のアーネスト・トルエックス、「お仰いましたわネ」「ミイラ再生」の、デイヴィッド・マナース、「笑う罪人」「沈黙(1931)」のマージョリー・ランボーと共演するもの。ジュリアン・トンプソン作の舞台喜劇に基づいて「快走艇」「キートンの歌劇王」のラルフ・スペンスが脚色して台詞を書き添え、「嵐の国のテス(1932)」「あめりか祭」のソニア・レヴィーンが台本を作製し、ウォルター・ラングが監督に当たり、「嵐の国のテス(1932)」「あめりか祭」のハル・モーアが撮影した。助演者はオリンピック女流水泳選手ヘレン・マジソン、「第一年」のモード・エバーン、「六月十三日の夜」のヘレン・ウェーア、「暴君ネロ(1932)」のフェルディナンド・ゴットシャルク、タイニー・サンドフォード等。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
エリッサ・ランディ マージョリー・ランボー アーネスト・トルエックス デイヴィッド・マナース

絶対の秘密

  • 1933年当年公開
  • 出演(Annie 役)

「七万人の目撃者」と同じくラルフ・マーフィーが監督したもので、「拳闘のキャグネー」のウィルスン・ミッズナーとロバート・T・シャノンの原作をウィラード・マックとピートリス・バンヤードが共同で脚色したもの。出演者は「沈黙(1931)」「太平洋爆撃隊」のマージョリー・ランボー、「七万人の目撃者」「春ひらく(1931)」のドロシー・ジョーダン、「ビッグ・マネー」のエディ・クィラン、「仮面の米国」のエドワード・エリス、「追いつめられた女」のルイス・カルハーン、「タクシー」のドロシー・バージェス、「デリシャス」のオリーヴ・テル、「闇に踊る(1932)」のデイヴィッド・ジェニングス等で撮影はミルトン・クラスナーの担当である。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
マージョリー・ランボー エドワード・エリス ドロシー・ジョーダン エディ・クィラン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マージョリー・ランボー