TOP > 人物を探す > ピーター・ハリウッド

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2003年 まで合計6映画作品)

2003年

えびボクサー

  • 2003年7月26日(土)
  • 編集

奇想天外な設定が話題を呼んでいる珍味なコメディ。巨大エビを金儲けに利用しようとする人々の受難が、バカバカしい展開、チープな特撮で描かれ爆笑・苦笑の連続!

監督
マーク・ロック
出演キャスト
ケヴィン・マクナリー ペリー・フィッツパトリック ルイーズ・マーデンボロー マドハブ・シャマ
1998年

夏の夜の夢(1996)

  • 1998年8月10日(月)
  • 編集

文豪シェイクスピアの同名戯曲(邦訳・白水社など)の映画化。監督・脚本はRSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)出身の舞台演出家エイドリアン・ノーブルで、本作が映画デビュー作。撮影は「Emma エマ」のイアン・ウィルソン。音楽は「ハンガー」のハワード・ブレイク。出演は新人オシーン・ジョーンズのほか、RSCからアレックス・ジェニングス、デズモンド・バーリットらが参加。

監督
エイドリアン・ノーブル
出演キャスト
アレックス・ジェニングス リンジー・ダンカン デズモンド・バリット バリー・リンチ
1993年

サラフィナ!

  • 1993年7月3日(土)
  • 編集

ブロードウェイでロングラン公演され、世界的にヒットした反アパルトヘイト・ミュージカルの映画化。監督は南アフリカ出身の若手監督ダレル・ジェームス・ルート。製作はアナン・サイン。エグゼクティヴ・プロデューサーはカーク・ダミコとスディール・プラグジー。舞台版の作者ムボンゲニ・ンゲマがウィリアム・ニコルソンと共同で脚本を執筆。撮影はマーク・ヴィセント。音楽はンゲマと作詞のヒュー・マセケラ。「ディア・ハンター」のスタンリー・マイヤーズが担当。主演は「天使にラブソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ、舞台版のオリジナルメンバーのレレティ・クマロ。ほかに伝説的歌手のミリアム・マケバらが共演。

監督
ダレル・ジェームス・ルート
出演キャスト
ウーピー・ゴールドバーグ レレティ・クマロ ミリアム・マケバ ボンゲニ・ンゲマ
1989年

バロン

  • 1989年6月24日(土)
  • 編集

18世紀の伝説的人物バロン・ミュンヒハウゼンの活躍を描くファンタジー・アドヴェンチャー。エグゼキュティヴ・プロデューサーはジェイク・エバーツ、製作はトーマス・シューリー、監督・脚本は「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアム、共同脚本はチャールズ・マッケオン、撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽は「ダイ・ハード」のマイケル・ケイメンが担当。出演はジョン・ネヴィル、エリック・アイドルほか。

監督
テリー・ギリアム
出演キャスト
ジョン・ネヴィル エリック・アイドル サラ・ポーリー オリヴァー・リード
1987年

サイレント・ボイス 愛を虹にのせて

  • 1987年10月24日(土)
  • 編集

核全廃を訴えた少年の主張が、米ソ両首脳を動かすまでを描くファンタジー。エグゼクティヴ・プロデューサーはロジャー・M・ロススタイン、脚本と製作はデイヴィッド・フィールド、監督は「ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー」のマイク・ニューウェル、撮影はロバート・エルスウィット、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。出演はジョシュア・ゼルキー、アレックス・イングリッシュなど。本国公開題名は“Amazing Grace and Chuck”

監督
マイク・ニューウェル
出演キャスト
ジョシュア・ゼルキー アレックス・イングリッシュ ジェイミー・リー・カーティス グレゴリー・ペック
1985年

サンタクロース

  • 1985年12月7日(土)
  • 編集

クリスマス・イヴになるとやって来ると言われる伝説の人物サンタクロースが悪人の手から世界の子供たちを守る姿を描く。製作はイリヤ・サルキンドとピエール・スペングラー、監督は「スーパーガール」のジャノー・シュワーク。デイヴィッド&レスリー・ニューマンの原作を基にデイヴィッドが脚色。撮影はアーサー・イベットソン、音楽はヘンリー・マンシーニが担当。出演はダドリー・ムーアほか。

監督
ヤノット・シュワルツ
出演キャスト
ダドリー・ムーア ジョン・リスゴー デイヴィッド・ハドルストン Santa Claus
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ピーター・ハリウッド