映画-Movie Walker > 人物を探す > ノーマン・トレヴァー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1929年 まで合計15映画作品)

1929年

恋のからくり

  • 1929年公開
  • 出演(Judge Cadwallader 役)

「うわさ」「ショーボート」のローラ・ラ・プラント嬢の主演映画で監督はウィリアム・ワイラー氏。イー・ジェー・モンターニュ氏の原作からジョン・クライマー氏及びクラレンス・ジェー・マーク氏が撮影脚本を作った。俳優は上記主演社者の他に「フー・マンチュー博士の秘密」のニール・ハミルトン氏、「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス氏、ジョセリン・リー嬢、ノーマン・トレヴォア氏等が出演している。キャメラは「うわさ」「ショーボート」のギルバート・ワレントン氏が担当している。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ニール・ハミルトン ロバート・エリス ノーマン・トレヴァー

今夜12時

  • 1929年公開
  • 出演(Professor_Howacedge 役)

「アンクル・トムス・ケヴィン」「ショーボート」のハリー・ポラード氏が監督した映画でオーウェン・デヴィス氏の原作から「赤熱のスピード」のマット・テイラー氏が撮影台本を作ったものでキャメラは「暇の時」のジェローム・アッシュ氏が担任した。主役を演ずるのは「母どよく知る」「地の極みまで」のマッジ・ベラミー嬢、「青春ジャズ大学」「大学生活」のジョージ・ルイズ氏で、「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィンクストン嬢、「ブロードウェイ・メロディー」のメアリー・ドーラン嬢、ヴェラ・レイノルズ嬢、マデリン・セイモア夫人、その他が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョージ・ルイス ロバート・エリス マデリン・セイモア
1928年

学窓を出でて(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(John_Neil 役)

「キートンのカメラマン」「言論の自由」等に出演のマーセリン・デイ嬢が主演する映画でコスモ・ハミルトン氏の原作からハワード・T・グリーン氏が脚色し「海軍士官候補生(1925)」「売られ行く青春」のクリスティー・キャバンヌ氏が監督したもの。主演者のほかに「黄金の世界へ」「ホィップ」のラルフ・フォーブス氏、「久遠の焔」のノーマン・トレヴァー氏、「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス氏、ゴードン・エリオット氏等が助演している。キャメラは「サブマリン」のジョセフ・ウォーカー氏、が担任。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
マーセリン・デイ ラルフ・フォーブス ノーマン・トレヴァー ロバート・エリス
1927年

閃弾

  • 1927年公開
  • 出演(Sir_James_Gordon 役)

「ブラッド・シップ」「激浪の響」等と同じくジョージ・B・サイツ氏の監督作品で、リリアン・デュシー女史とH・ミルナー・キッチン氏との合作したものに基づき、サイツ氏自ら映画用に改作しあわせて台本をも作ったものである。主役は「怪騎手」「森の男(1926)」等に主演したジャック・ホルト氏で、「鵜の目鷹の目」「最後の一蹴」等出演のドロシー・レヴィア嬢が対手役を勤めるほか、ノーマン・トレヴァー氏、パット・ハーモン氏、フランク・ラクティーン氏、ジョージ・桑氏、ユージーン・ストロング氏等が助演として顔を見せる。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ジャック・ホルト ドロシー・レヴィア フランク・ラクティーン パット・ハーモン

久遠の焔

  • 1927年公開
  • 出演(Cole_Norwood 役)、出演(Felipe_Vincenti 役)

「導火線」「恋愛保険」のトム・ムーア氏と「巨人」「サブマリン」出演のドロシー・レィヴァ嬢とが主演する映画でハロルド・シュメイト氏の原作をエルマー・ハリス氏が脚色し、「昼閑夫人」のバイロン・ハスキン氏が監督した。キャメラは「アリバイ」のレイ・ジューン氏で主演者ほかにノーマン・トレヴォフ氏、ジェッド・プラウティー氏、オットー・ホフマン氏等が助演している。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
トム・ムーア ドロシー・レヴィア ノーマン・トレヴァー ジェッド・プラウティー

恋に身を焼く

  • 1927年公開
  • 出演(John_Trever 役)

