映画-Movie Walker > 人物を探す > スペンサー・トレイシー

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1968年 まで合計49映画作品)

1932年

真実の力

  • 1932年当年公開
  • 出演(Dick_Fay 役)

「バッド・ガール」「キートンの恋愛指南番」のサリー・アイラースと「速成成金」「氷上の別荘」のスペンサー・トレイシーが共演する映画。「フービー」「女に賭けるな」の原作者ウィリアム・アンソニー・マクガイアの作になるストーリーに基づき「西部戦線異常なし」のデル・アンドリュースが脚色し、ジョン・コンシダインが監督し、「月世界征服(1931)」「目覚めよ感激」のレイ・ジェーンが撮影した。助演者は「各国の女」のエル・ブレンデル、「餓鬼娘」のアラン・ダインハート、ラルフ・ベラミー、ラルフ・モーガンその他である。

監督
ジョン・W・コンシダイン・ジュニア
出演キャスト
サリー・アイラース スペンサー・トレイシー エル・ブレンデル ディッキー・ムーア

赤道を泳ぐ女

  • 1932年当年公開
  • 出演(Tom_Brian 役)

「彼女は金満家がお好き」「罪は若きにあり」のジョン・G・ブライストーンが監督した映画で、アルフレッド・C・ケネディー作の舞台劇“After the Rain”を「デリシャス」のガイ・ボルトンが脚色したものである。主役は「真実の力」「彼女は金満家がお好き」のスペンサー・トレイシーと、「タッチダウン」「頬は薔薇色」のペギー・シャノンで、「デリシャス」のラウル・ロウリン、「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド「明暗二人女」「ミラクルマン(1932)」のアーヴィング・ピチェルが助演している。キャメラは「怪盗往来」「デリシャス」のアーネスト・パーマーの担当である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ペギー・シャノン ウィリアム・ボイド アーヴィング・ピチェル

選手権を目指して

  • 1932年当年公開
  • 出演(Briscor 役)

「ダンス・ティーム」「オーバー・ゼ・ヒル」のジェームズ・ダンが主演する映画でチャールズ・ビーハン作の物語とジョン・フランシス・ラーキンの舞台劇によって「浮気合戦」のエルマー・ハリスが脚色して台詞を書き、「ダンス・ティーム」「娘三人」のシドニー・ランフィールドが監督、「天国の一夜」「国際盗賊ホテル」のジョージ・バーンズが撮影に当たった。共演者は「頬は薔薇色」「沈黙(1931)」のペギー・シャノン、「速成成金」「爆笑世界行脚」のスペンサー・トレイシー、「明日は晴れ」のウォルター、・バイロン、「脱走兵」のバート・ハンロン等である。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ジェームズ・ダン ペギー・シャノン スペンサー・トレイシー ウォルター・バイロン

天国爆撃隊

  • 1932年当年公開
  • 出演(Wilkie 役)

「地獄の天使(1930)」「暗黒街の顔役」と同じくハワード・ヒューズ・プロダクションで、「ロビンソン・クルーソー」「突貫勘太」のエドワード・サザーランドが監督に当たったものである。監督サザーランドが「地獄の天使(1930)」「ワイオミングの男」のジョセフ・モンキュア・マーチと共同で書卸した台本に、マーチがロバート・ベンチリー、ジェームズ・スター、キャロル・グレアム、ギャレット・グレアムと共同して台詞をつけた。撮影は「地獄の天使(1930)」「犯罪王リコ」のガエタノ・ゴーディオの担当である。出演者は「真実の力」「速成成金」のスペンサー・トレイシー、「群集の喚呼」のアン・ヴォーザーク、「拳骨大売出し」「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド、「脱走兵」「暴露戦術」のジョージ・クーパーを始め、「大西洋横断」のビリー・ビーヴァン「西部戦線異状なし」のヨーラ・ダヴリン、フォーレスター・ハーヴェイ、ウィリアム・B・デイヴィッドソン等である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ウィリアム・ボイド ジョージ・クーパー アン・ヴォーザーク

春なき二万年

  • 1932年当年公開
  • 出演(Tom_Connors 役)

