映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ポラード

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1932年 まで合計15映画作品)

1932年

快走艇

  • 1932年当年公開
  • 監督

「メリケン押切帳」「裸一貫(1931)」と同じくウィリアム・ヘインズが主演する映画でE・J・ラスの原作に基づき「特集社会面」「支配する声」のバイロン・モーガンが「キートンの歌劇王」のラルフ・スペンスと共同して脚色し、「僕の武勇伝」「燃ゆる海原」のハリー・ポラードが監督に当たり、「太平洋爆撃隊」「若き血に燃ゆる頃」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。助演者は「若き血に燃ゆる頃」「戦く幻影」のマッジ・エヴァンスを始め「太平洋爆撃隊」「マデロンの悲劇」のクリフ・エドワーズ、「コンゴ」「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「海底マラソン」のアーサー・バイロン、「お気に召すまま」のウォーバートン・ギャンブル、アルバート・グラン、ケネス・トンプソン等という顔ぶれである。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ マッジ・エヴァンス コンラッド・ネーゲル アーサー・バイロン

僕の武勇伝

  • 1932年当年公開
  • 監督

「チャンプ(1931)」「スキピイ」のジャッキィ・クーパーが主演する映画で、ウィリアム・ジョンストン作の物語「リンピイ」Limpyを「夜歩きパリ雀」「ニュウムーン」と同じくフランク・バトラーとシルヴィア・サルバーグが共同脚色し、「燃ゆる海原」「南方の放浪者」のハリー・ポラードが監督、「キューバの恋唄」「印度の寵児」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「都会の世紀末」のチック・セールを始め、「希望の星」「大飛行船」のラルフ・グレイヴス、「少年時代」のドロシー・ピーターソン、「ビッグ・トレイル」のアンディー・シューフォード、オスカー・アッフェル、ヘレン・パーリッシュ、ドナルド・ヘインズ等である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ジャッキー・クーパー チャールズ・チック・セール ラルフ・グレイヴス ドロシー・ピーターソン
1931年

プロディガル(1931)

  • 1931年当年公開
  • 監督

「悪漢の唄」「ニュー・ムーン」に次ぐローレンス・ティベットの主演映画。ベス・メレディス、ウェルズ・ルート両人の手によって組み立てられ撮影台本となったものにより「妻呼ぶ怒涛」「ショウ・ボート(1929)」のハリー・ボラードが監督にあたったもので、助演者は「巨人」「裏切者」のエスター・ラルストン、「マダム・サタン」ローランド・ヤング、「モンタナの月」のクリフ・エドワーズ、エマ・ダン、ヘッダ・ホッパー、パーネル・プラット、ステピン・フェチットその他でキャメラは「マダム・サタン」「女の一生」のハロルド・ロッソンが担当、ことに本編の作曲、作詞はハーバート・ストサート、ジャック・ウォルフ、ハワード・ジョンソン、アーサー・フリードの手になるものでオスカー・ストラウス、ヴィンセント・ユーマンスの二氏も一部の作曲を受け持っている。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ローレンス・ティベット エスター・ロールストン ローランド・ヤング クリフ・エドワーズ

燃ゆる海原

  • 1931年当年公開
  • 監督

「結婚双紙」「ビッグ・ハウス」のローバート・モンゴメリーのスター昇進第1回作品で、アーネスト・ペインターの小説マスキー」から「エロチック艦隊」「若殿頑張る」のレイモンド・L・シュロック、デルマー・エイヴス、ルウ・エデルマン、マルカム・スチュアート・ポインラン、海軍少佐ウイード等が協力して脚本に組み立て「ショウ・ボート(1929)」「妻呼ぶ怒涛」のハリー・ポラードが監督し「異教徒」「トレンデー・ホーン」のリカルド・デ・ヴァンナがクランクしたもので、助演者「惨劇の波止場」「肉体の呼ぶ声」のドロシイー・ジョーダン「大飛行船」「悪魔の日曜日」のホバート・ポスウォース、「肉体の呼ぶ声」「戦う隊商」のアーネスト・トーレンス、「モンタナの月」のクリフ・エドワーズ、ギャヴィン・ゴードン、エドワード・ヌージェント、ジョーン・マーシュ等々である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー アーネスト・トーレンス ドロシー・ジョーダン ホバート・ボスウォース
1930年

悩める燈台

  • 1930年当年公開
  • 監督

「上海夜話」「情熱の砂漠」出演のメアリー・ノーラン嬢が主演する映画で、ウィルバー・ダニエル・スティール氏の原作をウィニフレッド・リーヴ女史が改作し「ブロードウェイ(1929)」「都会の哀愁」のエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、「ショウボート」「アンクル・トムス・ケヴィン」のハリー・ポラード氏が監督「假の塒」「がらくた宝島」のジェローム・アッシュ氏が撮影した。助演者は「踊る娘達」「海の王者」のジョン・マック・ブラウン氏と「ブロードウェイ(1929)」「恋のからくり」のロバート・エリス氏、「評判女候補者」のオードリー・フェリス嬢、「青春ジャズ大学」のチャーチル・ロス氏等である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
メアリー・ノーラン ジョン・マック・ブラウン ロバート・エリス チャーチル・ロス
1929年

