映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴェラ・レイノルズ

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1929年 まで合計12映画作品)

1929年

今夜12時

  • 1929年当年公開
  • 出演(Barbara_Warren 役)

「アンクル・トムス・ケヴィン」「ショーボート」のハリー・ポラード氏が監督した映画でオーウェン・デヴィス氏の原作から「赤熱のスピード」のマット・テイラー氏が撮影台本を作ったものでキャメラは「暇の時」のジェローム・アッシュ氏が担任した。主役を演ずるのは「母どよく知る」「地の極みまで」のマッジ・ベラミー嬢、「青春ジャズ大学」「大学生活」のジョージ・ルイズ氏で、「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィンクストン嬢、「ブロードウェイ・メロディー」のメアリー・ドーラン嬢、ヴェラ・レイノルズ嬢、マデリン・セイモア夫人、その他が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョージ・ルイス ロバート・エリス マデリン・セイモア
1928年

浮気は御法度

  • 1928年当年公開
  • 出演(Marion_Harmon 役)

「沈黙(1926)」「昨日への道」出演のヴェラ・レイノルズ嬢と「駆落相手違ひ」等出演のハリソン・フォード氏との主演する映画で、W・スコット・ダーリング氏の原作、脚色により「奥様お耳拝借」「グリフィスの婚礼屋」等と同じくアール・C・ケントン氏が監督した。助演者として「監獄行列車」等出演のジョン・パトリック氏を始めとしてサリー・ランド嬢、キャスリーン・キイ嬢、等が出演する。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ハリソン・フォード ジョン・パトリック サリー・ランド
1926年

地獄極楽

  • 1926年当年公開
  • 出演(Amy_Creeth 役)

ハーシェル・S・ホール氏作の小説に基づいてエリオット・J・クローソン氏が脚色し、「巨弾霹靂」「命を売る男(1925)」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので主役は「金色の寝床」「女人禁制」等出演のヴェラ・レイノルズ嬢と新進のウィリアム・ボイド氏で、「君が名呼べば」「富に群がる者」等出演のナイジェル・バリー氏を始めウォルター・ロング氏、ベン・ターピン氏、チャールズ・マレイ氏、ホバート・ボスウォース氏、ウィリアム・V・モング氏等が出演している。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ウィリアム・ボイド ウォルター・ロング ナイジェル・バリー

沈黙(1926)

  • 1926年当年公開
  • 出演(Morma_Drake 役)、出演(Norma_Powers 役)

マックス・マーシン氏作の舞台劇を映画かしたもので、ビユウラー・マリー・デイックス女史が脚色し、「東へ向く三つの顔」「オペラの怪人(1925)」等と同じくルパート・ジュリアン氏が監督した。主役は甞て「暁の前1時間」「舞姫ザザ(1923)」等に出演したH・B・ワーナー氏が久方振りで映画界に復帰して演じ「昨日への道」「地楽極楽」等出演のヴェラ・レイノルズ嬢、「地下鉄サディー」「自動車恋愛」等出演のジャック・マルホール氏が共演するほかレイモンド・ハットン氏、ロクリフ・フエロウズ氏及び甞て「僧正の実玉」に主演したヴァージニア・ペアソン嬢も久々で出演している。

監督
ルパート・ジュリアン
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ H・B・ワーナー レイモンド・ハットン ロックリフ・フェローズ
1925年

昨日への道

  • 1925年当年公開
  • 出演(Beth_Tyrell 役)

「金色の寝床」を最後としてパラマウント社を去り制作者としてビー・ティー・シー社に入ったセシル・B・デミル氏の第一回監督作品で、ビューラー・マリー・ディックス女史とエヴェリン・グリーンリーフ・サザーランド氏合作の劇を映画化したもの、例によってジャニー・マクフアソン女史が原作者ディック女史と共同して脚色した。主役は「嵐の孤児」に出演したジョセフ・フィルドクラウト氏と「東へ向く三つの顔」「ブライト・ショール」出演のジェッタ・グーダル嬢が勤め、「金色の寝床」「地獄極楽」出演のヴエラ・レイノルヅ嬢、「地獄極楽」出演のウィリアム・ボイド氏を始め、ジュリア・フェイ嬢、カツソン・ファガソン氏、トリクシー・フリガンザ嬢等が共演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ジョゼフ・シルドクラウト ジェッタ・グーダル ヴェラ・レイノルズ ウィリアム・ボイド

