TOP > 映画監督・俳優を探す > ウォルター・ロング

年代別 映画作品( 年 ~ 1924年 まで合計41映画作品)

1925年

断髪恥かし

  • 1925年
  • 出演(Doc 役)

20人の作者によって1章づつ書かれた秘密小説をルイス・マイルストーン氏が脚色し「女性の敵」「霧の中の顔」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督したもので「三人の女」「恋の舞踏姿」等出演のマリー・プレヴォー嬢が「人獣の国」等出演の夫君ケネス・ハーラン氏と共演し、ジョン・ローシュ氏、ルイズ・ファゼンダ嬢、リード・ハウス氏及びウォルター・ロング氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
マリー・プレヴォー ケネス・ハーラン ルイズ・ファゼンダ ジョン・ローシュ

情焔の曲

  • 1925年
  • 出演(Herbert_Jones 役)

マーティン・ブラウン氏作舞喜劇「大音楽」に基づいてジョセフィン・ラヴェット女史が脚色し、「幻の家」「クラスメーツ」等と同じくジョン・S・ローバトソン氏が監督したもので、主役は「幻の家」「クラスメーツ」等主演のリチャード・バーセルメス氏が演じ「人類の破滅」「大地の救い」等出演のベシーラヴ嬢が対手役で、その他映画初出演のシャーロット・モントレー嬢、ウォルター・ロング氏、ヘレン・ウェーア嬢等が助演している。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ベッシー・ラブ Lee Baker エフィー・シャノン

義賊ラッフルズ

  • 1925年
  • 出演(Crawshay 役)

探偵小説家E・W・ホーナング氏の書いた短編小説集ラッフルズ物語と、ユージーン・プレスブリー氏がそれに基づいて書いた舞台劇を材料として、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し、「大台風」「名家の秘密」等と同じくキング・バゴッド氏が監督したものである。主役は「大台風」「風に逆らいて」等のハウス・ピーター氏と「愚なる妻」「結婚とは」等のミス・デュポン嬢でその他ウォルター・ロング氏、ヘッダ・ホッパー嬢、フリーマン・ウッド氏等が共演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ハウス・ピータース ミス・デュポン ヘッダ・ホッパー Erederick Esmelton
1924年

人獣国

  • 1924年
  • 出演(The_River_Thief 役)

ジョージ・アグニュー・チェンバーレイン氏の小説を、イヴ・アンセル女史とオルガ・プリンツロー女史とが脚色し「楽園の毒草」「春来りなば(1923)」等と同じくルイ・ガスニエ氏が監督したもの。2年間映画界を遠ざかっていたアリス・ジョイス嬢の復帰第一回作品で、その他に「天空征服」「剣の輝き」等出演のウォルター・ロング氏等が出演する。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
アリス・ジョイス ケネス・ハーラン ウォルター・ロング

酒!酒!

  • 1924年
  • 出演(Benedict (Count Montebello) 役)

コスモポリタン雑誌に掲載されたウィリアム・マクハーグ氏原作の小説を、レイモンド・L・シュロック氏とフィリップ・ロナーガン氏とが脚色し、プリファード映画でお馴染のルイ・ガスニエ氏が監督した。主役は「楽園の毒草」「春来りなば(1923)」等に出演したクララ・ボウ嬢で相手役は「バブー」「武士道華やかなりし頃」等出演のフォレスト・スタンリー氏、「幸福の扇」「社交界の誘惑」等出演のハントリー・ゴードン氏「社交界の誘惑」等出演のマートル・ステッドマン嬢「天空征服」等出演のウォルター・ロング氏等仲々良い役割である。禁酒問題を扱ったものではあるが、劇中には酒に飲まれた男女の乱暴な宴会や、水泳着の美人など、ガスニエ好みの華美な場面が挿入されてある。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
クララ・ボウ フォレスト・スタンレー ハントリー・ゴードン マートル・ステッドマン
1923年

魔海の髑髏島

  • 1923年
  • 出演(Peter_Forbes 役)

「ノーナ・ドゥーン」「クリスチャン」以来久しぶりで輸入されたモーリス・トゥールヌール氏監督映画である。原作はクリッテンデン・マリオット氏の小説 The Osle or Dead Ships でこれを「渓谷の乙女」「黄金の誘惑」等を監督したチャールズ・メイン氏が監督した。主役は「善悪の境」「魂は帰り行く」等出演のミルトン・シルス氏「アダムス・リブ」「悲しき情火」等出演のアンナ・Q・ニルソン嬢でその他に「人獣国」「情熱の悪鬼」等出演のウォルター・ロング氏が敵役を演じている。

監督
モーリス・トゥールヌール
出演キャスト
アンナ・Q・ニルソン ミルトン・シルス フランク・カンポー ウォルター・ロング

天空征服

  • 1923年
  • 出演(Capt._Dos_Santos 役)

ポール・ディッキーとチャール・W・ストッダード共作になる舞喜劇に基づき、「沈黙の都」「海の壮漢」等を監督したトム・フォーマンが脚色監督したもの。主役は「恋の睡蓮」「意気天を衝く」「氷原の血煙」等に主演したケネス・ハーランと、「世界を敵として」「エヴァンジェリン(1919)」等主演のミリアム・クーパーで、その他ユ社のスターであったミス・デュポンや、「剣の輝き」「血と砂(1922)」等で凄いところを見せたウォルター・ロングも出演する。

監督
トム・フォーマン
出演キャスト
ケネス・ハーラン ミリアム・クーパー ウォルター・ロング ミス・デュポン

大地震(1923)

  • 1923年
  • 出演(The_Captain 役)

「狼の血」を完成してからロン・チャニー氏がユ社の為に作ったジウエル映画で、監督は永くウィリアム・エス・ハート氏の作品を監督していたランバート・ヒルヤー氏である。相手役して「嵐」以来お馴染のヴァージニア・ヴァリ嬢が出演する。1906年の桑港大地震を取り入れた暗黒街の物語である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ロン・チャニー ヴァージニア・ヴァリ ジャック・モワー ウィリアム・ウェルチ

単騎突進(1923)

  • 1923年
  • 出演(Members_of_the_Ring 役)

ハワード・ホークス氏の提供した作品で氏が原作を書き、ユ社に長くいたジャック・コンウェイ氏が監督したもの。主役は「女房征服」のヘレン・チャドウィック嬢「十誡(1923)」「最後の一人迄(1923)」のリチャード・ディックス氏で、ノアー・ビアリー氏、アラン・ヘール氏等が主要の役を演じ、その他10名近い有名な人々が共演している。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック リチャード・ディックス アラン・ヘイル ノア・ビアリー

愛の決算

  • 1923年
  • 出演(Rupert_Cassell 役)

ジョン・B・クライマー氏とヘンリー・R・サイモンズ氏の原作及び脚色、「一騎当千の男」「永遠の嘆き」等と同じくローランド・V・リー氏の監督になったもので、主役は「リチャード獅子王」「結婚愛」等と同じくジョン・ボワーズ氏とマーゲリット・ド・ラ・モット嬢の主演になり、その他「十誡(1923)」「金色の嵐」等出演のエステル・テイラー嬢「驀進列車」「仮面の勇士」等のデイヴィッド・バトラー氏やラルフ・ルイス氏、エドワード・コネリー氏、ウォルター・ロング氏、ルシル・ハットン嬢等が共演という良い顔ぶれである。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
マーゲリット・ド・ラ・モット ジョン・ボワーズ エステル・テイラー デイヴィッド・バトラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウォルター・ロング

ムービーウォーカー 上へ戻る