映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィルフレッド・ルーカス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1931年 まで合計31映画作品)

1936年

暁の襲撃

  • 1936年
  • 出演(Sheriff 役)

「化石の森」「Gガン」に出演したディック・フォーランが主演する西部劇で、ロイ・チャンスラーとハロルド・バックリーが協力書卸した台本によりノエル・スミスが監督し、テッド・マッコードが撮影したものである。助演者は新進のリンダ・ペリーを始め、ミルトン・キッビー、トム・ブラワー、ジェームズ・ファーレー等の面々である。

監督
ノエル・スミス
出演キャスト
ディック・フォーラン リンダ・ペリー エドモンド・コッブ ミルトン・キビー
1933年

猛獣師クライド

  • 1933年
  • 出演(Bob_Mills 役)

米国でもっとも有名な猛獣使いの一人たるクライド・ビーティーが主演する映画で、エドワード・S・アンソニーが書き下ろした物語を、「大空の闘士」のデール・ヴァン・エヴァリーが潤色しアンソニーが「全米軍」のフェルディナンド・ライハーと共同して脚色し、「インチキ競馬」のカート・ニューマンが監督し、「全米軍」「蹴球大学」のジョー・ロビンソンが撮影した。助演者は「処女読本(1932)」「紐育の歩道」のアニタ・ペイジ、「待ちかねる処女」「全米軍」のアンディ・デヴァイン、「虎鮫」「肉体」のヴィンス・バーネット、「聖ジョンソン」「地獄のサーカス」のレイモンド・ハットン、「街の野獣(1932)」「怪物団」のウォーレス・フォード、子役ミッキィ・ルーニー等である。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
クライド・ビーティー アニタ・ペイジ アンディ・デヴァイン ヴィンス・バーネット

霧笛の波止場

  • 1933年
  • 出演(Randall 役)

「暴君ネロ(1932)」「お化け大統領」のクローデット・コルベールが「恋愛即興詩」「軟派ガール」のベン・ライオンを相手に主演する映画で、マックス・ミラーの原作を「虎鮫」「南海の劫火(1932)」のウェルズ・ルートが脚色し、「百万円貰ったら」「米国の暴露」のジェームズ・クルーズが監督、「シナラ」「海賊(1931)」のレイ・ジェーンが撮影した。助演は「シャーロック・ホームズ(1932)」「メリケン押切帳」のアーネスト・トーレンスを始め、ハリー・ベレスフォード、モーリス・ブラック等である。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
クローデット・コルベール ベン・ライオン アーネスト・トーレンス ホバート・カヴァナ

怪人ブリーム博士

  • 1933年
  • 出演(Prosecutor 役)

「海賊ブラッド」「米国の機密室」のライオネル・アトウィルが主演する映画で「征空重爆撃」のアルバート・デモンドが原作脚色し、「快勇二丁拳銃」のフィリップ・E・ローゼンが監督に当たり、「珍芸騒動」のギルバート・ウォーレントンが撮影した。助演俳優は「五十六番街の家」のシーラ・テリー、「青春の溜息」のセオドア・ニュートン、「男性No.1」のポール・ハースト、「メトロポリタン(1935)」のルイ・アルバーニ、「昨日」のロバート・エリス等である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ライオネル・アトウィル シーラ・テリー セオドア・ニュートン ポール・ハースト
1932年

劇場王ブラウン

  • 1932年
  • 出演(Patterson 役)

「選手の後に娘あり」「ブラウン野球虎の巻」に次ぐジョー・E・ブラウン主演喜劇で、「スパイ(1930)」のアーサー・シーザー、「裁かれる魂」のアール・ボールドウィン及び喜劇俳優だったモンティー・パンクスが共同して書卸した脚本によってかつてリンチンチン映画の監督者だったレイ・エンライトが監督し、「恋愛即興詩」「フービー」のグレッフ・トーランドが撮影したもの。助演者は「彼女の名誉」「三太郎大西洋横断」のジンジャー・ロジャース、「七万人の目撃者」「間諜X27」のルー・コディ「フービー」のスペンサー・チャータース「裁かれる魂」のラルフ・インス「けだもの組合」のロバート・グリーグ、ヴィヴィアン・オークランド、メイ・マディスン、ウィルフレッド・ルーカス等である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ジンジャー・ロジャース ルー・コディ ヴィヴィアン・オークランド
1931年

極楽二人組

  • 1931年
  • 出演(Warden 役)

