TOP > 人物を探す > バイロン・モーガン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1936年 まで合計32映画作品)

1936年

蒼空1万哩

  • 1936年
  • 脚色

飛行冒険家でアメリカのラジオ界の人気者たるジミー・アレンが主演する映画で、ロバート・M・バートとウィルフレッド・ムーア合作の物語を「空飛ぶ悪魔」のバイロン・モーガン、「女罠」のブライアン・マーロウ、アーサー・J・ベックハードの3人が共同脚色し、西部劇監督から昇進したオソー・ラヴァリングが監督に当り、「女罠」のウィリアム・C・メラーと「人生は42から」のアルフレッド・ギルクスが共同撮影した。助演は「ロイドの牛乳屋」のウィリアム・ガーガン、「十字軍」のキャサリン・デミル、「過去から来た男」のケント・テイラー、「舌戦速射砲」のシド・セイラー、ロバート・フィスク、グラント・・ウィザース等及び子役のビリー・リー、ベニー・バートレットの面々である。

監督
オソー・ラヴァリング
出演キャスト
ジミー・アレン ウィリアム・ガーガン キャサリン・デミル ケント・テイラー
1935年

高飛び成層圏

  • 1935年
  • 脚色

「踊るブロードウェイ」のジャック・ベニーが主演する映画で、「大空の地獄」の脚色者バイロン・モーガンがリュウ・リプトンと協力して書き下ろした台本により「街の果報者」のチャールズ・F・ライズナーが監督し、チャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影した。助演は「港に異常なし」のユーナ・マーケル、「無軌道行進曲」のテッド・ヒーリーおよびナット・ペンドルトン、「魔の超特急」のメアリー・カーライル、「悪夢」のハーヴェイ・スティーブンス、「一対二」のグラント・ハッチェルその他である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
ジャック・ベニー テッド・ヒーリー ウナ・マーケル ナット・ペンドルトン
1934年

女装陸戦隊

  • 1934年
  • 脚色

「轟く天地」「森の男(1933)」等のヘンリー・ハサウェイが西部劇を卒業して監督にあたった映画で、「冷蔵庫の赤ん坊」「麦畑を荒らす者」のリチャード・アーレンが「美人探し」のアイダ・ルピーノと「ある日曜日の午後」のロスコー・カーンスを相手に出演するもの。原作はフィリップ・ワイリーが執筆し、脚色には「快走艇」のバイロン・モーガンがジョール・セイヤーと共同した。撮影は「森の男(1933)」「轟く天地」のベン・F・レイノルズの担当。助演者は「女難アパート」のグレイス・ブラッドリー、「轟く天地」のモント・ブルー、「新世紀」のファジー・ナイト、「美人探し」のトビー・ウィング等。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
リチャード・アーレン アイダ・ルピノ ロスコー・カーンス グレース・ブラッドリー

大空の地獄

  • 1934年
  • 脚本

「歓呼の嵐」「流れる青空」のワーナー・バクスターが主演する映画で、ハーマン・ロスマン作の舞台劇「名飛行士」に基づいて「快走艇」のバイロン・モーガンがデッド・パーソンスと共同脚色し「裏切る唇」「狂乱の上海」のジョン・G・ブライストーンが監督に当たり、「勝利の朝」「不思議の国のアリス(1933)」のバート・グレノンが撮影した。助演者は「「武道一代」のコンチタ・モンテネグロ、「かたみの傑作」のラッセル・ハーディー、「真夜中の処女」のアンディ・デヴァイン、「これぞ幸運」のハーバート・マンディン、「ますらを」のラルフ・モーガン、ウィリアム・ステリング、ヴィンス・バーネットその他である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ワーナー・バクスター コンチタ・モンテネグロ ラッセル・ハーディー ハーバート・マンディン
1933年

空飛ぶ悪魔

  • 1933年
  • 脚色

かつて飛行語り新聞記者だったラッセル・J・バードウェルが監督した映画で、ルイス・スティーヴンスが書き下ろした物語を自ら「快走艇」のバイロン・モーガンと共同して脚色したもの。主なる出演者は「奈落の青空」「生の創め」のエリック・リンデン、「幸運の悪魔」「キング・コング(1933)」のブルース・キャボット、「奈落の青空」「頓珍漢嫁探し」のアーリン・ジャッジ「海の荒鷲(1933)」「魔の海底」のラルフ・ベラミー「当たって砕けろ」「快走艇」のクリフ・エドワーズ等で、ジェーン・ブルースター、フランク・ラルウも出演している。カメラは「熱血撮影隊」のニコラス・ミュスラカの担当である。なおこの映画は役割所載の如く、新劇俳優連によって日本語の台詞をダビングしたものである。

