TOP > 映画監督・俳優を探す > 山中アラタ

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2020年 まで合計13映画作品)

2020年

狂武蔵

長きにわたり日本のアクション映画に多大な影響を与え続けている「RE:BORN」などの坂口拓主演による、日の目を見ぬまま眠っていた幻のアクション時代劇。たった独りで400人の相手を斬り捨てる伝説の剣豪・宮本武蔵の姿を77分ワンシーン・ワンカットで映し出す。共演は「キングダム」の山﨑賢人、「ある街の高い煙突」の斎藤洋介。監督は「キングダム」のアクション監督を務めた下村勇二。

監督
下村勇二
出演キャスト
TAK∴ 山崎賢人 斎藤洋介 樋浦勉

初恋

  • 2月28日(金)
  • 出演(モニカの父 役)

第72回カンヌ国際映画祭の監督週間に選出された、完全オリジナルで描きだされる三池崇史監督初の恋愛映画。さまざまな事情を抱えた人間たちが流れ込む街・新宿歌舞伎町を舞台に、一人の少女と出会った孤独なプロボクサーがアンダーグラウンドの世界に足を踏み入れていく姿を描く。主演を務める窪田正孝をはじめ、大森南朋や染谷将太、内野聖陽ら豪華キャストが出演する。

監督
三池崇史
出演キャスト
窪田正孝 大森南朋 染谷将太 小西桜子

予定は未定

  • 7月17日(金)
  • 出演

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018国内コンペティション(短編部門)優秀作品賞を獲得した短編ドラマ。40歳を控え独身の純子は、見合いを勧められてもピンと来ない。そんな彼女の元に飛んできた紙飛行機を開くと、それは男性の欄が埋められた婚姻届だった。監督は、企業VPやMVディレクターや、インディーズ映画のスタッフなどとして活動し、2016年より映画制作をはじめた磯部鉄平。主演は、「るろうに剣心」シリーズや「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」などアクション作に多く出演する屋敷紘子。第13回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門入選、福岡インディペンデント映画祭2018 40分ムービー部門最優秀作品賞、杉並ヒーロー映画祭2018ザ・ベストヒーロー賞(屋敷紘子)受賞。2020年6月5日より、同じく磯部鉄平2018年監督作「オーバーナイトウォーク」と同時上映。

監督
磯部鉄平
出演キャスト
屋敷紘子 辰寿広美 南羽真里 時光陸
2019年

幸福な囚人

  • 2019年12月6日(金)
  • 出演(澤田政信 役)

「自由を手にするその日まで」の天野友二朗による初の商業監督作品。無口で不器用な会社員・澤田は、不妊症をきっかけにうつ病になった妻を支えながら、自身も精神を病んでいく。そんななか、自分とは対照的に自信満々の男・岸本が海外企業から転職してくる。出演は、「地獄でなぜ悪い」の山中アラタ、「進撃の巨人」の児玉拓郎、「ジムノペディに乱れる」の小原徳子、「蠱毒 ミートボールマシン」の百合沙。

監督
天野友二朗
出演キャスト
山中アラタ 児玉拓郎 小原徳子 百合沙
2017年

世界を変えなかった不確かな罪

  • 2017年12月9日(土)
  • 出演

自主短編やMVなどを手がけてきた奥田裕介監督が、楽曲『SUMMERTIME』に着想を得て制作した劇場初長編作品。忘れられない罪から逃げてきたピノと過去の罪から逃げ出せないパピコ。二人の人生が交錯するとき、10年前に止まった物語が動き始める。出演は「リュウグウノツカイ」の寉岡萌希、「死んだ目をした少年」の紗都希ほか。全国ゴスペルコンテスト ゴスペル甲子園2015ボーカル部門最優秀賞を受賞しテレビCMなどで注目を集める鈴木瑛美子がカバーした『SUMMERTIME』が主題歌として使われている。

