TOP > 映画監督・俳優を探す > ジェームズ・フィンレイソン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1952年 まで合計22映画作品)

1952年

ポーリンの冒険

  • 1952年12月25日(木)
  • 出演(Second_ChefComic 役)

往年の連続映画の女王とうたわれたパール・ホワイトの伝記映画で、テクニカラーの1947年作品。製作はソル・C・シーゲル、監督は「愛と血の大地」のジョージ・マーシャルで、P・J・ウルフソンの原作により、ウルフスンと「ネブラスカ魂」のフランク・バトラーが脚色した。撮影は「誰が為に鐘は鳴る」のレイ・レナハン、作曲はロバート・エメット・ドーランの担当。主演は「アニーよ銃をとれ」のベティ・ハットンと「夜は千の眼を持つ」のジョン・ランドで、「ジョルスン物語」のビリー・デ・ウルフ、「ジョルスン再び歌う」のウィリアム・デマレスト、舞台女優のコンスタンス・コリアらが助演するほか、サイレント時代のスター、ウィリアム・ファーナム、ポール・パンザー、クレイトン・ヘール、チェスター・コンクリンらも出演している。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ベティ・ハットン ジョン・ランド ビリー・デ・ウルフ ウィリアム・デマレスト
1940年

天国2人道中

  • 1940年6月6日(木)
  • 出演(Jailer 役)

パラマウント音楽部長だったボリス・モロスの独立第1回作品で、「極楽オペレッタ」「極楽双児合戦」と同じくスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー主演喜劇である。脚本はローレル・ハーディー喜劇に常に参加しているチャールズ・バディー・ロジャースが、喜劇俳優ハリー・ラングドン、ラルフ・スペンス、アルフレッド・シラーと協力して書き卸し、「シャムパン・ワルツ」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・サザーランドが監督し、ローレル・ハーディー劇専属のアート・ロイドが撮影した。助演は「真紅の森」のジーン・パーカーその他である。ビデオタイトル「ローレル&ハーディの天国二人道中」。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ジーン・パーカー レジナルド・ガーディナー
1947年

オペレッタの王様

  • 1947年10月
  • 出演(Lamp_Lighter 役)

「ショウボート(1936)」「恋の密使」のアラン・ジョーンズ、喜劇劇界のスター女優メ エリー・マーティン、「或る夜の出来事」の故ウォルターコノリーが主演する映画で、アンドリュー・L・ストーンが製作、監督したもので、ビクター・バートの曲が数曲使われている。ストーリーはストーンがロバート・ライヴリーと協力して書き下ろし、ライヴリーとラッセル・クラウズが脚本を書いた。助演者は「医者は金を取るべからず」のリー・ボウマン、新顔のスザンナ・フォスター、その他ジュディス・バートレット、ジェローム・コウアン等である。撮影は「大平原」のヴィクター・ミルナーが指揮した。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
アラン・ジョーンズ メアリー・マーティン ウォルター・コノリー リー・ボウマン
1951年

底抜け極楽大騒動

  • 1951年3月
  • 出演(Mr.Finn 役)

「紀元前百万年」のハル・ローチが製作したローレル、ハーディの喜劇映画監督は故ジョン・G・ブライストーン、脚本はチャールズ・バディー・ロジャース、フェリックス・アドラー、ジェームズ・パーロット、ハリー・ラングドン、アーノルド・ベルガードの5人、撮影はアート・ロイドが担当、共演者は往時のジョー・B・ブラウンの相手パトリシア・エリス、「蛇の穴」のミナ・ゴンベル、ビリー・ギルバート等。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー パトリシア・エリス ミナ・ゴンベル
1937年

からくり女王

  • 1937年
  • 出演(Director 役)

「作家と御婦人」のパッシー・ケリー、「迷優ナポレオン」のジャック・ヘイリー、「宝の山」のロジナ・ローレンス、「オーケストラの少女」のミッシャ・オーアおよび「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティが主演する映画で、スタン・ローレル、オリビア・ハーディのチームもとくに出演する。脚本はリチャード・フローノイ、アーサー・バーノン・ジョーンズ、トーマス・J・デューガンが協力して書き下ろし、「死の本塁打」のエドワード・セジウィックが監督に当たり、「天国漫歩」のノーバート・ブロディンが撮影した。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
パッシー・ケリー ジャック・ヘイリー ロジナ・ローレンス ミッシャ・オウア
1936年

