映画-Movie Walker > 人物を探す > ハーラン・ナイト

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1935年 まで合計7映画作品)

1935年

旋風地獄谷

  • 1935年公開
  • 出演(Clem_Morgan 役)

「大金鉱」と同じくレイ・テイラーが監督に当たったバック・ジョーンズ主演の連続映画で、原作エドワード・アール・レップ、脚色は「流星二丁拳銃」の共同脚色者ジョージ・プリンプトン、撮影も「流星二丁拳銃」の共同撮影者ウィリアム・シックナーである。助演者は「愛の隠れ家」のミュリエル・エヴァンス、フランク・マクグリン・シニア、ウォルター・ミラー等。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
バック・ジョーンズ ミュリエル・エヴァンス フランク・マクグリン・シニア ウォルター・ミラー
1933年

最後の一人まで(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(Grandpa_Spelvin 役)

「砂漠の遺産」「森の男(1933)」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリー・ハサウェイ監督ランドルフ・スコット主演の西部劇で、脚色には「幽霊牧場(1933)」「森の男(1933)」のジャック・カニンガムがあたり、撮影は「森の男(1933)」のベン・F・レイノルズが担任している。助演は「南方の放浪者」のエスター・ラルストン、「密林の王者」のバスター・クラブ、「暴風の処女」のジャック・ラルー、「森の男(1933)」のノア・ビアリー及びバートン・マクレーン、新人ミュリエル・カークランド、「彼女の用心棒」のファジィ・ナイト、「動物園の殺人」のゲイル・パトリック、ユージェニー・ベッセラー等である。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ランドルフ・スコット エスター・ロールストン バスター・クラブ ジャック・ラルー

暴風の処女

  • 1933年公開
  • 出演(Pap 役)

「歓呼の涯」「六月十三日の夜」のスティーブン・ロバーツ監督作品で、米国の人気作家ウィリアム・フォークナー作の小説に基いて「市街」「夜の看護婦」のオリヴァー・H.P.ギャレットが脚色に当たった。主役は「極楽特急」「闇に踊る(1932)」のミリアム・ポプキンスが勤め、「追いつめられた女」「巴里の丑満時」のジャック・ラルーを始め、「雨」「百米恋愛自由型」のウィリアム・ガーガン、「ミラクルマン(1932)」「お蝶夫人」のアーヴィング・ピチェル、「シマロン(1931)」「闇に踊る(1932)」のウィリアム・コリアー・ジュニア、「結婚双紙」のフローレンス・エルドリッジ、英国劇壇から招待されて来たガイ・スタンディング卿、「競馬天国」のジェームズ・イーグルス等が助演している。撮影は「暴君ネロ(1932)」「追いつめられた女」のカール・ストラッスの担任である。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス ジャック・ラルー ウィリアム・ガーガン フローレンス・エルドリッジ
1931年

楽園の大河

  • 1931年公開
  • 出演(Preacher_Daniel 役)

「新聞街の殺人」「蹴球大学」のルー・エイヤースが主演する映画で、原作はベン・ルシアン・バーマンの筆になる小説、それを新人レイ・ドリルが映画脚本に改作し、台詞をつけ「蹴球大学]「ビッグ・マネー」のラッセル・マックが監督に当たったもの、助演者は「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のアニタ、ルイズ、「赤新聞」「悪魔が跳び出す」のハリー・ベレスフォード、「陽炎の春」「陽気な中尉さん」のエリザベス・パターソン、「禁酒天国」「掠奪者」のスリム・サマーヴィル、アルフ・P・ジェームズなどでカメラは「仮の塒」のチャールズ・スチュマーが担任。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
ルー・エイヤース アニタ・ルイズ ハリー・ベレスフォード エリザベス・パターソン
1925年

悲恋の勇士

  • 1925年公開
  • 出演(Mr._Jones 役)

T・ハワード・ケリー氏の原作に基づいて、「歩み疲れて」「修羅の闘牛」等と同じくトム・テリス氏が監督したもので、主役は「ピンチ・ヒッター」「小さき巨人」等主演のグレン・ハンター氏が演じ、対手女優は「小さき巨人」「ニューヨークの暗黒面」等出演のエドナ・マーフィ嬢が勤め、ダグラス・ギルモア氏、コラ・ウィリアムス嬢等が助演している。

監督
トム・テリス
出演キャスト
グレン・ハンター エドナ・マーフィ ダグラス・ギルモア Gordon Begg
1924年

自由の旗風(1924)

  • 1924年公開
  • 出演(Pap 役)

ウィリアム・C・デミル氏作のベラスコ当り狂言を映画化したもので、「船に打ち乗り海原さして」等と同じくエルマー・クルフトン氏が監督したものである。主役はパート・ライテル氏の弟ウィルフレッド・ライテル氏と故マーサ・マンスフィールド嬢で、J・バーニー・シェリー氏ウィルバー・フォックス氏、ジョージ・バッカス氏ローズメリー・ヒル嬢等が助演する。

監督
エルマー・クリフトン
出演キャスト
ジョージ・バッカス Dorothy Kingdon ローズメリー・ヒル マーサ・マンスフィールド
1923年

黄昏の孤児

  • 1923年公開
  • 出演(Jake 役)

コリアー週報に掲載されたクラレンス・バディトン・ケランド原作の小説に基づき、フィリップ・ロナーガンが脚色し、新進の監督シェリンダン・ホールが監督の任に当たったもの。主役は「銀の翼」等に出演した事のあるこれも新進のジョセフ・ストライカーと、「船に打乗り海原指して」が最近紹介されたマーゲリット・クールトウの2人で、これの他メアリー・アルデンや子役で有名なジョセフ・デピュー、ミリアム・バティスタ等が出演している。ケンタッキーの山に背景をとった人情劇である。

監督
シェリダン・ホール
出演キャスト
マーゲリット・クールトウ ミリアム・バティスタ ジョセフ・ストライカー ジョセフ・デピュー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハーラン・ナイト