映画-Movie Walker > 人物を探す > コンスタンス・ビニー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1923年 まで合計4映画作品)

1923年

午前三時

  • 1923年当年公開
  • 出演(Betty_Withrop 役)

有名な流行唄を取入れた映画でマン・ペイジ氏の原作をジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し、「熱血の薔薇」「パリの秘密」等と同じくケネス・ウェップ氏が監督したもので主役は甞て「東三十九番地」「歓喜の黎明」等に主演したコンスタンフ・ビニー嬢で、相手役は「総舐めバーンズ」等に出演していたリチャード・ソーブ氏で、メアリー・カー夫人、ウィリアム・ノートン・ベイリー氏等が助演している。

監督
ケネス・ウェッブ
出演キャスト
コンスタンス・ビニー エドモンド・ブリーズ メアリー・カー エドナ・メイ・オリヴァー
1920年

内証の接吻

  • 1920年当年公開
  • 出演(Felicia_Day 役)、出演(Octavia_her_Mother 役)

ルシル・ヴァン・スライク女史作のLittle Miss By-the-Dayをキャスリン・スチュアート女史が脚色し、ケネス・ウェッブ氏が監督した人情劇で、「愛の試練」出演のコンスタンス・ビニー嬢がリアルアート社に入ってから第2回目の作品である。ビニー嬢は母と娘の2役を演じている。そして嬢お得意のダンスが見られるという。「筋にも演技にもこれといっての山場はないが、甘い可愛い映画である」とニュース誌は評している。

監督
ケネス・ウェッブ
出演キャスト
コンスタンス・ビニー Robert La Roque ジョージ・バッカス Bradley Barker

東三十九番地

  • 1920年当年公開
  • 出演(Penelope_Penn 役)

「歓喜の黎明」等に主演したコンスタンス・ビニー嬢のリアルアート映画で、ラシェル・クロザース氏の舞台劇をキャスリン・スチュアート女史が女史が脚色し、ジョン・S・ロバートソン氏が監督したもので、ビニー嬢が舞台に於いて演じて好評を博した事のある由緒ある映画である。相手役には最近ユ社で売り出したレジナルド・デニー氏が扮ている。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
コンスタンス・ビニー レジナルド・デニー アリソン・スキップワース Lucia Moore
1919年

試練

  • 1919年当年公開
  • 出演(Juliet_Hollis 役)

「義侠のラッフルズ」で紹介されたきりの米国劇檀の大立物ジョン・バリモア氏の作品が、日活の「ジェキル博士とハイド氏」及びこれと2本まで輸入されたことは喜ばしいことである。この劇では、今リアルアート社のスターとなっているコンスタンス・ビニー嬢や、「慕しのケンタッキー」「芸術の妻」等で紹介されたマーシャ・メイノン嬢がバリーモアー氏の相手をしている。劇作は米国の文豪E・フィリップス・オッペンハイム氏で、監督は「ジェキル博士」と同じくジョン・S・ロバートソン氏である。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ジョン・バリモア コンスタンス・ビニー マーシア・メイノン J・W・ジョンストン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > コンスタンス・ビニー