TOP > 人物を探す > アルバート・J・スミス

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1934年 まで合計6映画作品)

1934年

豪勇キッド

  • 1934年
  • 出演(Frezier 役)

「テキサスの旋風」と同じくティム・マッコイが主演する西部劇で、クロード・リスターの原作をフォード・ビーブが脚色し、新監督デイヴィット・セルマンが監督に当たり、「テキサスの旋風」のベンジャミン・H・クラインが撮影した。助演者は新人シーラ・マナースを始め、「空軍の覇者」のジョセフ・ソーアス、「海の密室」のフーパー・アッチリー、オルドゥン・チェースその他の面々である。

監督
デイヴィッド・セルマン
出演キャスト
ティム・マッコイ シーラ・マナース ジョセフ・ソーアス オルデン・チェース
1927年

鉄拳火花を散らす

  • 1927年
  • 出演(Rand 役)

「横転逆転白雪の巻」「勇猛果敢」等と同じくバック・ジョーンズ氏主演恵慰撫劇で、ジャック・ジャングマイヤー氏が書き下ろした台本によって「鉄拳」「巷の勇者」等と同じくランバート・ヒルヤー氏が監督したもので、ジョーンズ氏の相手女優は「ある男の一生」「森の男(1926)」等出演のジョージア・ヘール嬢が勤め、アルバート・J・スミス氏、マージョリー・ビーブ嬢、ウィリアム・ウェルチ氏等が助演している。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ ジョージア・ヘール アルバート・J・スミス ウィリアム・ウェルチ
1925年

西部征服

  • 1925年
  • 出演(Lafe_Connors 役)

「木ツ葉微塵」に続くフート・ギブスン作品でB・M・バウァース氏作の小説をレイモンド・L・シュロック氏が脚色し「猛烈な男」「大軍襲来」と同じくアーサー・ロッスン氏が監督したものである。主役フット・ギプスン氏の相手役は「威風堂々」出演のマーセリン・デイ嬢でフランシス・フォード氏も助演している。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
フート・ギブスン Edwin B. Tilden マーセリン・デイ Morgan Brown

スペードの一

  • 1925年
  • 出演(Steve_Dineen 役)

イサドア・バーンスタイン氏とウィリアム・ロード・ライト氏とが合作したもの をアーサー・ヘンリー・グーデン氏が脚色し、「彼女の払った償」「必勝の意気」等と同じくヘンリー・マックレイ氏が監督した連続活劇で、主役は「大群襲来」「猛烈な男」等主演のウィリアム・デスモンド氏で相手役は久方振りでデスモンド氏夫人のメアリー・マカリスター嬢が演じ、ジャック・プラット氏、アルバート・J・スミス氏が助演している。

監督
ヘンリー・マックレイ
出演キャスト
ウィリアム・デスモンド メアリー・マカリスター ジャック・プラット アルバート・J・スミス

深紅の光線

  • 1925年
  • 出演(Count_K 役)

レイ・ジョコブソン氏作の小説に拠り、ジョージ・モーガン氏とカール・クルセーダ氏とが脚色し「スペードの一」等と同じくヘンリー・マックレイ氏が監督したもので主役はジャック・ドハーティー氏でローラ・トッド嬢、ジョン・エリオット氏、アルバート・プリスコ氏等が出演している。

監督
ヘンリー・マックレイ
出演キャスト
ジャック・ドハーティー ローラ・トッド ジョン・エリオット アルバート・J・スミス
1924年

迅雷列車

  • 1924年
  • 出演(Edward_Winston 役)

ウィリアム・ダンカン、ユ社入社後第2回作品で、内容は前作品「鉄路の猛者」やその他ヴァイタグラフ社当時と同様の鉄道活劇である。「サタデー・イヴニング・ポスト」などに連載小説を書いているコートニー・ライリー・クーパー原作の「混線電話」に題材を得たもので、相手役は例によってダンカン夫人、エディス・ジョンソンである。

監督
ウィリアム・ダンカン
出演キャスト
ウィリアム・ダンカン エディス・ジョンソン エドワード・セシル ハリー・ウッズ

アルバート・J・スミスの関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アルバート・J・スミス