映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフレッド・ギルクス

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1952年 まで合計33映画作品)

1952年

巴里のアメリカ人

  • 1952年5月2日(金)
  • 撮影

1951年度のアカデミー作品賞をはじめ、8つの部門に受賞したテクニカラーのダンス・ミュージカル映画で、ジョージ・ガーシュウィン作曲の「巴里のアメリカ人」を主題とした作品。製作は「ショウ・ボート(1951)」のアーサー・フリード、監督は「若草の頃」「花嫁の父」のヴィンセント・ミネリ、脚本は作曲家出身で、近年M・G・Mと契約「宮廷結婚式」などのシナリオを書いたアラン・ジェイ・ラーナーのオリジナル。使用歌曲はすべてジョージ・ガーシュウィン作曲、アイラ・ガーシュイン作詞のもので、音楽監督はジョニー・グリーンとソウル・キャプラン。撮影監督はアルフレッド・ギルクス、バレー場面の撮影はジョン・アルトン、美術監督はセドリック・ギボンスとプレストン・エイムズが夫々担当する。主演は「踊る大紐育」のジーン・ケリー(この作品の舞踏振付けも担当)と彼がフランスで発見したシャンゼリゼ・バレーの踊り子レスリー・キャロンで、それにフランス人歌手ジョルジュ・ゲタリー、ピアニストのオスカー・レヴァント、ニナ・フォック、ユージン・ボーデンらが出演する。

監督
ヴィンセント・ミネリ
出演キャスト
ジーン・ケリー レスリー・キャロン オスカー・レヴァント ジョルジュ・ゲタリー
1937年

都会の雷鳴

  • 1937年
  • 撮影

「倒れるまで」「バーバリー・コースト」のエドワード・G・ロビンソンが主演し、「ルムバ」「ロジタ」のマリオン・ゲーリングが監督したイギリス映画で、ジャック・E・ジュエルのシナリオ、「幽霊西へ行く」「紅はこべ」のロバート・シャーウッドがアベイン・カンデル、アコス・トルネイと協力して台本を執筆している。相手役は、ドイツ・オーストリアの舞台女優ルリー・デステを筆頭に、「進め龍騎兵」「虚栄の市」のナイジェル・ブルース、「小公子」「永遠に愛せよ」のコンスタンス・コリアー、「奇蹟人間」「来るべき世界」のラルフ・リチャードソン、其の他ナンシー・バーン、チャールズ・ビリー・ブレイ、等が出演している。撮影は「人生は四十二から」「ロイドの牛乳屋」のアルフレッド・ギルクスの担任である。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ナイジェル・ブルース コンスタンス・コリアー ルリー・デステ

ブラウンの空中戦

  • 1937年
  • 撮影

「ブラウンの誕生日」に次ぐジョー・E・ブラウン主演映画で、「お化けトラクター」のリチャード・マコーレイが自らの原作をリチャード・フローノイと協力脚色し、「死の本塁打」「土曜日の大観衆」のエドワード・セジウィックが監督に当たり、「ロイドの牛乳屋」のアル・ギルクスが撮影したものである。助演者は「お化けトラクター」のガイ・キッピー、「悪魔島脱出」のフローレンス・ライス、「嵐の翼」のヴィントン・ハワース、「息子の顔」のアンソニー・ネイス、等である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ガイ・キッビー フローレンス・ライス ヴィントン・ハワース
1936年

ロイドの牛乳屋

  • 1936年
  • 撮影

「ロイドの活動狂」「ロイドの大勝利」に次ぐハロルド・ロイド主演映画。リンルートとハリー・クローク合作の舞台劇を、「ベンガルの槍騎兵」のグローヴァー・ジョーンズ、「お嬢様お耳拝借」のフランク・バトラー及びロイド会社専属のリチャード・コネルが共同脚色し、「人生は42から」「カンターの闘牛師」のレオ・マッケリーが監督に当たり、「南瓜サラリーマン」「録鼠流線型」のアルフレッド・ギルクスが撮影した。助演者は「ゴールド・ディガース36年」のアドルフ・マンジュウ、「愛の岐路」のヴェリー・ティーズデール、「生命の雑踏」のヘレン・マック、「恐怖の四人」のウィリアム・ガーガン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、「ホワイト・パレード」のドロシー・ウイルスン、ライオネル・スタンダー等である。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
ハロルド・ロイド アドルフ・マンジュウ ヴェリー・ティーズデール ヘレン・マック

武装せる市街

  • 1936年
  • 撮影

「春を手さぐる」のラルフ・ベラミー、舞台から来た新人女優キャサリン・ロック「家族一連隊」のデイヴィッド・ホルト、「愛の弾丸」のアンディ・クライド、「二国旗の下に」のオンスロー・スティーヴンス、「愛と光」のパーネル・プラット等が主演する映画で、ルシアン・ケイリーの原作を「悪魔の疾走」のマドレーン・ルースベンが脚色し編集者から監督に昇進したスチュアート・ハイスラーが監督にあたり、「悪魔の疾走」のアルフレッド・ギルクスが撮影したもの。