宝の山(1936)

  • 1936年
  • 出演(Micky_Finn 役)

「極楽浪人天国」「極楽槍騎兵」と同じくジェームズ・W・ホーンが監督したスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー主演喜劇で、「極楽双児合戦」を脚色したジャック・ジェブニとチャールズ・バディー・ロジャースが書卸し、ロジャースがフェリックス・アドラー及びジェームズ・パーロットと協力して脚色したもの。撮影は「極楽騎兵隊」と同じくアート・ロイドとウォルター・ランディンが協力した。助演者は「カジノ・ド・パリ」のシャロン・リン、「聖林スタア合戦」のロジナ・ローレンス、例によってのジェームズ・フィンレイソン、「歌へ陽気に」のスタンリー・フィールズ等である。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー シャロン・リン ジェームズ・フィンレイソン

極楽浪人天国

  • 1936年
  • 出演(Captain_Finn 役)

「極楽槍騎兵」「玩具の国」と同じくスタン・ローレルとオリヴァー・ハーディー組が主演する映画で、マイケル・ウィリアム・ボルフ作の喜劇から「極楽槍騎兵」のジェームズ・W・ホーンと「玩具の国」のチャールズ・バディー・ロジャースが共同監督に当たり、「極楽槍騎兵」「玩具の国」のアート・ロイドがフランシス・コービーと共同撮影している。助演者は「征空重爆撃」のアントニオ・モレノ「黒猫」のジャクリン・ウォルズ、「極楽槍騎兵」のジェームズ・フィンレイソン、メイ・ブッシュ等である。

監督
ジェームズ・W・ホーン チャールズ・バディー・ロジャース
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー アントニオ・モレノ ジャクリーン・ウェルズ

極楽双児合戦

  • 1936年
  • 出演(Fin _Chief_Engineer 役)

「極楽槍騎兵」 「極楽浪人天国」ら次ぐスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー主演喜劇で、W・W・ジェイコブスの原作を「極楽浪人天国」の監督に協力したチャールズ・バディー・ロジャースがジャック・ジェヴンと協力して改作し、リチャード・コネルとフェリックス・アドラーガ共同脚色し、「ダンテの地獄編」「リリオム」のルドルフ・マテが撮影した。助演者は新人ベティ・ヒーリー、「極楽槍騎兵」のダフネ・ポラード、同じくジェームズ・フィンレイソン、「二つの顔(1935)」のアラン・ヘール、シドニー・トーラー、他である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ベティー・ヒーリー ダフネ・ポラード
1935年

極楽槍騎兵

  • 1935年
  • 出演(Sergeant_Major 役)

「極楽発展倶楽部」「玩具の国」のスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディの2人が主演する映画で「玩具の国」のフランク・バトラーがジェフ・モフィットと共同して原作・脚色した。監督はホール・ローチ喜劇専属のジェームズ・W・ホーンが当たり、「玩具の国」のアート・ロイドと「ロイドの大勝利」のウォルター・ランディンが共同撮影した。助演は「空飛ぶ音楽」のジューン・ラング、「青い部屋」のウィリアム・ジャニー、デイヴィッド・トーレンス、アン・グレイ、ラィオネル・ベルモア等である。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ジューン・ラング ウィリアム・ジャニー
1933年

快賊ディアボロ

  • 1933年
  • 出演(Lord_Rocburg 役)

「極楽二人組」「極楽兵隊さん」と同じくスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー共演喜劇で、オーベル作の喜歌劇「フラ・ディアヴォロ」に基づいて「マダム・サタン」「ダイナマイト(1929)」のジェニー・マクファーソンが脚色し、プロデューサーのハル・ローチが自らチャールズ・バディー・ロジャースを助手として監督に当たったもの。助演者は「放浪の王者(1930)」のデニス・キング、「ご冗談でしョ」「その夜」のセルマ・トッド、「極楽兵隊さん」のジェームズ・フィンレイソン、「武装ラグビー」のアーサー・ピアソン、「親爺は若い」のルシル・ブラウン、ヘンリー・アーメッタ、レーン・チャンドラー等で、撮影は「極楽兵隊さん」のアート・ロイドとハップ・デピューの担当である。

監督
ハル・ローチ チャールズ・バディー・ロジャース
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー デニス・キング セルマ・トッド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジェームズ・フィンレイソン

ムービーウォーカー 上へ戻る