映画-Movie Walker > 人物を探す > オードリー・ダルトン

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1963年 まで合計8映画作品)

1963年

6連発の掟

  • 1963年8月21日公開
  • 出演(Diana 役)

大西部に「絶対殺されない男」の異名を取った保安官で弁護士、正義の遵法者だったエルフェゴ・バーカの実話を、テレビ出身「赤い河」のクリスチャン・ナイビーが監督、モリス・トムブラーゲルが脚本、ルシアン・バラードのカメラを担当。出演者はエルフェゴ・バーカには「不死身の二挺拳銃」のロバート・ロッジア、「ブルックリン横町」でアカデミー男優助演賞を受けたジェームズ・ダンが郡弁護士に「ボクはむく犬」のアネット、「宇宙戦争」のリン・バリ、「ポリアンナ」のジェームズ・ドルーリイなど。

監督
クリスチャン・ナイビー
出演キャスト
ロバート・ロギア ジェームズ・ダン リン・バリ Edward Colmans
1960年

大怪獣出現

  • 1960年12月10日公開
  • 出演

原爆実験による地震で、海底から巨大ナメクジが現れるSFパニック映画。短縮版。オリジナルは83分。監督はアーノルド・レヴィン、製作はジュールズ・V・レヴィとアーサー・ガードナー、原作はデイヴィッド・ダンカン、脚本はパット・フィドラー、撮影はスコット・ウェルボーン、音楽はハインツ・ロームヘルドが担当。出演はティム・ホルト、オードリー・ダルトン、ハンス・コンリードほか。

監督
アーノルド・レヴィン
出演キャスト
ティム・ホルト オードリー・ダルトン ハンス・コンリード
1958年

旅路(1958)

  • 1958年公開
  • 出演(Jean 役)

「楡の木陰の欲望」のデルバート・マン監督が、「王子と踊子」の原作者テレンス・ラティガンの舞台劇「別々のテーブル」と「七番目のテーブル」を映画化した作品。脚本はラティガン自身とジョン・ゲイの共同。撮影は「OK牧場の決斗」のチャールズ・ラング、音楽はデイヴィッド・ラクシン。出演者は「悲しみよこんにちは」のデボラ・カーとNiven、「深く静かに潜航せよ」のバート・ランカスター、「夜の豹」のリタ・ヘイワース、ウェンディ・ヒラー、グラディス・クーパー、フェリックス・エイルマー、キャスリーン・ネスビット等。黒白・スタンダードサイズ。1958年作品。

監督
デルバート・マン
出演キャスト
リタ・ヘイワース デボラ・カー デイヴィッド・ニーヴン ウェンディ・ヒラー
1956年

敵中突破せよ!

  • 1956年10月31日公開
  • 出演(Kitty 役)

ヘイス・ゲーツ製作による、朝鮮戦争を背景とした戦争映画。パット・フランクの原作をジョン・C・ヒギンズとウォルター・ドニガーが共同脚色、「悪の対決」のアラン・ドワンが監督。撮影はエルスワース・フレデリックス、音楽は「ボスを倒せ!」のハンス・J・サルター。主演は「悪の対決」のジョン・ペイン、「地獄の戦線」のモナ・フリーマン他にオードリー・ダルトン、チャック・コナーズ。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ジョン・ペイン モナ・フリーマン ピーター・グレイヴス チャック・コナーズ

罠にかゝった男

  • 1956年3月20日公開
  • 出演(Louise 役)

非情な銀行ギャングの末路を描いたドン・マーティンのオリジナル・ストーリーを、ケン・ヒューズが脚色、監督した。撮影はフィリップ・グリンドロッド、音楽はリチャード・テイラー。主な出演者は「ピラミッド」のシドニー・チャップリン、「太鼓の響き」のオードリー・ダルトン、劇団から映画入りしたジョン・ベントリー、ピーター・ハモンド、ジョン・ウェルシュなど。アレック・C・スノウデン製作による。

監督
ケン・ヒューズ
出演キャスト
シドニー・チャップリン オードリー・ダルトン ジョン・ベントリー ピーター・ハモンド
1955年

プロディガル(1955)

  • 1955年9月30日公開
  • 出演(Ruth 役)

ジェームズ・ラーセンとジョー・ブリーン・ジュニアが聖書から取材し書き上げたものを、モーリス・ジムが脚色、「皇太子の初恋」のリチャード・ソープが監督、「雨の朝巴里に死す」のジョセフ・ルッテンバーグが撮影、「ラプソディー」を編曲したブロニスロー・ケイパーが音楽を担当する。主なる出演者は「皇太子の初恋」のエドモンド・パーダム、「男の魂(1955)」のラナ・ターナー、「暴力教室」のルイス・カルハーン、「我が心に君深く」のジェームズ・ミッチェルなど。1955年作品。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
ラナ・ターナー エドモンド・パードム ルイス・カルハーン オードリー・ダルトン

太鼓の響き

  • 1955年4月6日公開
  • 出演(Nancy_Meek 役)

「対決」のアラン・ラッド主演で、「ディミトリアスと闘士」のデルマー・デイヴスが製作・脚本、監督した1954年作品である。撮影は「獅子王リチャード」のペヴァレル・マーレー、音楽は「愛の泉」のヴィクター・ヤング。共演者は「豪傑カサノヴァ」のオードリー・ダルトン、「栄光何するものぞ」のマリサ・パヴァン、「地獄の狼」のロバート・キース、ロドルフォ・アコスタ、チャールズ・ブロンソンなどである。

監督
デルマー・デイヴス
出演キャスト
アラン・ラッド オードリー・ダルトン マリサ・パバン ロバート・キース
1954年

豪傑カサノヴァ

  • 1954年8月2日公開
  • 出演(Elena_DiGambetta 役)

「バリ島珍道中」のボブ・ホープと「忘れじの面影(1948)」のジョーン・フォンテインが主演するコスチューム喜劇で、「腰抜けモロッコ騒動」のポール・ジョーンズが製作した1954年作品。「砂漠の鷹」のオーブリー・ウィスバーグの原作よりハル・カンターと「腰抜けモロッコ騒動」のエドモンド・L・ハートマンが脚色、「腰抜けモロッコ騒動」のノーマン・Z・マクロードが監督した。テクニカラー色彩の撮影監督は「楽しき我が家」のライオネル・リンドン、音楽はリン・マレー。「雪原の追跡」のヴィンセント・プライス、「世紀の女王」のバジル・ラスボーン、「午後の喇叭」のヒュー・マーロー、「カルメン(1948)」のアーノルド・モスなどとともに新人オードリー・ダルトン、ロバート・ハットンが出演する。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
ボブ・ホープ ジョーン・フォンテーン ベイジル・ラスボーン オードリー・ダルトン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オードリー・ダルトン