映画-Movie Walker > 人物を探す > マッジ・ベラミー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1935年 まで合計32映画作品)

1935年

殺人ホテル

  • 1935年当年公開
  • 出演(Tessie 役)

「男の魂(1935)」「女は要らねえ」と同じくエドモンド・ロウとヴィクター・マクラグレンとが主演する映画で、原作をヴィンセント・スターレット作の探偵小説「殺人の処方箋」に取り、「ママはパパが好き」のアーサー・コーバーが脚色、「荒馬スモーキィ」のユージーン・フォードが監督、「フープラ」「歓呼の嵐」のアーネスト・パーマーが撮影した。助演者は英国の舞台から米国に逆戻りしたローズメリー・エイムス、「地下街」「旅鴉子供連れ」のメアリー・カーライル、「死の本塁打」のC・ヘンリー・オニール、「彼女の家出」ジョン・クェーレン、「僕はカウボーイ」のジョン・レイ、昔鳴らしたマッジ・ベラミー等である。

監督
ユージーン・フォード
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴィクター・マクラグレン ローズメリー・エイムス メアリー・カーライル
1933年

鉱山の怪人

  • 1933年当年公開
  • 出演(Mary_Gray 役)

「空中怪盗団」「国境隊」及び「空中幽霊」と同じくレイ・テイラーが監督した連続映画で、西部劇作者として名あるピーター・B・カインが原作を書き、「空中幽霊」のエラ・オニールが改作して台詞を書き、ジョージ・プリンブトン、ベイジル・ディッキー、ハリー・ホイト、ヘット・マンハイムが共同脚色し、「国境隊」「空中幽霊」のジョン・ヒックソンが撮影した。主役は西部劇俳優のバック・ジョーンズが招聘されて勤め、「恐怖城」のマッジ・ベラミーが相手役を演じ、「街の風景」のウォルター・ミラー、「空中幽霊」のヒュー・エンフィールド及びウィリアム・デスモンド、トム・リケッツ、フランシス・フォード等が助演する。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
バック・ジョーンズ マッジ・ベラミー ウォルター・ミラー ヒュー・エンフィールド
1932年

恐怖城

  • 1932年当年公開
  • 出演(Madeline 役)

ヴィクター・ホルベリンが監督し、エドワード・ホルベリンが製作したホルベリン 作品で、ギャレット・ウェストンが原作脚色し、アーサー・マーティネリが撮影に当たったもの。主演するは「魔人ドラキュラ」「黒い駱駝」のベラ・ルゴシで、「地の極みまで」「電話姫」のマッジ・ベラミー、「盛り場の大蜘蛛」のジョン・ハロン、ジョセフ・カウソーン、ロバート・フレイザー、ブランドン・ハースト等が助演している。

監督
ヴィクター・ホルペリン
出演キャスト
ベラ・ルゴシ マッジ・ベラミー ジョセフ・カウソーン ロバート・フレイザー
1929年

今夜12時

  • 1929年当年公開
  • 出演(Jane_Eldredge 役)

「アンクル・トムス・ケヴィン」「ショーボート」のハリー・ポラード氏が監督した映画でオーウェン・デヴィス氏の原作から「赤熱のスピード」のマット・テイラー氏が撮影台本を作ったものでキャメラは「暇の時」のジェローム・アッシュ氏が担任した。主役を演ずるのは「母どよく知る」「地の極みまで」のマッジ・ベラミー嬢、「青春ジャズ大学」「大学生活」のジョージ・ルイズ氏で、「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィンクストン嬢、「ブロードウェイ・メロディー」のメアリー・ドーラン嬢、ヴェラ・レイノルズ嬢、マデリン・セイモア夫人、その他が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョージ・ルイス ロバート・エリス マデリン・セイモア

地の極みまで(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Alice_Carroll 役)