女人禁制(1925)

  • 1925年当年公開
  • 出演(Edith_Henderson 役)

「よう!グリフィス」で売り出したレイモンド・グリフィズ氏の近作品でウィリアム・C・デミル氏の舞台劇からウォルター・ウッズ氏が潤色し、キーン・トムスン氏が脚色したものを「よう!グリフィス」を監督したフランク・アーソン氏とポール・アイリブ氏が共同監督した。グリフィス氏の相手役は「霊魂の叫び」「氷に閉ざされて」等出演のヴェラ・レイノルズ嬢で、ウォーレス・ビリアー氏、ルイズ・ファゼンダ嬢が主要な役を演ずる。

監督
フランク・アーソン ポール・アイリブ
出演キャスト
レイモンド・グリフィス ヴェラ・レイノルズ ウォーレス・ビアリー ルイズ・ファゼンダ
1924年

輝く一路

  • 1924年当年公開
  • 出演(Saddie_Denton 役)

メレディス・ニコルソン氏作の小説をセイダ・コウアン女史とハワード・ヒギン氏とが脚色し、「愛の大雪嶺」「大分水嶺」等と同じくレジナルド・バーカー氏が監督したもので、「夜の女」「殴られる彼奴」等出演のノーマ・シアラー嬢、「荒み行く女性」等出演のジェームズ・カークウッド氏。「惑溺の十字路」等出演のアドルフ・マンジュウ氏、「迷路の乙女」等出演のメイ・ブッシュ嬢を始め、ヴェラ・レイノルズ嬢、ロバート・エイニュー氏、ロバート・フレイザー氏、ジョージ・フォーセット氏、ルース・ストンハウス嬢、ウィニフレッド・ブライソン嬢等のそうそうたる連中が競演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ノーマ・シアラー ジェームズ・カークウッド アドルフ・マンジュウ メイ・ブッシュ

氷に閉ざされて

  • 1924年当年公開
  • 出演(Nettie_Moore 役)

オーウェン・デイヴィス氏原作の舞台劇に基づき、クララ・S・ベランジャー女史が脚色し、「返り咲く花」「グラムピー」等と同じくウィリアム・C・デミル氏が監督した。主役は「最後の一人迄(1923)」「懐しの谿」等と同じくリチャード・ディックス氏と、ロイス・ウィルソン嬢の2人で、その他新進のヴェラ・レイノルズ嬢が共演している。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
リチャード・ディックス ロイス・ウィルソン ヘレン・デュボア Eina May Cliver

巴里の暗影

  • 1924年当年公開
  • 出演(Liane 役)

フランスの劇作家アンドレ・ピカール氏及びフランシス・カルコ氏合作の舞台劇「我が恋人」に基づき、フレデリック・J・ジャクソン氏とイヴ・アンセル女史が脚色し「西班牙の踊子」「絹擦れの音」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督した。ポーラ・ネグリ嬢の「西班牙の踊子」に次ぐ作品で、嬢の相手には「無法者の掟」「チート」等出演のシャルル・ド・ローシュ氏「巴里の女性」「西班牙の踊子」のアドルフ・マンジュウ氏「社交界の誘惑」「幸福の扇」のハントリー・ゴードン氏が出演し、その他ギャレス・ヒューズ氏、ジョージ・オブライエン氏、ヴェラ・レイノルズ嬢等が端役を演じている。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
ポーラ・ネグリ シャルル・ド・ローシュ ハントリー・ゴードン アドルフ・マンジュウ

霊魂の叫び

  • 1924年当年公開
  • 出演(Amy_Loring 役)

「勝利者(1925)」に続くセシル・B・デミル氏監督作品で、マーガレッタ・タットゥル女史作の小説からビューラー・マリー・ディックス女史とバートラム・ミルハウザー氏と脚色した。主役は「十誡(1923)」「勝利者(1925)」等出演のロッド・ラ・ロック氏と「放埓娘」に出演し今回ドミル氏によって初めて大役を振られたヴェラ・レイノルヅ嬢で、その他「勝利者(1925)」に出演したジュリア・フェイ嬢、セオドア・コスロフ氏ヴィクター・ヴァルコニ氏等及びリカルド・コルテス氏が助演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ リカルド・コルテス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴェラ・レイノルズ