ニューヨーク州シンシン刑務所の典獄ウォーデン・ルイス・E・ロウス氏著の「シンシンの二万年」を映画化したもので、「速成成金」「影を持つ女」のコートネー・ターレットと「無冠の帝王」「裁かれる魂」のロバート・ロードが改作し、「マルタの鷹(1931)」のブラウン・ホームズとウィルソン・ミズナーが共同脚色し「ドクターX」「ブレナー博士」のマイケル・カーティズが監督に当たり、「シスコ・キッド(1931)」「狂へる天才」のバーニー・マクギルが撮影した。主役は「ヤング・アメリカ」「選手権目指して」のスペンサー・トレイシーで。「母」「母性」のベティ・デイヴィス、「誰だ犯人は?」のウォーレン・ハイマー、アーサー・バイロン「腕の男」のルイス・カルハーン、ライル・タルポット、グラント・ミッチェル、シーラ・テリー、スペンサー・チャータース等が助演。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ベティ・デイヴィス ライル・タルボット シーラ・テリー

ヤング・アメリカ

  • 1932年当年公開
  • 出演(Jack_Doray 役)

「バッド・ガール」「ほほえみの街」のフランク・ボーゼージが監督した映画で、「オーバー・ゼ・ヒル」に出演したトミイ・コンロンが主役を勤め、「選手権目指して」「真実の力」のスペンサー・トレイシー、「農園のレベッカ」「十三号室の女」のラルフ・ベラミー、「支配する声」「シンガポール航路」のドリス・ケニヨンが共演するほか、ベリン・マーサー、レイモンド・ボーゼージ等が助演している。原作はジョン・フレデリック・バラードの舞台劇で、「狂へる銀翼」「踊る姉妹」のウィリアム・コンセルマンが脚色に当たった。撮影は「渓谷の狼児」「曠原の伊達男」のジョージ・フュナイダーマンの担当である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ドリス・ケニヨン トミー・コンロン ラルフ・ベラミー
1931年

速成成金

  • 1931年当年公開
  • 出演(Bugs_Raymond 役)

「地獄の一丁目」の原作を書いたローランド・ブラウンが監督した処女作品で、ブラウンはコートネー・ターレットと共同して原作脚色し、さらに出演俳優ジョン・レイと3人で台詞を書いたもの。主役は「河上の別荘」「爆笑世界行脚」のスペンサー・トレイシーで、「ビッグ・トレイル(1930)」「拳銃の洗礼」のマーゲリット・チャーチル、「キートンの決死隊」「恋愛指南番」のササリー・アイラース、「愉快な武士道」「河上の別荘」のロバート・バーンズ、「紐青の囁き」「西部戦線異常なし」のジョン・レイ、ワーナー・リッチモンド、ジョージ・ラフト等が助演している。カメラは「妾は貴方のものなのよ」「河上の別荘」のジョセフ・オーガストがクランクした。

監督
ローランド・ブラウン
出演キャスト
スペンサー・トレイシー マーゲリット・チャーチル サリー・アイラース ロバート・バーンズ

爆笑世界行脚

  • 1931年当年公開
  • 出演(Bill 役)

「河上の別荘」と同じくスペンサー・トレイシーとウォーレン・ハイマーが共演する喜劇で、「地獄の天使(1930)」のジーン・ハーロウが相手役を勤め、リナ・バスケット、レイラ・カーネリー、アイヴァン・リノウ、マリア・アルバ等が助演しているジーン・タウンとポール・ペレスが書き下ろした台本により「ルンペンの天国」のベンジャミン・ストロフが監督し、「愉快な武士道」のアーネスト・パーマーが撮影した。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ウォーレン・ハイマー ジーン・ハーロウ リナ・バスケット

河上の別荘

  • 1931年5月7日(木)公開
  • 出演(St._Louis 役)

舞台から来たスペンサー・トレイシーと「曠野に叫ぶ(1930)」「最後の一人」のウォーレン・ハイマーの共演映画でモーリン・ワトキンスが原作、脚色並びに台詞を付し、「最後の一人」「最敬礼」のジョン・フォードが監督し、「最後の一人」「名物三羽鳥」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は舞台出のハンフリー・ボガート、クレア・ルース、シャロン・リン、ノール・フランシス、ウィリアム・コリアー・シニアなどである。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ウォーレン・ハイマー ハンフリー・ボガート クレア・ルース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スペンサー・トレイシー