フレッド・デ・グレサック氏、フランシス・ドゥ・クロアッセ氏合作の舞台劇「キテイーの結婚」を映画化したもので「女心を誰か知る」「罪な殿方」に続くフローレンス・ヴィダー嬢主演映画である。嘗て「負けじ魂」を監督したエドワード・H・グリフィス氏がパラマウント社に復帰して監督したもので脚色者はドリス・アンダーソン女史並にジョセフ・ジャクソン氏、ヴイドア嬢の相手役は前記二映画に同じくクライブ・ブルック氏が勤め、ノオーマン・トレヴァー氏、ジョスリン・リー嬢、アーサー・ルービン氏等が共演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー クライヴ・ブルック ジョスリン・リー ノーマン・トレヴァー

ソレルとその子(1927)

  • 1927年公開
  • 出演(Thomas_Roland 役)

英国作家ウォーウィック・ディーピング氏の有名な小説の映画化で、エリザベス・ミーハン女史の脚色により、「ボー・ジェスト(1927)」「電話姫」「神我に二十銭を賜う」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督している。主役は「沈黙(1926)」主演のH・B・ワーナー氏で、それを助けて「ボー・ジェスト(1927)」のアリス・ジョイス嬢、「本疊打王」のアンナ・Q・ニルソン嬢、「ボー・ブラムメル」のカーメル・マイアース嬢、「不良老年」のノーマン・トレヴァー氏、ニルス、アスター氏、メアリー・ノーラン嬢等が出演する外、ルイス・ウォルハイム氏、子役のミッキー・マクベイン君なども重要な役を務めている。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
H・B・ワーナー アンナ・Q・ニルソン ミッキー・マクベイン カーメル・マイヤース

ニウ・ヨーク

  • 1927年公開
  • 出演(Randolph_Church 役)

バーバラ・チャムバース、ベッキー・ガーディナーが特に執筆した物語をフォーレスト・ハルシイが脚色し「不良老年」と同じくルーサー・リードが監督したもので、主役は「サタンの嘆き」「猫の寝巻」「十誡(1923)」「マンハッタン狂乱」等出演のエステル・テイラー及び「駄法螺大当たり」「滅び行く民族」等出演のロイス・ウィルソンが演じ、ウィリアム・ポウエル、ノーマン・トレヴァー、リチャード・“スキーツ”・ギャラガーが共演する。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
リカルド・コルテス エステル・テイラー ロイス・ウィルソン ノーマン・トレヴァー

バラウー

  • 1927年公開
  • 出演(Judge_Webster 役)

「オペラの怪人(1925)」等で映画界にもお馴染み深いフランスの探偵小説家ガストン・ルルー氏の戯曲「バラオー」の映画化で、脚色はハリー・O・ホイト氏、監督は「野薔薇」「オール持つ手に」と同じくリチャード・ロッスン氏である。主役は「栄光」「宣伝地獄」等出演のエドモンド・ロウ氏で、それを助演する人々は、新進のリーラ・ハイアムス嬢、「栄光」出演のバリー・ノートン氏、「ドン・ファン(1926)」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、「不良老年」のノーマン・トレヴァー氏、力士のジョージ・コツォナロス氏等である。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
エドモンド・ロウ リーラ・ハイアムス グスタフ・フォン・セイファーティッツ E・H・カルヴァート

悲恋の楽聖

  • 1927年公開
  • 出演(Andrew_Cruger 役)

チャールズ・クライン氏作の舞台劇を映画化したもので、原作者の息子たるフイリップ・クライン氏が映画脚色し、「兄貴」「神ぞ知る」等と同じくアラン・ドワン氏が監督した。「サンキュー」「大山鳴動」等出演の老優アレック・B・フランシス氏が主役を演じ、「神我に二十銭を賜う」「燃ゆる唇」等出演のロイス・モーラン嬢、「ボー・ジェスト(1927)」「沙漠颪(1926)」等出演のニール・ハミルトン氏、ノーマン・トレヴァー氏、チャールズ・レーン(チャールズ・レヴィソン)氏等が主要なる役を演じているほか、ヘレン・チャンドラー嬢、ハワード・カル氏、ドア・デヴイツドソン氏等が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
アレック・B・フランシス ロイス・モラン ニール・ハミルトン ノーマン・トレヴァー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ノーマン・トレヴァー