監督
スチュアート・ハイスラー
出演キャスト
ラルフ・ベラミー キャサリン・ロック デイヴィッド・ホルト アンディ・クライド

悪魔の疾走

  • 1936年
  • 撮影

「薔薇はなぜ紅い」「モヒカン族の最後(1936)」のランドルフ・スコット、「過去から来た男」「結婚十分前」のフランセス・ドレイク、「さらば海軍兵学校」「森の勇者」のトム・ブラウンが主演する映画で、セオドア・リーヴスとマデレーン・ルーヴェンとが原作し、「薔薇色遊覧船」のジョセフ・モンキュア・マーチが脚色し、「最後の駐屯兵」「少年ドン・キホーテ」のチャールズ・バートンが監督し、「蒼空一万里」のアルフレッド・ギルクスが撮影した。助演は「丘の一本松」のファジー・ナイト、「姫君海を渡る」のポーター・ホール、「化石の森」のジョセフ・ソーヤー、オスカー・アッフェル等。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
ランドルフ・スコット フランセス・ドレイク トム・ブラウン ファジー・ナイト

蒼空1万哩

  • 1936年
  • 撮影

飛行冒険家でアメリカのラジオ界の人気者たるジミー・アレンが主演する映画で、ロバート・M・バートとウィルフレッド・ムーア合作の物語を「空飛ぶ悪魔」のバイロン・モーガン、「女罠」のブライアン・マーロウ、アーサー・J・ベックハードの3人が共同脚色し、西部劇監督から昇進したオソー・ラヴァリングが監督に当り、「女罠」のウィリアム・C・メラーと「人生は42から」のアルフレッド・ギルクスが共同撮影した。助演は「ロイドの牛乳屋」のウィリアム・ガーガン、「十字軍」のキャサリン・デミル、「過去から来た男」のケント・テイラー、「舌戦速射砲」のシド・セイラー、ロバート・フィスク、グラント・・ウィザース等及び子役のビリー・リー、ベニー・バートレットの面々である。

監督
オソー・ラヴァリング
出演キャスト
ジミー・アレン ウィリアム・ガーガン キャサリン・デミル ケント・テイラー
1935年

人生は42から

  • 1935年
  • 撮影

米国で愛読されたハリー・レオン・ウィルソン作の小説を映画化したもので、「カレッジ・リズム」のウォルター・デレオンと「接吻とお化粧」のハーラン・トンプソンが共同脚色し、「罪じゃないわよ」「我輩はカモである」のレオ・マッケリーが監督に当たり、「銀鼠流線型」のアルフレッド・ギルックスが撮影した。なお小説改作には「舞台に立つ妻」のハンフリー・ピアソンが任じた。主役は「噫無情」「白い蘭」のチャールズ・ロートンが勤め、「ママはパパが好き」「風の接吻」のメアリー・ボーランド及びチャールズ・ラグルズ、「キャベツ畑のおばさん」のザス・ピッツ、「わが胸は高鳴る」のローランド・ヤング、「獣人島」のリーラ・ハイアムス、モード・エバーン、ルシアン・リトルフィールド等が助演している。なおこれには日本語ダビング版も用意されている。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
チャールズ・ロートン メアリー・ボーランド チャールズ・ラグルズ ザス・ピッツ

南瓜サラリーマン

  • 1935年
  • 撮影

「南瓜とお姫様」「南瓜大当たり」のW・C・フィールズが主演する映画で、チャールズ・ボーグルとサム・ハーディが協力して書き卸し、「三角の月」のレイ・ハリスがサム・ハーディと共同脚色し、「ロイドの活動狂」「足が第一」のクライド・ブラックマンが監督に当たり、「銀鼠流線型」のアルフレッド・ギルクスが撮影した。助演者は「月の宮殿」「嫌疑者」のメアリー・ブライアンを始め、「南瓜大当たり」のキャスリーン・ハワード、「昨日」のグレイディ・サットン、「三日姫君」のルシアン・リトルフィールドその他である。

監督
クライド・ブラックマン
出演キャスト
W・C・フィールズ メアリー・ブライアン キャスリーン・ハワード グレイディ・サットン
1934年

坊やが盗まれた

  • 1934年
  • 撮影

「ゆりかごの唄」に次ぐドロテア・ヴィーク第2回主演映画で、ルパート・ヒューズが書き下ろしたストーリーを、「自由の魂」の原作者アデラ・ロジャース・セント・ジョンが脚色し、ジェーン・スロームが撮影台本を作り、「ブルースを唄う女」「419号室の女」の共同監督アレクサンダー・ホールが単独監督にあたり、「荒浪越えて」「裸一貫(1931)」のアルフレッド・ギルクスが撮影したもの。「紐育・ハリウッド」の出演している返り咲きのアリス・プラディーが共演し、「坊やはお休み」「ブルースを唄う女」のベビイ・レロイ、「ママはパパが好き」「心の青空」のジョージ・バービア、「海の密室」「暴風の処女」のジャック・ラルー、アワ・ギャング喜劇のスター、スパンキー・マクファーランド、「母」のアラン・ヘール「荒浪越えて」のウィリアム・フローリイ等助演。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ドロテア・ヴィーク アリス・ブラディ ベビー・ルロイ ウィリアム・フローリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフレッド・ギルクス