TOP > 人物を探す > E・H・カルヴァート

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1934年 まで合計32映画作品)

1934年

花嫁は泣きました

  • 1934年
  • 出演(George_Randolpy 役)

「土曜日の大観衆」「キートンの麦酒王」のエドワード・セジウィックが監督した映画で、「めりけん音頭」のジャック・ヘイリーが「風の接吻」のメアリー・ボーランド、「プラウンのサーカス」のパトリシア・エリス、「ターザンの復讐」のニール・ハミルトン、「第三の恋」のイザベル・ジュウェルと共演する。原作はリチャード・フローノイの筆になり、「肉体」のレナード・プラスキンスと「麦畑を奪う者」のケイシー・ロビンソンが共同脚色した。撮影は「不思議の国のアリス(1933)」「ビール万歳」のヘンリー・シャープの担当である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ジャック・ヘイリー メアリー・ボーランド パトリシア・エリス ニール・ハミルトン
1932年

白馬王国

  • 1932年
  • 出演(Sheriff 役)

甞てサイレントとして製作されたことのあるゼーン・グレイ作の小説のトーキー化で「空の花嫁」でデビューした新人ランドルフ・スコットが主演する西部劇である。脚色にはハロルド・シューメイトとフランク・ハワード・クラークが共同して当たり、監督も新人のヘンリー・ハサウェイが当たっている。撮影は「スーキー」「タッチダウン」のアーサー・L・トッドの担当。助演者は「蹴球大学」「アナベル情事」のサリー・ブレーン「テキサス無頼漢」「闘う隊商」のフレッド・コーラー、「アメリカの悲劇」「ブレナー博士」のルシル・ラ・ヴァーン、「六月十三日の夜」のチャーレー・グレイブウィン、ジム・ソープ、ジェームズ・ブッシュ、E・H・カルヴァート等である。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ランドルフ・スコット サリー・ブレーン フレッド・コーラー ルシル・ラ・ヴァーン

極楽兵隊さん

  • 1932年
  • 出演

「極楽二人組」と同じくスタン・ローレルとオリヴァー・ハーディーが主演する喜劇でホール・ローチ作品である。「極楽二人組」のH・M・ウォーカーが台詞を書いたローチ脚本部合作のシナリオによってジョージ・マーシャルとレイ・マッケリーが共同監督し、アート・ロイドが撮影に当たった。助演者は子役のジャッキー・リンを始め、ドナルド・ディラウェイ、ジェームズ・フィンレイソン、チャールズ・ミドルトン、メアリー・カー等。

監督
ジョージ・マーシャル レイ・マッケリー
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー Jackie Lyn ドナルド・ディラウェイ
1931年

滅びゆく凱歌

  • 1931年
  • 出演(Colonel 役)

ホレース・ジャクスン及びジェームズ・グリースン両氏がストーリーを組み立て脚色したものによって「船出の朝」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンが監督し、「海の荒鷲(1933)」「赤ちゃん母さん」のノーバート・ブロディンが撮影した映画で、主なる出演者は「脱走兵物語」「非常警戒」のビル・ボイド、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、「ハア・マン」のジェームズ・グリースン、ラッセル・グリースン、新進マリオン・シリング、「毒瓦斬」のリシー・アルナ、ルー・コディー、フレッド・スコット、メアリー・カー、ウェード・ボトラー、セオドア・フォン・エルツなどである。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ビル・ボイド ザス・ピッツ ルー・コディ マリオン・シリング
1930年

ワイオミングの男

  • 1930年
  • 出演(General_Hunter 役)

「テキサス無宿」「七日間の休暇」と同じくゲイリー・クーパー 氏の主演する映画で原作はジョセフ・モンキュア・マーチ氏とルウ・リプトン氏の筆になったもの、それを「レヴュー結婚」のジョン・V・A・ウィーヴァー氏とアルバート・シェルビー・ル・ヴィノ氏とが脚色し「続フーマンチュー博士」「摩天楼の巨人」のローランド・V・リー氏が監督した。主演者を援けて「愛の医者」「ロマンスの河」ジューン・コリアー嬢、「愛の医者」「男の正体」のモーガン・ファーレイ氏、「青春の幻想」「アリバイ」のレジス・トゥーミー氏、E・H・カルヴァートト氏、メアリー・フォイ嬢、エドワード・ディーリング氏等が出演している。キャメラは「フーマンチュー博士の秘密」「悪魔の日曜日」のハリー・フィッシュベック氏が担任である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ジューン・コリアー レジス・トゥーミー モーガン・ファーレイ

勇者ならでは

  • 1930年
  • 出演(The Colonel 役)

