TOP > 映画監督・俳優を探す > 奥泰典

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2020年 まで合計10映画作品)

2020年

架空OL日記

  • 2月28日(金)
  • ライン・プロデューサー

バカリズムが原作・脚本・主演を務め、第55回ギャラクシー奨励賞、第36回向田邦子賞などを受賞した同名連続ドラマの映画化。バカリズムらドラマの主要キャラクターはそのままに、新たなキャストを加え、銀行員OLの“私”と同僚たちの日常を綴っていく。出演は、「ブルーアワーにぶっ飛ばす」の夏帆、「美人が婚活してみたら」の臼田あさ美、「高崎グラフィティ。」の佐藤玲、「夕陽のあと」の山田真歩。監督はドラマ版に引き続き、住田崇が担当。

監督
住田崇
出演キャスト
バカリズム 夏帆 臼田あさ美 佐藤玲

酔うと化け物になる父がつらい

  • 3月6日(金)
  • 制作担当

菊池真理子による同名コミックエッセイを実写映画化。父は毎日アルコールに溺れ、母は新興宗教信者。そんな両親のもとに生まれたサキは、酔って化け物となった父の奇行に悩まされ母の孤独に触れながら、崩壊していく家族を漫画として笑い話に昇華していたが……。出演は「わたしは光をにぎっている」の松本穂香、「半世界」の渋川清彦。監督は「ルームロンダリング」の片桐健滋。

監督
片桐健滋
出演キャスト
松本穂香 渋川清彦 今泉佑唯 恒松祐里

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

監督
手塚眞
出演キャスト
稲垣吾郎 二階堂ふみ 渋川清彦 石橋静河
2019年

夜明け

  • 2019年1月18日(金)
  • ラインプロデューサー

是枝裕和・西川美和の監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。ある日、哲郎は川辺で倒れている青年を見つけ、自宅で介抱する。哲郎は青年を自ら経営する木工所に連れて行き、仕事を教える。二人は信頼関係を築いていくが、青年はある秘密を抱えていた。出演は、「響 HIBIKI」の柳楽優弥、「映画 深夜食堂」シリーズの小林薫。第23回釜山国際映画祭コンペティション(ニューカレンツ部門)出品。

監督
広瀬奈々子
出演キャスト
柳楽優弥 YOUNG DAIS 鈴木常吉 堀内敬子

きばいやんせ!私

  • 2019年3月9日(土)
  • ラインプロデューサー

「百円の恋」の監督・武正晴と脚本家・足立紳による、鹿児島県肝属郡南大隅町を舞台にした人間ドラマ。テレビアナウンサーの貴子は、命じられた南大隅町・御崎まつりの取材を嫌々ながら進めるうちに、伝統文化を守り抜こうとする人々の思いに動かされていく。きばいやんせとは、鹿児島弁で頑張ってという意味。将来を見失っていたアナウンサー・貴子を「友罪」の夏帆が演じ、相手役を「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の太賀が務める。

監督
武正晴
出演キャスト
夏帆 仲野太賀 岡山天音 坂田聡
2017年

きょうのキラ君

  • 2017年2月25日(土)
  • 制作担当

映画やドラマになった「近キョリ恋愛」など恋愛ストーリーを得意とする人気漫画家、みきもと凛の同名作を、中川大志&飯豊まりえ主演で映画化したラブストーリー。誰にも言えない秘密を抱えた学校一のモテ男と不器用な女子高生の純愛を描く。葉山奨之や平祐奈といった若手注目株が脇を固める。監督は『海月姫』の川村泰祐。

監督
川村泰祐
出演キャスト
中川大志 飯豊まりえ 葉山奨之 平祐奈
2015年

at Home アットホーム

  • 2015年8月22日(土)
  • 制作担当

数々の著作が映像化されている人気作家・本多孝好の同名作を、竹野内豊、松雪泰子らの出演で映画化したユニークなドラマ。それぞれが犯罪で生計をたてている血縁関係のない家族に突如ふりかかったトラブルが描き出される。人気お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が家族を事件に巻き込む犯人役で映画初出演。

監督
蝶野博
出演キャスト
竹野内豊 松雪泰子 坂口健太郎 黒島結菜
2014年

友だちと歩こう

  • 2014年3月22日(土)
  • 制作担当

ナイーブな少年たちを描き第50回ベルリン国際映画祭アルフレート・バウアー賞を受賞した「独立少年合唱団」や、かつて交際していた中年男女を描き2005年モントリオール世界映画祭審査員特別賞を受賞した「いつか読書する日」を生みだした緒方明監督と脚本家の青木研次が、9年ぶりにタッグを組んだオムニバス映画。郊外の団地に住む年老いた男性たちや青春を引きずる者たちが織りなす「煙草を買いに行く」「毛糸の犬」「千九百年代のリンゴ」「道を歩けば」の4作から成り、それぞれ密接に関わり合っている。アコーディオン奏者cobaが音楽を担当。「JAZZ爺MEN」の上田耕一、「風花」の高橋長英、「恋に至る病」の斉藤陽一郎、「SP」シリーズの松尾諭らが出演。

監督
緒方明
出演キャスト
上田耕一 高橋長英 斉藤陽一郎 松尾諭
2008年

プラスワンvol.2「靴ヶ浜温泉コンパニオン控室」

  • 2008年10月11日(土)
  • 助監督

監督の提示する物語のラフスケッチを基に、プロアマ問わずオープンに参加した俳優達が、4日間かけて演技を練り上げてゆくという、俳優たちのワークショップの短編映画集・第2弾。監督は、「いつか読書する日」の緒方明。

監督
緒方明
出演キャスト
澤山薫 林摩耶 原田砂穂 西野まり

あの空をおぼえてる

  • 2008年4月26日(土)
  • 製作進行

竹野内豊が7年ぶりの映画主演を果たした感動ドラマ。事故で突然娘を亡くした家族が、その悲しい現実と対峙しながらも、絆を強めていく姿を情感あふれるタッチでつづる。

監督
冨樫森
出演キャスト
竹野内豊 水野美紀 広田亮平 吉田里琴

奥泰典の関連人物

林摩耶  夏帆  竹野内豊  宇野祥平  徳井優 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 奥泰典

ムービーウォーカー 上へ戻る