「母ぞよく知る」「気まぐれ娘」と同じくマッジ・ベラミー嬢の主演する映画で、リチャード・ハーディング・デイヴィス氏の小説Exilesを映画化したものである。脚色にはジョン・ストーン氏が当り「のらくら新療法」「与太捕物帳」と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督した。ベラミー嬢の対手役は「無頼漢(1928)」のドン・テリー氏が勤めるが、そのほか「血涙の志士」のアール・フォックス氏、「親爺若返る」のアーサー・ストーン氏、マシュー・ベッツ氏、ラムスデン・ヘーア氏も出演する。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
マッジ・ベラミー ドン・テリー アーサー・ストーン アール・フォックス
1928年

気まぐれ娘

  • 1928年当年公開
  • 出演(Madge_Norton 役)

「絹の足」と同じくアーサー・ロッスン氏が監督し、マッジ・ベラミー嬢が主演する映画。原作、並に脚色はフォックス専属の作者ジョン・ストーン氏の手になったものである。ベラミー嬢の相手役は「離婚結婚」で嬢の相手役を務めたジョン・マック・ブラウン氏で、そのほかウォルター・マッグレイル氏、セルマ・ヒル嬢、ライオネル・ベルモア氏、アニタ・ガーヴィン嬢、等が助演する。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョン・マック・ブラウン ウォルター・マッグレイル アニタ・ガーヴィン

母ぞよく知る

  • 1928年当年公開
  • 出演(Sally_Quail 役)

幾多その著作が映画化され、既に映画ではお馴染みになっているエドナ・ファーバー女史の小説の映画化で、「三人水兵恋行脚」と同じく脚色者マリオン・オース女史、監督者ジョン・ジー・プライスウトン氏の組み合わせによって作られた映画である。主役を演ずるのは「気まぐれ娘」「離婚結婚」のマッジ・ベラミー嬢、「空中サーカス」のルイズ・ドレッサー嬢、「空行かば」「栄光」のバリー・ノートン氏、の三人で、そのほか子役のドウン・オディ嬢やアルバート・グラン氏、等も出演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
マッジ・ベラミー ルイズ・ドレッサー バリー・ノートン アルバート・グラン

離婚結婚(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Madge_Wood 役)

「水陸狂走楽」と同じくマッジ・ベラミー嬢が主演し、ジェームズ・ティンリング氏が監督した映画で、原作はグレイス・マック女史の手になり、それをジェームズ・ケイ・マクギインネス氏が改作したものから、フランセス・エイニュー女史が脚色の筆を執ったものである。ベラミー嬢の相手役は新進ジョン・マック・ブラウン氏で、そのほかメアリー・ダンカン嬢、ヘンリー・コルカーー氏、ジョイス・コンプトン嬢などが出演する。

監督
ジェームズ・ティンリング
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョン・マック・ブラウン メアリー・ダンカン ヘンリー・コルカー
1927年

踵の魅惑

  • 1927年当年公開
  • 出演(Nora_Young 役)

フィリップ・クライン氏、ケネス・ホウクス氏合作の物語をジェームズ・ハミルトン氏が脚色し、「昇天の意気」「嵐の翼」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督したもので、主役は「お針娘バーサ」「怠け者」等出演のマッジ・ベラミー嬢で、相手役は「舷々相摩す」「百貨店」等出演のローレンス・グレイ氏が勤め、モイス・コンプトン嬢、マージョリー・ビープ嬢、アラン・フオレスト氏、ジェー・ファーレル・マクドナルド氏、アーサー・ハウスマン氏等が助演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
マッジ・ベラミー マージョリー・ビーブ ジョイス・コンプトン ローレンス・グレイ

絹の足

  • 1927年当年公開
  • 出演(Ruth_Stevens 役)

「踵の魅惑」「水陸狂走楽」等と同じくマッチ・ベラミー嬢の主演する映画で、「令嬢無銭旅行」「吃驚仰天」等と同じくアーサー・ロッスン氏が監督している。原作はフレデリカ・サガー女史の手になったもので、フランセス・エイニュー女史が脚色している。ベラミー嬢の相手役は「オール持つ手に」「娘十八泳げや泳げ」等出演のジェームズ・ホール氏で、「水陸狂走楽」出演のジョセフ・カウソーン氏やモード・フルトン嬢、マーガレット・セドン夫人などが助演する。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジェームズ・ホール ジョセフ・カウソーン モード・フルトン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マッジ・ベラミー