映画-Movie Walker > 人物を探す > 石井裕也

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2017年 まで合計10映画作品)

2017年

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

最果タヒの詩集をもとにした青春ラブストーリー。現代の東京で自分の居場所が見つけられずにいる孤独な男女が出会い、少しずつ希望を見出していくさまを、『舟を編む』の石井裕也監督が繊細なタッチで描き出す。これまで演技経験がほとんどなかった新鋭・石橋静河がヒロインの美香を、池松壮亮がその相手役を務める。

監督
石井裕也
出演キャスト
石橋静河 池松壮亮 佐藤玲 三浦貴大
2014年

バンクーバーの朝日

  • 2014年12月20日(土)公開
  • 監督

差別や貧困をものともせず、フェアプレーの精神で戦い、03年にカナダ野球殿堂入りした実在の野球チーム、バンクーバー朝日軍の知られざる姿を描く人間ドラマ。その戦いぶりで人々に勇気を与えていく野球チームのメンバーを妻夫木聡、勝地涼のほか、亀梨和也、上地雄輔といった野球経験者が演じる。監督は『舟を編む』の石井裕也。

監督
石井裕也
出演キャスト
妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔

ぼくたちの家族

  • 2014年5月24日(土)公開
  • 監督、脚本

母親の突然の病気発覚を機に、バラバラになりかけた家族が必死に絆を取り戻そうとする姿を描く、実話をベースにしたヒューマンドラマ。妻夫木聡、池松壮亮が兄弟役に扮し、その両親を長塚京三、原田三枝子が演じる。監督は『舟を編む』など数々の作品を手がけ、人間味のあふれる作風を得意とする若手実力派の石井裕也。

監督
石井裕也
出演キャスト
妻夫木聡 原田美枝子 池松壮亮 長塚京三
2013年

舟を編む

  • 2013年4月13日(土)公開
  • 監督

2012年度の本屋大賞で第1位に輝いた、三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平&宮崎あおいの主演で映画化したヒューマンドラマ。15年の歳月をかけて、24万語収録の一冊の辞書を作り上げていく主人公と、老若男女揃った個性豊かな辞書編集部の仲間たちの姿を丁寧に描き出す。監督は『ハラがコレなんで』の石井裕也。

監督
石井裕也
出演キャスト
松田龍平 宮﨑あおい オダギリジョー 黒木華
2011年

ハラがコレなんで

  • 2011年11月5日(土)公開
  • 監督、脚本

義理人情を重んじ、“粋”であることを信条とする未婚の妊婦の奮闘を描いた、心温まる人情コメディ。仲里依紗が人間味あふれるパワフルなヒロインに扮し、大胆な演技で女優としての新境地を開拓。中村蒼、石橋凌ら脇を固める実力派俳優陣の共演に加え、若手ながら世界から注目を集める俊英・石井裕也監督の手腕にも期待がかかる。

監督
石井裕也
出演キャスト
仲里依紗 中村蒼 斉藤慶子 石橋凌

あぜ道のダンディ

  • 2011年6月18日(土)公開
  • 監督、脚本

光石研がデビュー作以来、33年ぶりに主演を務める家族ドラマ。妻に先立たれた中年男・淳一と受験を控えた2人の子どもが織り成す父子愛、さらに淳一の親友・真田との友情をコミカルにつづる。素直に優しさを表現できない不器用な男のダンディズムを、オフビートに描きながら、誰もが共感できるドラマに仕上がっている。

監督
石井裕也
出演キャスト
光石研 森岡龍 吉永淳 西田尚美
2010年

君と歩こう

  • 2010年5月15日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

34歳の女性教師と教え子の破天荒な駆け落ちを、“やさしさ”をテーマに軽妙なやりとりで描く群像喜劇。脚本・編集・監督は、監督作品が立て続けに国際映画祭で特集上映され、「川の底からこんにちは」で商業映画デビューを果たした石井裕也。出演は、「こぼれる月」の目黒真希、「色即ぜねれいしょん」の森岡龍。

監督
石井裕也
出演キャスト
目黒真希 森岡龍 吉谷彩子 渡部駿太

川の底からこんにちは

  • 2010年5月1日(土)公開
  • 監督、脚本

妥協した生活を送るOLが、実家のしじみ工場を継いだことから人生に立ち向かっていく姿を描く人間ドラマ。監督は、「剥き出しニッポン」の石井裕也。出演は、「愛のむきだし」の満島ひかり、「夢十夜 海賊版 第七夜」の遠藤雅、DVD『THE3名様』の志賀廣太郎。第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門招待作品。

監督
石井裕也
出演キャスト
満島ひかり 遠藤雅 相原綺羅 志賀廣太郎
2008年

ばけもの模様

  • 2008年6月7日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、編集、出演

自主映画界の俊英、石井裕也監督の長編第4弾となるドラマ。パンの移動販売員とあてなき旅に出た情緒不安定な主婦の姿を通し、人間の愚かさを滑稽に映し出す。

監督
石井裕也
出演キャスト
大鳥れい 桂都んぼ 潮見諭 稲川実代子

剥き出しにっぽん

  • 2008年5月31日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、編集

'07年の「PFFアワード」グランプリ受賞をはじめ、各国映画祭で絶賛のコメディ。ひょんなことから、自給自足の共同生活を送ることになった父子と女性の奇妙な絆を温かに描く。

監督
石井裕也
出演キャスト
登米裕一 二宮瑠美 西薗修也 牧野エミ

関連ニュース

映画人が集まる24区とは!? 新たな映画製作の形から生まれた力作に注目
映画人が集まる24区とは!? 新たな映画製作の形から生まれた力作に注目(2012年3月21日)

最近は映画制作の現場も多様化しており、学生の自主制作から地方の役所主導、大手シネコンチェーンによるものなど、様々な規模の作品が生み出されている。そんななか、自社…

仲里依紗に石井裕也監督がマイケルの動きをリクエスト!?
仲里依紗に石井裕也監督がマイケルの動きをリクエスト!?(2011年11月2日)

仲里依紗が『ハラがコレなんで』(11月5日公開)で演じたのは、ただの妊婦ではなく、“妊婦ヒーロー”だ。監督・脚本を手掛けたのは、『川の底からこんにちは』(10)…

ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 石井裕也

ムービーウォーカー 上へ戻る