「ヴァージニアン(1929)」「七日間の休暇」に次ぐゲイリー・クーパー氏主演映画で、「狼の唄」「青春狂想曲」のキーン・トンプソン氏が書き卸した原作を「砂丘を越えて」「赤い髪」のアグネス・ブランド・リー女史が脚色し、「スイーティー」「グリーン家の惨劇」をものしたフランク・タトル氏が監督し、「摩天楼の巨人」「青春の幻想」のハリー・フィッシュベック氏が撮影したものである。助演者は「ヴァージニアン(1929)」「快走王」のメアリー・ブライアン嬢、「レヴュー結婚」のフィリップス・ホームス氏、ヴァージニア・ブルース嬢、ジェームズ・ニール氏、フリーマン・ウッド氏、エルダ・フェルケル嬢、ガイ・オリヴァー氏等である。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ゲイリー・クーパー メアリー・ブライアン フィリップス・ホームス ジェームズ・ニール

ベンスン殺人事件

  • 1930年
  • 出演(John_F._X._Markham 役)

「カナリヤ殺人事件」「グリーン家の惨劇」と同じくウィリアム・パウエル氏が主役を勤めるS・S・ヴァン・ダイン原作の探偵小説映画である。脚色監督ともに「グリーン家の惨劇」と同じくバートレット・コーマック氏、フランク・タトル氏がそれぞれ担当し、キャメラは「危険なる楽園」「若き翼」のアーチー・スタウト氏である。助演者は舞台に於いて著名なウィリアム・ボイド氏、「疑惑晴れて」「ハヴァナから来た女」のナタリー・ムーアヘッド嬢、「半分天国」「若き翼」のポール・ルーカス氏、「グリーン家の惨劇」「カナリヤ殺人事件」のユージーン・パレット氏及びE・H・カルヴァート氏、「これぞ天国」のリチャード・タッカー氏、等である。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ウィリアム・ボイド ユージン・ポーレット ポール・ルーカス

爆笑隊従軍記

  • 1930年
  • 出演(General_Hale 役)

「リオ・リタ」に三枚目として共演したバート・ウイーラーとロバート・ウールジーが主演する喜劇で、「ディキシー歌舞曲」のポール・H・スローンが監督に当たったもの。原作はジェームズ・A・クリールマン・ジュニアで、アン・コールドウェルとラルフ・スペンスが詞をつけ、「リオ・リタ」と同じくハリー・ディアニーが作曲した。撮影は「導火線」のニコラス・ミュスラカが担当である。助演者は「選手の後に娘あり」「リオ・リタ」のドロシー・リー、「踊る曲線美」「燃ゆる人魚」のヒュー・トレヴァー、「シマロン(1931)」「王様ごっこ」のエドナ・メイ・オリヴァー、「春ひらく(1931)」のレニ・ステンゲル、新進のロバータ・ロビンソン、ジョージ・マクファーレーン等である。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー ジョン・ルーサーフォード ジョージ・マクファーレーン

拳の王者

  • 1930年
  • 出演(Henderson 役)

「極楽島満員」「スウィーティー」のジャック・オーキー氏のスター昇進第一回主演映画で、オクタヴァス・ロイ・コーエン氏原作の物語に基いてジョセフ・J・マンキーウィッツ氏が書改めて台詞を付け、「勇者ならでは」「砂丘を越えて」のアグネス・ブランド・リー女史が台本をものし、「快走王」「レヴュー結婚」のエドワード・サザーランド氏が監督し「快走王」「高等恋愛術」のアレン・G・シーグラー氏が撮影したものである。助演者は「ヴァージニアン(1929)」「勇者ならでは」のメアリー・ブライアン嬢、「極楽島満員」「高等恋愛術」のスキーツ・ギャラガー氏、「ギャング・ワー」「處女の唇」のオリーヴ・ボーデン嬢、「ココナッツ」のシリル・リング氏、チャールズ・セロン氏、E・H・カルヴァート氏等である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ジャック・オーキー メアリー・ブライアン スキーツ・ギャラガー オリーヴ・ボーデン

恋の素顔

  • 1930年
  • 出演(Dawson 役)

「踊る人生」「女性の敵」のハル・スケリー氏と「レヴュー結婚」「グリーン家の惨劇」のウィリアム・ボウエル氏及び「レヴュー結婚」「サンダーボルト(1929)」のフェイ・レイ嬢が共演する映画で、ミルドレッド・クラム女史作の雑誌小説を「躍る人生」の原作者ジョージ・マンカー・ウォッタース氏と「四枚の羽根」「ヴァージニアン(1929)」の脚色者ハワード・エスタブルック氏とが共同で脚色及び台詞を擔當し、「ダミー」のロバート・ハミルトン氏が監督し、「レビューのパリっ子」「店曝らしの天使」のチャールズ・ラング氏が撮影したものである。助演者は、「青春の幻想」「曲線悩まし」のケイ・フランシス嬢、E・H・カルヴァート氏、ポール・ルーカス氏等である。

監督
ロバート・ミルトン
出演キャスト
ハル・スケリー ウィリアム・パウエル フェイ・レイ ケイ・フランシス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > E・H・カルヴァート

ムービーウォーカー 上へ戻る