監督
ラッセル・J・バードウェル
出演キャスト
アーリン・ジャッジ ブルース・キャボット エリック・リンデン ラルフ・ベラミー

極楽発展倶楽部

  • 1933年
  • 原作、脚色

「快賊ディアボロ」「極楽兵隊さん」と同じくスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー主演喜劇で、フランク・クレイヴンとバイロン・モーガンが書卸した台本により「頓珍漢外交ゼネバ行」「七月の肌着」のウィリアム・サイターが監督し、ケネス・ピーチが撮影した。助演は短篇喜劇スターのチャーリー・チェースを始め、メイ・プッシュ、ドロシー・クリスティー、ルシアン・リトルフィールド等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー チャーリー・チェース メイ・ブッシュ
1932年

快走艇

  • 1932年
  • 脚色

「メリケン押切帳」「裸一貫(1931)」と同じくウィリアム・ヘインズが主演する映画でE・J・ラスの原作に基づき「特集社会面」「支配する声」のバイロン・モーガンが「キートンの歌劇王」のラルフ・スペンスと共同して脚色し、「僕の武勇伝」「燃ゆる海原」のハリー・ポラードが監督に当たり、「太平洋爆撃隊」「若き血に燃ゆる頃」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。助演者は「若き血に燃ゆる頃」「戦く幻影」のマッジ・エヴァンスを始め「太平洋爆撃隊」「マデロンの悲劇」のクリフ・エドワーズ、「コンゴ」「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「海底マラソン」のアーサー・バイロン、「お気に召すまま」のウォーバートン・ギャンブル、アルバート・グラン、ケネス・トンプソン等という顔ぶれである。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ マッジ・エヴァンス コンラッド・ネーゲル アーサー・バイロン
1931年

特集社会面

  • 1931年
  • 脚本

ルイ・ワイツェンコーンの手になる戯曲を「世界の與太者」のバイロン・モガンが映画劇に改作し「無冠の帝王」のロバート・ロードが脚色の筆をとり「犯罪王リコ」「女が第一」のマーヴィン・ルロイが監督したもので主なる出演者は「犯罪王リコ」「夜の大統領」のエドワード・G・ロビンソン、「悪魔スヴェンガリ」のマリアン・マーシュ、「リリオム」のH・B・ワーナー、アンソニー・ブッシェル、ジョージ・E・ストーン、オスカー・アッフェルなど。カメラは「繁昌娘」「プロ青年とブル娘」のソル・ポリートが担当。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン H・B・ワーナー マリアン・マーシュ アンソニー・ブッシェル

支配する声

  • 1931年
  • 台詞

「都会の世紀末」「光に叛く者」のウォルター・ヒューストンが主演する映画で原作は「ワイオミングの男」「放浪船」の監督者ローランド・V・リーとが共力して書き、「繁昌娘」のロバート・ロードが脚色し、「特集社会面」のバイロン・モーガンが台詞を執筆、ローランド・V・リー自らメガフォンをとったもので助演者は「繁昌娘」「キスメット(1930)」のロレッタ・ヤング、「シンガポール航路」のドリス・ケミヨン、「愛する権利(1930)」のデイヴィッド・マナース、ジョン・ハリデイ等でキャメラは「特集社会面」「繁昌娘」のソル・ボリトが担当。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン ロレッタ・ヤング ドリス・ケニヨン デイヴィッド・マナース

最後の偵察

  • 1931年
  • 脚本

「無冠の帝王」に次ぐリチャード・バーセルメス主演映画で、「暁の偵察」と同じくジョン・モンク・ソーンダース氏が自作を脚色して台詞をつけ、「特集社会面」のバイロン・モーガンが台本を作り、かつて「裏町の怪老窟」「激流の哀曲」等に出演したウィリアム・ディーターレがワーナー社の監督者に招聘されて最初にものした映画である。助演者は「緑の処女地」のジョン・マック・ブラウン、「キスメット(1930)」のでデヴィッド・マナース、「スポーツ王国」のエリオット・ニュージェント、「目醒め」のウォルター・バイロン、「あけぼの」のヘレン・チャンドラーという錚々たる連中である。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
リチャード・バーセルメス デイヴィッド・マナース ジョン・マック・ブラウン ヘレン・チャンドラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/16更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > バイロン・モーガン

ムービーウォーカー 上へ戻る