映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・アーヴィン

年代別 映画作品( 1981年 ~ 1997年 まで合計8映画作品)

1997年

バッド・デイズ

  • 1997年11月1日(土)公開
  • 監督

ロサンゼルスを巻き込だ新旧のギャングたちの抗争を描いた本格的なフィルム・ノワール。ジャン=ピエール・メルビル監督の55年作品「賭博師ボブ」を現代風にアレンジした。監督は「湖畔のひと月」のジョン・アーヴィン。製作は「ストーリービル」のエヴゼン・コーラー。脚本はTVシリーズの脚本家として知られるケン・ソラーツ(製作も)。製作総指揮はバー・ポッター。撮影は「トイ・ソルジャー」のトーマス・バースティン。音楽は「ハーモニー」のスティーヴン・エンデルマン、美術はマイケル・ノヴォトニー。編集はマーク・コンテ。衣裳はエデュアルド・カストロ。主演は「レザボアドッグス」「真夏の出来事」のハーヴェイ・カイテル。共演は「スペース・トラッカー」のスティーヴン・ドーフ、「ビューティフル・ガールズ」のティモシー・ハットン、『ロード・オブ・イリュージョン』(V)のファムケ・ヤンセンほか。なお、エリオット・グールドがノンクレジットで出演している。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
ハーヴェイ・カイテル スティーブン・ドーフ ティモシー・ハットン ファムケ・ヤンセン
1996年

湖畔のひと月

  • 1996年3月2日(土)公開
  • 監督

イタリアの高級リゾート地に展開する、熟年カップルの軽妙でロマンチックな恋物語。英国のチェーホフといわれた作家H・E・ベイツの同名小説(本邦未訳)を、英国演劇界の裏方から脚本家に転身したトレヴァー・ペンサムが脚色、「戦争の犬たち」「ロビン・フッド」(91)のジョン・アーヴィンが監督にあたって映画化。製作は英国演劇界の名プロデューサーで、劇映画は「アナザー・カントリー」以来となるロバート・フォックス。エグゼクティブ・プロデューサーは「スモーク」のボブ・ワインスタインとハーヴェイ・ワインスタイン、ドナ・ジグリオッティ。撮影は「ロミオとジュリエット」(68)など数多くの作品で知られるイタリア映画界の名キャメラマン、パスカリーノ・デ・サンティス。音楽は「おっぱいとお月さま」のニコラ・ピオヴァーニが担当。主演は「ジュリア」「リトル・オデッサ」のヴァネッサ・レッドグレイヴで、このところ老いや衰えを強調した役が続いた彼女が、美しい水着姿を含めて久々に若々しさをアピールしている。共演は「ジャッカルの日」「クワイ河からの帰還/戦場にかける橋2」のエドワード・フォックス、「パルプ・フィクション」のユマ・サーマン、イタリアの名優ヴィットリオ・ガスマンの実子ヴィットリオ・ガスマン、そして「ルナ」のベテラン、アリダ・ヴァリほか。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
ヴァネッサ・レッドグレイヴ エドワード・フォックス ユマ・サーマン アリダ・ヴァリ
1994年

フリーフォール

  • 1994年11月4日(金)公開
  • 監督

国際警察の暗殺者リストをめぐる争いに巻き込まれた女流カメラマンの心理を中心に描くサスペンス・アクション。見どころである滝や断崖での高所アクション・シーンは、南アフリカとベネズエラで撮影された。監督は「ハンバーガー・ヒル」のジョン・アーヴィン、製作・脚本はデイヴィッド・ジートとレス・ウェルトン、撮影はヨッシ・ウェイン、音楽はリー・ホールドリッジが担当。出演は「完全犯罪(1994)」のエリック・ロバーツ、「ワイアット・アープ」のジェフ・フェイヒー、「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最後の七日間」のパメラ・ギドリーほか。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
エリック・ロバーツ ジェフ・フェイヒー パメラ・ギドリー Ron Smerczak
1991年

