映画-Movie Walker > 人物を探す > サミュエル・ホプキンス・アダムス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1956年 まで合計7映画作品)

1956年

夜の乗合自動車

  • 1956年11月14日(水)公開
  • 原作

サミュエル・ホプキンス・アダムスの短篇小説“ナイト・バス”によるミュージカル・ラヴ・ロマンス篇。脚本は故ロバート・リスキンとクロード・ビニョンの共同。製作・監督は「征服者(1955)」ディック・パウエル。撮影は「去り行く男」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽監督はモリス・W・ストロフ、歌曲はジョニー・マーサー及びジーン・ド・ポールの共同担当。主演は「戦略空軍司令」以来のジューン・アリソン、「ミスタア・ロバーツ」で昨年度アカデミー助演男優賞獲得のジャック・レモン。他に「軍法会議(1956)」のチャールズ・ビックフォード、「ラスヴェガスで逢いましょう」のジム・バッカス、「野郎どもと女たち」のスタッビー・ケイなど。

監督
ディック・パウエル
出演キャスト
ジューン・アリソン ジャック・レモン チャールス・ビックフォード ポール・ギルバート
1937年

典型紳士読本

  • 1937年当年公開
  • 原作

「進め龍騎兵」「緑の灯」のエロール・フリンが主演する映画で、「或る夜の出来事」の原作者サミュエル・ホプキンス・アダムス作の小説を「山の法律」のノーマン・ライリー・レインと「作家と御婦人」のローレンス・ライリーとが更にブルウスター・モース及びフリッツ・ファンケルシュタインと協力脚色し、「山の法律」「進め龍騎兵」のマイケル・カーティスが監督に当り、「野性の叫び(1935)」「小公子」のチャールズ・ロシャーが撮影した。助演者は「特種漁り」「コリーン」のジョーン・ブロンデルを筆頭に、「コリーン」のヒュウ・ハーバート、「誘拐団」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「化石の森」のディック・ロバーツ、「ボビーの凱歌」のメイ・ロブスン、「作家と御婦人」のアレン・ジェンキンスその他多数である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
エロール・フリン ジョーン・ブロンデル ヒュー・ハーバート エドワード・エヴァレット・ホートン
1936年

豪華一代娘

  • 1936年当年公開
  • 原作

「私の行状記」「男子牽制」のジョーン・クローフォードと「愛怨二重奏」「小都会の女」のロバート・テイラーが主演し、「人妻の戒律」「青春の抗議」のフランチョット・トーンと「噫初恋」「闇に呼ぶ声」のライオネル・バリモアが共演するもの。原作はサミュエル・ホプキンス・アダムス作の大衆小説で、「フランダースの犬(1935)」のエンスウォース・モーガンと「さらば海軍兵学校」のスティーブン・モーアハウス・エブリーとが協力脚色し、「噫初恋」「妻と女秘書」のクラレンス・ブラウンが監督に当たり、「私の行状記」「無軌道行進曲」のジョージ・フォルシーが撮影した。助演者は「花嫁凱旋」のメルヴィン・ダグラス、「結婚設計図」のジェームズ・スチュアート、「スペイン狂想曲」のアリソン・スキップワース、「巌窟王(1934)」のルイス・カルハーン、「丘の一本松」のビューラ・ポンディ、「ドン・ファン」のメルヴィル・クーパーその他の腕利きが顔を並べている。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ジョーン・クロフォード ロバート・テイラー ライオネル・バリモア フランチョット・トーン
1935年

本人出現

  • 1935年当年公開
  • 原作

「深夜の星」「トップ・ハット」のジンジャー・ロジャースが、「逆間諜」「彩られし女性」のジョージ・ブレントを相手に主演する映画で、原作は「或る夜の出来事」のサミュエル・ホプキンス・アダムスの小説で、それを「トップ・ハット」「うるさき人々」のアラン・スコットが脚色し、「ロバータ」「夢の並木路」のウィリアム・A・サイターが監督にあたり、「野いばら」「雁(かりがね)」のエドワード・クロンジェガーが撮影した。出演者は「虚栄の市(1935)」のアラン・モープレイ、「乱暴選手」のグラント・ミッチェル、「米国の機密室」のサミュエル・S・ハインズ、「運ちゃん武勇伝」のスペンサー・チャータース、「旅烏子供連れ」のルイ・メーソン、ジョン・プレスロウ等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ジンジャー・ロジャース ジョージ・ブレント アラン・モウブレイ グラント・ミッチェル
1934年

或る夜の出来事(1934)

  • 1934年当年公開
  • 原作

「一日だけの淑女」と同じくスタッフ、監督フランク・キャプラ、脚色ロバート・リスキン、撮影ジョセフ・ウォーカー、に余って製作されたサミュエル・ホプキンス・アダムスの原作を映画化したもの。主役は「夜間飛行」「紅塵」のクラーク・ゲーブルと「ブルースを唄う女」「恐怖の四人」のクローデット・コルベールで、共演に「一日だけの淑女」のウォルター・コノリー、「紅蘭」のジェームスン・トーマス、「海の荒鷲(1933)」のアラン・ヘイル等。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
クラーク・ゲーブル クローデット・コルベール ウォルター・コノリー ジェームスン・トーマス
1925年

包囲の中に

  • 1925年当年公開
  • 脚本

コリアー誌に連載されたサミュエル・ホブキンス・アダムス氏の原作を、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「五番街のモデル」等と同じくスヴェンド・ガーダ氏が監督したもの。主役は「歓楽の代償」「発明の楽冠」等主演のヴァージニア・ヴァリ嬢「乙女の危険期」等出演のユージーン・オプライエン氏「女性の悩み」「荒鷲の翼」等出演のメアリー・アルデン嬢等である。題名は戦争劇のようであるが、そうではなくて性格描寫劇である。

監督
スヴェント・ガーデ
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ ユージーン・オブライエン メアリー・アルデン マーク・マクダーモット
1919年

亭主入用

  • 1919年当年公開
  • 原作

サミュエル・ホプキンス・アダムスの原作を、クララ・S・ベランジャーが脚色し、ローレンス・C・ウィンドンの監督した人情喜劇で、主役は「エリザベスの教育」そのほかでおなじみのビリー・バーク。相手役は新顔のジェームズ・クレインである。

監督
ローレンス・C・ウィンドン
出演キャスト
ビリー・バーク ジェームズ・クレイン Margaret Linden チャールズ・レーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > サミュエル・ホプキンス・アダムス