監督
奥田裕介
出演キャスト
寉岡萌希 紗都希 松永有紗 木村知貴

蠱毒 ミートボールマシン

  • 2017年8月19日(土)
  • 出演(警官隊A 役)

2005年の「ミートボールマシン」で特撮・造型を手がけた西村喜廣が監督を務めたバイオレンス映画。取り立て屋の勇次の街は、ある日突然巨大なフラスコに包まれる。フラスコの中の人々は謎の寄生生物に操られた戦闘マシンになり、街中で死闘を繰り広げる。出演は、「HERO」の田中要次、「教科書にないッ!」シリーズの百合沙。サウス・バイ・サウスウエスト2017正式出品作品。

監督
西村喜廣
出演キャスト
田中要次 百合沙 鳥居みゆき 川瀬陽太
2015年

コントロール・オブ・バイオレンス

  • 2015年7月25日(土)
  • 出演(郷田 役)

チンピラとヤクザの全面抗争を描き、コントロールできない人間の暴力性に迫るバイオレンス・アクション。監督・脚本は、「大阪蛇道 Snake of Violence」の石原貴洋。出演は、「狂武蔵」の山中アラタ、「ジョーカー・ゲーム」の渋川清彦。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015正式上映作品。

監督
石原貴洋
出演キャスト
山中アラタ 渋川清彦 屋敷紘子 尚玄

大阪蛇道〜Snake of Violence〜

  • 2015年7月18日(土)
  • 出演

今では主婦、無能ヤクザ、最強無敵ヤクザとなった、かつての幼馴染みたちの運命を描く任侠映画。監督は「大阪外道/OSAKA VIOLENCE」の石原貴洋。出演は、坂口拓、仁科貴、田畑智子ほか。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭×スカパーの制作支援作品の第4弾。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013」ワールドプレミア上映。2013年4月6日より、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された「坂口拓引退興行 男の花道 最後の愛」にて上映。

監督
石原貴洋
出演キャスト
坂口拓 仁科貴 田畑智子 山中アラタ
2013年

狂武蔵(2013)

伝説の剣豪・宮本武蔵を描くアクション時代劇。1シーン1カット長回しで75分間ノンストップで繰り広げられる殺陣が見どころ。監督はアクション監督として活躍中の柄澤功(カラサワイサオ)。出演は、坂口拓、仁科貴、山中アラタ、笈田ヨシ、紅ア太郎ほか。2013年4月6日より、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された「坂口拓引退興行 男の花道 最後の愛」にて上映。

監督
カラサワイサオ
出演キャスト
坂口拓 仁科貴 山中アラタ 笈田ヨシ

地獄でなぜ悪い

  • 2013年9月28日(土)
  • 出演(鈴木剛 役)

鬼才・園子温監督が15年以上も前に執筆していたという脚本に加筆し、映画化したコミカルなアクション。服役していた妻の出所祝いにと、彼女の夢だった、娘を主演にした映画の製作に挑む男と、その言動に巻き込まれていく人々の姿を描く。國村隼、堤真一のほか、園監督作『ヒミズ』で高い評価を浴びた二階堂ふみが娘役を演じる。

監督
園子温
出演キャスト
國村隼 長谷川博己 星野源 二階堂ふみ

関連ニュース

日本公開に先駆けニューヨーク・アジア映画祭で公開された『極道兵器』
熊をも倒した! 無敵の人間『極道兵器』を地でいく坂口拓、ニューヨーカーも驚きの極道ぶりを披露 7月21日 10:45

7月23日(土)から銀座シネパトスで公開される『極道兵器』を引っさげ、主演と監督を務める坂口拓、監督の山口雄大、そして山中アラタが、現在開催中の第10回ニューヨーク・アジア映画祭に登場! 上映前と上映後に登壇し、ファンを…

山中アラタの関連人物

坂口拓  仁科貴  大宮将司  屋敷紘子  百合沙 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 山中アラタ

ムービーウォーカー 上へ戻る