ロビン・フッド(1991・パトリック・バーギン)

  • 1991年4月26日(金)公開
  • 監督

期せずして競作となった「ロビン・フッド」、こちらは先に公開となったパトリック・バーギン主演版。エグゼクティブ・プロデューサーはジョン・マクティアナン、製作はセイラ・ラドリクリフ、監督は「ゴリラ(1986)」のジョン・アーヴィン、脚本はサム・レスニック、ジョン・マッグラスの共同、撮影はジェーソン・リーヘル、音楽をジョッフリー・バーゴンが担当。出演はほかにユマ・サーマンら。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
パトリック・バーギン ユマ・サーマン ジェローン・クラッペ ユルゲン・プロホノフ
1987年

ハンバーガー・ヒル

  • 1987年9月12日(土)公開
  • 監督

ヴェトナムで凄惨な戦闘を強いられた兵士たちの姿を描く。製作はマーシャ・ナサティアと脚本も執筆しているジム・カラバトソス、共同製作はラリー・ド・ワーイ、エグゼクティヴ・プロデユーサーはジェリー・オフセイとデイヴィッド・コルダ、監督は「ゴリラ(1986)」のジョン・アーヴィン、撮影はピーター・マクドナルド、音楽はフィリップ・グラスが担当。出演はアンソニー・バリル、マイケル・P・ボードマンなど。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
アンソニー・バリル マイケル・パトリック・ボードマン ドン・チードル マイケル・ドーラン
1986年

ゴリラ(1986)

  • 1986年9月6日(土)公開
  • 監督

「ターミネーター」「コマンドー」のアーノルド.シュワルツェネッガーがFBI捜査官に扮したアクション映画。製作はマーサ・シュマッチャー、監督は「チャンピオンズ」のジョン・アーヴィン、脚本はゲーリー・M・デュヴォアとノーマン・ウェクスラー、撮影はアレックス・トムソンが担当。出演は他に、キャスリン・ハロルド、ダレン・マックギャヴィン、サム・ワナーメーカーなど。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー キャスリン・ハロルド ダレン・マッガヴィン サム・ワナメーカー
1984年

チャンピオンズ

  • 1984年6月23日(土)公開
  • 監督

ガンを宣告された花形騎手と骨折事故から廃馬に追いやられようとしていた名馬が、共に窮地から立ち直るまでの姿を実話に基づいて描く。製作はピーター・ショウ、監督はジョン・アーヴィン、ボブ・チャンピオンとジョナサン・パウエルの原作(集英社)をエヴァン・ジョーンズが脚色、撮影はロニー・テイラー、音楽はカール・デイヴィスが担当。出演はジョン・ハート、ジュリア・アダムス、エドワード・ウッドワード、ジャン・フランシス、ピーター・バークワースなど。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
ジョン・ハート ジュリア・アダムス エドワード・ウッドワード ジャン・フランシス
1981年

戦争の犬たち(1980・アメリカ)

  • 1981年3月28日(土)公開
  • 監督

西アフリカの黒人独裁国を舞台にイギリスの大資本から依頼された4人の戦争プロたちが現政権転覆のために襲撃をかけるという戦争アクション。製作総指揮はノーマン・ジュイソンとパトリック・パーマー、製作はラリー・ド・ワーイ、監督はTV界出身でこれが劇場映画第1作に当るジョン・アービン。フレデリック・フォーサイスの原作(角川書店刊行)を基にゲイリー・デヴォアとジョージ・マルコが脚色。撮影はジャック・カーディフ、音楽はジョフリー・バーゴン、編集はアンソニー・ギブス、製作デザインはピーター・マリンズが各々担当。出演はクリストファー・ウォーケン、トム・ベレンジャー、コリン・ブレイクリー、ヒュー・ミレース、ポール・フリーマン、ジャン・フランソワ・ステヴナン、ジョージ・W・ハリスなど。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
クリストファー・ウォーケン トム・ベレンジャー コリン・ブレークリー ヒュー・ミレース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・アーヴィン