映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・アーヴィング

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1950年 まで合計50映画作品)

1926年

沙漠颪(1926)

  • 1926年当年公開
  • 出演(Richard_Stanton_Gale 役)

「滅び行く民族」「白馬王国」と同じくゼーン・グレイ氏の物語りをジョージ・B・サイツ氏が監督したもので脚色者はルシエン・ハバード氏。主役は「ある乞食の話」「可愛いフランス娘」出演のニール・ハミルトン氏と「卑怯者」等出演のシャーリー・メイスン嬢並びに「結びの神も思案投首」等出演のロバート・フレイザー氏及び「海馬」等出演のウィリアム・パウエル氏で、ジョセフ・スウィッカード氏、ジョージ・アーヴィング氏、エディ・グリッボン氏等が助演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ニール・ハミルトン シャーリー・メイスン ロバート・フレイザー ウィリアム・パウエル

3悪人

  • 1926年当年公開
  • 出演(General_Neville 役)

フォックス社が「アイアン・ホース」以上をモットーとして製作した特作映画で1870年代のダコタ州土地解放時代を背景とした仁侠と恋との物語たるハーマン・ホイッテイカー氏作の「国境越えて」を映画化したものである。脚色はジョン・ストーン氏の筆になり「アイアン・ホース」「雪辱の大快戦」等と同じくジョン・フォード氏が監督し、ジョージ・オプライエン氏が主演したもので、相手役は「無果実の葉」「奮い起つ快男児」出演のオリーヴ・ボーデン嬢が勤め、ルー・テリジェン氏が敵役を演じ、3人の悪人にはトム・サンテ氏、フランク・カンポー氏及びジョー・ファレル・マクドナルド氏が扮する。その他プリシラ・ボナー嬢、ジェイ・ハント氏、アレック・B・フランシス氏及びフィリス・ヘイヴァー嬢等が助演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ジョージ・オブライエン オリーヴ・ボーデン ルー・テリジェン J・ファーレル・マクドナルド

肉弾王

  • 1926年当年公開
  • 出演(Thomas_DeQuincy 役)

ジョンストン・マッカレー氏作の小説をジョージ・B・サイツ氏とグラディス・レーマン女史とが脚色し、「滅び行く民族」「白馬王国」等と同じくジョージ・B・サイツ氏が監督シたもので、「断髪恥ずかし」「愛の迷い路」等出演のケネス・ハーラン氏と「奇跡の薔薇」「陶酔の毒盃」等出演のヴァイオラ・ダナ嬢とが主演している。ジョージ・アーヴィング氏、デウィット・ジュニングス氏、フランク・ハグニー氏等が出演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ケネス・ハーラン ヴァイオラ・ダナ ジョージ・アーヴィング デウィット・ジェニングス
1925年

親心子心

  • 1925年当年公開
  • 出演(Bernard_Ingals 役)

かつてニューヨークビジュー座に上演されたルイス・ビーチ氏作の戯曲を映画化したもので「紅ばらの唄」「眠らぬ街」と同じくウォルター・ウッズ氏とアンソニー・コールドウェイ氏とが脚色し、ジェームゥ・クルーズ氏が監督した喜劇である。「ピンチヒッター」「我が子」等出演のコンスタンス・ベネット嬢、「美女競艶」「女軍撃退」等出演のエスター・ラルストン嬢、マートル・ステッドマン嬢、ジョージ・アーヴィング氏、エドワード・ピール・ジュニア氏、等が共演している他ガートルード・クレアー嬢も出演する。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
コンスタンス・ベネット マートル・ステッドマン ジョージ・アーヴィング エスター・ロールストン
1924年

荒野の放浪者

  • 1924年当年公開
  • 出演(Mr._Virey 役)

「恋の睡蓮」と同じテクニカラー法によって全篇を撮影されたもので、原作は「最後の一人迄(1923)」「虹の山道」等を書いたゼーン・グレイで、これをジョージ・ハルとヴィクター・アーヴィンが脚色し、「濃霧を衝いて」「怒涛の裁き」等と同じくアーヴィン・V・ウィラットが監督した。主役「悪魔の眠る時」「有閑階級」等出演のジャック・ホルトで、「若人よ永遠に」「怒涛の裁き」等出演のウィラット夫人なるビリー・ダヴが対手をしている。その他老巧なノアー・ビアリー、キャスリン・ウィリアムス等も主要な役を演じている。アリゾナの渓谷とキャリフォルニアのデス・ヴァレイを背景として撮影された大活劇である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ジャック・ホルト ノア・ビアリー ジョージ・アーヴィング キャスリン・ウィリアムス

北緯三十六度

  • 1924年当年公開
  • 出演(Pattison 役)

エマーソン・ホウ氏の同名小説をジェームズ・シェリー・ハミルトン氏が脚色し「激闘の天地」「荒野の放浪者」等と同じくアーヴィン・ウィトラット氏が監督したもので「荒野の放浪者」「有閑階級」のジャック・ホルト氏が主演し「幌馬車」「懐しの谿」のロイス・ウィルソン嬢、「懦夫奮起せば」「干潮」のノア・ビアリー氏等も出演している西部開拓劇である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ジャック・ホルト アーネスト・トーレンス ロイス・ウィルソン ノア・ビアリー
1923年

都の渦巻

  • 1923年当年公開
  • 監督

「酒場の十夜」を作ったプレイズド・トレイル・プロダクションの第2回作品で、アロウ会社から発売されたもの。前同様L・ケース・ラッセルの脚色になり、監督は今度はジョージ・アーヴィングである。「酒場の十夜」主演のジョン・ローウェル及びベビー・アイヴィー・ワードが主役である。

監督
ジョージ・アーヴィング
出演キャスト
ジョン・ローウェル ベビー・アイヴィー・ワード ジェーン・トーマス Charles Beyer
1921年

巌窟の奇縁

  • 1921年当年公開
  • 監督

チャールズ・W・ゴッダード氏及びポール・ディッキー氏共作の舞台劇をロイス・ゼリナー女史が脚色し、ジョージ・アーヴィング氏が監督した人情劇で、バート・ライテル氏の主演である。対手は新進のルシー・コットン嬢である。劇中ナポレオンだと信じている精神障害者に扮するフランク・カリアー氏のために喜劇味が大いに唆られるそうである。『ライテル氏の性格はこのような役には完全に適合したものではないが、彼の演技の巧妙さは非難の打ちどころのない出来である。見ていて愉快な映画である。』とはニュース誌の評。

監督
ジョージ・アーヴィング
出演キャスト
バート・ライテル ルシー・コットン フランク・カリアー Stephen Grattan
1919年

銀髪王

  • 1919年当年公開
  • 監督

「虚言」の作者ヘンリー・アーサー・ジョーンズ卿の原作で、主役は馴染少きウィリアム・フェーヴァーシャム氏と「正義の囁き」出演のバーバラ・キャッスルトン嬢である。

監督
ジョージ・アーヴィング
出演キャスト
ウィリアム・フェーヴァーシャム バーバラ・キャッスルトン ナディア・グレイ Lawrence Johnson
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・アーヴィング