映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1934年 まで合計15映画作品)

1934年

今日の男性

  • 1934年
  • 監督

「餓ゆるアメリカ」「異人種の争闘」のリチャード・バーセルメスが主演する映画で、ルイ・ブロスフィールドの原作を「真夜中の処女」「紅唇罪あり」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同脚色し、「ドン・キホーテ」「三文オペラ」のG・W・パプストが渡米第1回作品として監督にあたり、「流行の王様」「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「世界は還る」のジーン・ミューア、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール及びドロシー・バージェス、「彼の第六感」のホバート・カヴァナ、「青い部屋」のウィリアム・ジャニー、「紅唇罪あり」のアーサー・ホール、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッジ等である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジーン・ミューア マージョリー・ランボー ヴェリー・ティーズデール
1933年

ドン・キホーテ(1933)

  • 1933年
  • 監督

世界最大のバス歌手として知られているフェオドール・シャリアピンが主演する映画で「三文オペラ」「炭坑」「熱砂の女王」と同じくG・W・パブストの監督作品である。原作はセルヴァンテスの有名な作物でこれをフランスの文学者ポール・モーランが改作し、アレクサンドル・アルヌーが台詞を執筆した。シャリアピンを助けて出演する人々は、フランスの舞台の人気者ドルヴィル、「面影」のアルレット・マルシャル、新進のミレーユ・バラン、マディー・ベリー、ドンニオ、ルネ・ヴァリエ、等であるが、なおこの映画にはフランス楽団の新人ジャック・イベールが作曲に、「三文オペラ」「最後の中隊」のアンドレ・アンドレイエフが装置に、ロッテ・ライニガーが線画に、それから「嫉妬」のジャン・ド・リミュールが監督に参与している事を書添えておく。撮影は「幻の小夜曲」と同じくニコラス・ファルカシュの担任。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
フェオドール・シャリアピン ドンニオ チャールズ・マルティネリ レオン・ラリブ

上から下まで

  • 1933年
  • 監督

G・W・パブストが「今日の男性」の前に「ドン・キホーテ(1933)」に次いで監督製作した映画。原作はラディスラス・ブシュ・フェケテの戯曲で、脚色はアンナ・グマイナー、撮影は「アトランティド」のオイゲン・シュフタンがそれぞれ担任した。主演者はフランスで評判のジャン・ギャバンで、「乙女の湖」のミシェル・シモン、「別れの曲」のジャニーヌ・クリスパン、シャンソニエのモーリセエ、の三人が重要な役を勤めて共演する外、「今宵こそは」のマルゴ・リオン、「乙女の湖」のウラジミール・ソコロフ、「M」のペーター・ローレ、「女優ナナ(1926)」のカトリーヌ・エスラン、舞台女優のポーリーヌ・カルトン、ミリー・マチス、モルトン、クリスチアーヌ・ドゥリーヌ等が助演している。音楽は映画中の一曲を除くほかはマルセル・ラテスの担任で、台詞は劇作家ジョルジュ・トレエが執筆した。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ジャン・ギャバン ジャニーヌ・クリスパン ミシェル・シモン モーリセエ
1932年

アトランティド

  • 1932年
  • 監督

「脱走兵」の原作者で、フランス通俗作家として有名なピエール・ブノアの筆になる小説を映画化したもので「炭坑」「三文オペラ」のG・W・パブストが監督にあたった。脚色者は「炭坑」「死の銀嶺」のラディスラウス・ヴァホダ、撮影担任者はオイゲン・シュフタン、主なる出演者は「ニーナ・ペトロヴナ」「愛国者」のブリギッテ・ヘルム、「西部戦線一九一八年」「死の銀嶺」のグスタフ・ディースル、「青の光」のマチアス・ヴィーマン、テラ・チャイ、ウラジミル・ソロコフ等の面々である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ブリギッテ・ヘルム グスタフ・ディースル マチアス・ヴィーマン テラ・チャイ
1931年

炭坑(1931)

  • 1931年
  • 監督

「三文オペラ(1931)」「西部戦線一九一八年」のG・W・パブストがメガフォンを執った映画。カール・オッテンの原案に従いカール・オッテン自身がラディスラウス・ヴァホダ、ランペル二人の協力を得てシナリオに組み立てたのもで、出演者はアレクサンダー・グラナッハ、フリッツ・カンパース、エルンスト・ブッシュ、エリザベート・ウェント、ダニエル・マンダイユ、ジョルジュ・シャルリア、アンドレ・デュクレ、アレックス・ベルナール等である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
アレクサンダー・グラナッハ フリッツ・カンパース エルンスト・ブッシュ エリザベート・ウェント