ホール・ローチ喜劇の二人組スタン・ローレルとオリヴァー・ハーディートの第1回長編喜劇で、ローチ喜劇専属に監督者で短編喜劇界の老練家ジェームズ・パーロットが監督しジャック・スティヴンスが撮影したもの。助演者は「マダム・サタン」のウィルフレッド・ルーカス、「マルタの鷹(1931)」のウォルター・ロング、「情熱の砂漠」のジューン・マーロウ及び「高速度娘」のジェームズ・フィンレイソン等である。ちなみにローレル及びハーディーが出演した長編映画には「悪漢の唄」「ハリウッド・レヴュー」がある。

監督
ジェームズ・パーロット
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ウィルフレッド・ルーカス ウォルター・ロング

間諜X27

  • 1931年8月12日(水)
  • 出演(General_Dymov 役)

「嘆きの天使」「モロッコ」に次いでジョセフ・フォン・スタンバーグが自ら原作し、監督にあたった映画である。脚色者は「テキサス無宿」と同じくダニエル・N・ルービン、カメラは「モロッコ」「戦う隊商」のリー・ガームス。主なる出演者は「嘆きの天使」「モロッコ」のマレーネ・ディートリッヒ、特にフォックス社から籍りられたヴィクター・マクラグレン、「放浪の王者(1930)」「危険なる楽園」のワーナー・オーランド、「女の一生」「紐育の波止場」のグスタフ・フォン・セイファティツ、「四人の悪魔」「父と子」のバリー・ノートン、ルー・コディなどである。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
マレーネ・ディートリッヒ ヴィクター・マクラグレン ルー・コディ グスタフ・フォン・セイファーティッツ

マダム・サタン

  • 1931年3月5日(木)
  • 出演(Players 役)

「キング・オブ・キングス(1927)」「破誡」のセシル・B・デミルが「ダイナマイト(1929)」に次いで監督にあたった映画で、原作、脚色は例によってジェニー・マクファースン、台詞はグラディス・アンガーとエルシージャニスが執筆し、「南海の薔薇」「アビーの白薔薇」のハロルド・ロッソンが撮影している。主なる出演者は「ダイナマイト(1929)」のケイ・ジョンソン、ユ社から転じたレジノルド・デニー、「放浪の王者(1930)」のリリアン・ロス、ローランド・ヤング、エルザ・ピーターソン等である。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ケイ・ジョンソン レジナルド・デニー リリアン・ロス ローランド・ヤング
1930年

殺人街

  • 1930年
  • 出演(Big_Ben_Benson 役)

「踊子をめぐりて」「犠牲」と同じくモント・ブルー氏が主演する映画でジョージ・キッブ・ターナー氏の原作に基づいて「子守歌(1929)」「幸運の寵児」のジョセフ・ジャクソン氏が脚色及び台詞を担当し、「高速度尖端娘」「マネキンの夢」のウィリアム・ボーディン氏が監督し、「君知るやわが悩み」「恋の走馬燈」のシド・ヒコックス氏が撮影したもの。助演者は「愛の曳綱」「某重大事件」のライラ・リー嬢、「ベンスン殺人事件」のウィリアム・ボイド氏、「踊子をめぐりて」「グレイト・ガッポ」のベティー・カンプソン嬢、「最敬礼」のウィリアム・ジャニー氏、ウィルフレッド・ルーカス氏、コーネリアス・キーフ氏、デウィット・ジェニングス氏等である。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
モント・ブルー ライラ・リー ウィリアム・ボイド ベティー・カンプソン

アリゾナ怪盗異聞

  • 1930年
  • 出演(His_Manager 役)

「情熱のメキシコ」「熱沙果つるところ」とワーナー・バクスターが主演する映画で「海の狼(1930)」に脚色者ラルフ・ブロックが書きおろした物語を自らジョゼフ・ライトと共同脚色し、「情熱のメキシコ」「これぞ天国」のアルフレッド・サンテルが監督し、「海の狼(1930)」「黒旋風」のグレン・マクウィリアムスが撮影したものである。助演者は「情熱のメキシコ」のモナ・マリス、「令嬢暴力団」のキャロル・ロンバード、「懐しのアリゾナ」のソレダッド・ヒメネス、「四枚の羽根」のセオドア・フォン・エルツ、ウィルフレッド・ルーカス、アーサー・ストーン等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ワーナー・バクスター モナ・マリス キャロル・ロンバード ソレダッド・ヒメネス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィルフレッド・ルーカス