今夜12時

  • 1929年当年公開
  • 監督

「アンクル・トムス・ケヴィン」「ショーボート」のハリー・ポラード氏が監督した映画でオーウェン・デヴィス氏の原作から「赤熱のスピード」のマット・テイラー氏が撮影台本を作ったものでキャメラは「暇の時」のジェローム・アッシュ氏が担任した。主役を演ずるのは「母どよく知る」「地の極みまで」のマッジ・ベラミー嬢、「青春ジャズ大学」「大学生活」のジョージ・ルイズ氏で、「ブロードウェイ(1929)」のロバート・エリス氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィンクストン嬢、「ブロードウェイ・メロディー」のメアリー・ドーラン嬢、ヴェラ・レイノルズ嬢、マデリン・セイモア夫人、その他が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョージ・ルイス ロバート・エリス マデリン・セイモア

ショウ・ボート(1929)

  • 1929年当年公開
  • 監督、台詞

「アンクル・トムス・ケヴィン」と同じくハリー・ポラード氏が監督完成したユ社作品で、エドナ・フォーバー女史の名高い小説を映画化したものである。撮影台本を執筆したのは「人生交響楽」「情熱の砂漠」のチャールズ・クニョン氏で、「都会の哀愁」「人生交響楽」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影した。主役マグノリアに扮するのは「うわさ」「最後の警告」のローラ・ラ・プラント嬢であるが、それを助けて「キング・オブ・キングス(1927)」「ダニューブの漣」のジョセフ・シルドクラウト氏、「紳士は金髪がお好き(1928)」「君が為め命捧げん」のエミリー・フィッツローイ嬢、「天晴れ名騎士」「幸運デニー」のオーティス・ハーラン氏、「サロメの心」「サイベリア」のアルマ・ルーベンス嬢「私のパパさん」のジェーン・ラ・ヴァーン嬢等が出演している。トーキー版はパート・トーキーであるが、これにはプロローグとしてフレンツ・ジークフェルト氏が舞台に上せた時のものを舞台におけると同じ役割によってアーチ・ヒース氏監督の下に抜粋撮影したものが添えられている。トーキー版の台詞はポラード氏自身がトム・リード氏と協力して作ったものによった。なお伴奏はジークフェルド氏が舞台に上せた時のものによってヨセフ・チェルニアウスキー氏が編曲したものである。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ジョゼフ・シルドクラウト アルマ・ルーベンス エミリー・フィッツローイ
1927年

アンクル・トムス・ケヴィン

  • 1927年当年公開
  • 監督、脚色

ハリエット・ビーチャー・ストウ女史の世界に名高い小説「アンクル・トムス・ケヴィン」の映画化。ハリー・ポラードが映画向きに一度書き直したものを基に、ハーヴェイ・シュウとA・P・ヤンガーが撮影台本を作り、「加州目指して」「鵜の目鷹の目」と同じくポラードが監督。一昔前のアメリカ映画の花形として人気者だったマーガリータ・フィッシャーが、久々に復帰してエリザに扮し、トムにはジェームズ・B・ロウが抜擢された。共演に「ある男の過去」のアーサー・エドモンド・カリュー、「君が為め命捧げん」のジョージ・シーグマン、映画初出演のヴァージニア・グレイ。その他ユーラリー・ジェンセン、ルシアン・リトルフィールド、モナ・レイ、ジャック・モワー、ジョン・ローシュ、ディック・サザーランドが総出演する。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マーガリータ・フィッシャー アーサー・エドモンド・カリュー ジョージ・シーグマン ジェームズ・B・ロウ
1926年

鵜の目鷹の目

  • 1926年当年公開
  • 監督

エドガー・フランクリン氏の原作に基いてメルヴィル・ブラウン氏が脚色し「長屋騒動成金物語」「加州目指して」等と同じくハリー・ポラード氏が監督したものである。主役は「スキナーの夜会服」「深夜の太陽」等出演のローラ・ラ・プラント嬢と「女性礼讃」「男子改造」等出演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏で、ジョージ・シーグマン氏を始めトム・リケッツ氏、トム・オブライエン氏等が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン ローラ・ラ・プラント ジョージ・シーグマン トム・リケッツ
1925年

おお、先生

  • 1925年当年公開
  • 監督

カタデイ・イヴニング・ポースト誌に連載されたハリー・レオン・ウィルソン氏原作の同じ名の小説に基づき、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「大速力王」「無鉄砲時代」等と同じくハリー・ポラード氏監督、レジナルド・デニー氏出演の許に作られた喜活劇で、デニー氏の相手は「ボー・ブラムメル」「情夫奮起せば」等出演のメアリー・アスター嬢である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
レジナルド・デニー メアリー・アスター オーティス・ハーラン William Mong
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ポラード