映画-Movie Walker > 人物を探す > Chuck Reisner

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1924年 まで合計4映画作品)

1924年

楽天王ハム

  • 1924年当年公開
  • 出演(Spike_Malone 役)

「いとしの我児」に続くベン・アレクサンダー主演映画で、J・K・マクドナルド氏の原作、ヴァイオレット・クラーク女史,レックス・ニール氏、ジョン・W・グレイ氏の脚色、「子供の世界」「いとしの我児」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督した。アレクサンダー君の対手にはマーメイド喜劇でお馴染みのロイド・ハミルトン氏、「海賊アップルジャック」出演のマット・ムーア氏、「花聟試験」「夜の馬鹿」出演のパッシー・ルス・ミラー嬢その他メアリー・カー婦人やサム・ド・グラッス氏等が出演している。愉快な喜劇である。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ベン・アレクサンダー ロイド・ハミルトン マット・ムーア パッシー・ルス・ミラー

連戦連勝

  • 1924年当年公開
  • 出演(Pop-Eyed_Connelly 役)

「剛勇ジャック」等の連続映画で知られている世界重量拳闘選手権把持者のジャック・デンプシーがユ社に招かれて作った2巻宛で終るシリーズ映画で、ジェラルド・ボーモンが原作を書き、W・スコット・ダーリングが脚色し、第1篇はアール・C・ケントン、第2篇以後はジェス・ロビンスが監督の任に当たった。

監督
アール・C・ケントン ジェス・ロビンス
出演キャスト
ジャック・デンプシー George Ovey トム・マクガイアー Chuck Reisner
1923年

混線婿君

  • 1923年当年公開
  • 出演(Hector 役)

エドワード・ポールトン氏原作の舞台劇に基づきF・マッグルー・ウィリス氏が脚色し、ジョン・マクダーモット氏が監督したもの。主役は「荒れ狂う猛将」「黄金の誘惑」等に出演したオーエン・ムーア氏と「バヴー」「悪魔(1921)」等出演のシルヴィア・ブリーマー嬢でその他に「人魚は踊る」等出演のシド・チャップリン氏「固唾を呑んで」等出演のタリー・マーシャル氏等が出演している。

監督
ジョン・マクダーモット
出演キャスト
オーエン・ムーア シド・チャップリン シルヴィア・ブリーマー タリー・マーシャル

偽牧師

  • 1923年当年公開
  • 出演(the_Crook 役)

チャールズ・チャップリン氏が「給料日」に次いで製作した4巻物喜劇でファースト・ナショナル社より発売された最後の映画である。氏自ら原作を書き下ろし且つ監督主演したもので、相手役は例によってエドナ・パーヴィアンス嬢、其の他氏の兄シドニー・チャップリン氏も出演している。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン エドナ・パーヴィアンス Kitty Bradburn マック・スウェイン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > Chuck Reisner