三文オペラ(1931)

  • 1931年
  • 監督

イギリスの劇作家ジョン・ゲイの手になった舞台劇をドイツ人エリザベス・ハウプトマンが独白し、ベルト・ブレヒトによって台本が書き下ろされ、ドイツの若き作曲家クルト・ヴァイルの作曲によって三幕八場の音楽劇に完成された有名な『三文オペラ』を「西部戦線一九一八年」「パンドラの箱」のG・W・パブストが監督製作した映画で、撮影は、「ウォタルー街」「スピオーネ」のフリッツ・アルノ・ワグナー。主な出演者はルドルフ・フォルスター、カローラ・ネイベル、「拳闘王」を監督したラインホルト・シュンツェル、「カラマゾフの兄弟」「倫落の女の日記」のフリッツ・ラスプ。ヴァレスカ・ゲルト、ロッテ・レーニヤなどである。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ルドルフ・フォルスター カローラ・ネイベル ラインホルト・シュンツェル フリッツ・ラスプ
1930年

西部戦線一九一八年

  • 1930年
  • 監督

「パンドラの箱」「淪落の女の日記」のG・W・パブスト氏の監督作品で、エルンスト・ヨハンゼン氏原作の小説『四人の歩兵』から「六十八番の花嫁」「死の銀嶺」「パンドラの箱」のラディスラウス・ヴァホダ氏が脚色し、「スピオーネ」「世の果」のフリッツ・アルノ・ワグナー氏及びシャルル・メタ氏が共同で撮影したものである。主なる出演者は「死の銀嶺」「生ける屍」のグスタフ・ディースル氏、「潜航艇C一号」のフリッツ・カンパース氏、「金」「潜航艇C一号」のジャッキー・モニエ嬢、ハンス・ヨアヒム・メービス氏、クラウス・クラウゼン氏、グスタフ・プッティヤー氏、ハンナ・ヘースリッヒ嬢、エルゼ・ヘラー夫人等である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
フリッツ・カンパース グスタフ・ディースル ハンス・ヨアヒム・メービス クラウス・クラウゼン
1929年

淪落の女の日記

  • 1929年
  • 監督

「パンドラの箱」「死の銀嶺」につづくG・W・パブスト氏の監督作品で主演者は「パンドラの箱」と同じくルイズ・ブルックス嬢、原作はマルガレーテ・ベーメ女史の小説でルドルフ・レオンハルト氏が脚色の筆をとり、ハインツ・ランヅマン氏指揮のもとに「死の銀嶺」のゼップ・アルガイヤー氏が撮影を担任している。助演者は「懐かしの巴里」のフリッツ・ラスプ氏、「ヴィナス」のアンドレ・ロアンヌ氏、ヨゼフ・ロヴェンスキー氏、アーノルド・コルフ氏、エディット・マインハルト嬢等。(無声)

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ルイズ・ブルックス フリッツ・ラスプ アーノルド・コルフ ヨゼフ・ロヴェンスキー

死の銀嶺

  • 1929年
  • 監督

「聖山」「マッターホン」「銀界征服」のアーノルド・ファンク氏が「喜びなき街」「懐かしの巴里」「パンドラの箱」のG・W・パブスト氏と協力して監督にあたった映画でファンク氏の原作を同氏とラディスラウス・ヴォイド氏が脚色したもの。主役を演ずるのは「生ける屍」「パンドラの箱」のグスタフ・ディースル氏で「聖山」のレニ・リーフェンシュタール嬢、「聖山」「マッターホン」のエルンスト・ペターゼン氏、ミッツィ・ゲッツェル嬢、オットー・スプリング氏、エルンスト・ウーデット氏等が助演している。(無声)

監督
アーノルド・ファンク ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
グスタフ・ディースル レニ・リーフェンシュタール エルンスト・ペーターセン ミッツィ・ゲッツェル

パンドラの箱(1929)

  • 1929年
  • 監督

ドイツ文豪フランク・ヴェデキンド氏の世界的名作『ルル』を「ジャンヌ・ネイの愛」「心の不思議」のG・W・パブスト氏が現代風にアレンジして演出したもの、主役ルルにはアメリカより渡欧したルイズ・ブルックス嬢が扮し、助演者としてドイツ劇壇の名優フリッツ・コルトナー氏、フランツ・ホフマン・レーデラー氏、フランスより参加したアリス・ロバーツ嬢等が出演している。撮影は「プラーグの大学生(1926)」のギュンター・クランプ氏が担任している。(無声)

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ルイズ・ブルックス フリッツ・コルトナー フランツ・ホフマン・レーデラー カール・ゲーツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト