映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・セレック

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2007年 まで合計8映画作品)

2007年

ルイスと未来泥棒

  • 2007年12月22日(土)公開
  • 出演(声)(コネリアス 役)

名作ファンタジーを生み続けるディズニーのSF冒険アニメ。未来世界の命運を託された12歳の孤独な少年が“未来泥棒”と呼ばれる悪に立ち向かう姿を、ドラマチックに描く。

監督
スティーブン・アンダーソン
出演キャスト
ダニエル・ハンセン ジョーダン・フライ スティーブン・ジョン・アンダーソン ウェズリー・シンガーマン
1998年

イン&アウト

  • 1998年12月19日(土)公開
  • 出演(Peter Malloy 役)

教え子のオスカーを受賞した人気スターにゲイだと公表された英語教師が巻き込まれる騒動を描いたコメディ。トム・ハンクスが「フィラデルフィア」(93)でアカデミー主演男優賞を受賞した際、スピーチでゲイである恩師に感謝した実話を基に、「ジェフリー!」で知られる劇作家としても著名な脚本家ポール・ラドニック(ちなみに彼自身はゲイを公表)が脚本を執筆、監督には「ハウスシッター 結婚願望」のフランク・オズがあたった。製作は「身代金」のスコット・ルーディンで、製作総指揮も同作のアダム・シュローダー。撮影は本作が撮影監督デビューとなるロブ・ハーン。音楽は「ジャングル・ジョージ」のマーク・シャイマン。美術は「バリー・リンドン」「英国万歳!」のケン・アダム。衣裳は「沈黙のジェラシー」のアン・ロス。編集はダン・ハンリーとジョン・ジンプソン。出演は「アイス・ストーム」のケヴィン・クライン、「あなたに逢いたくて」のジョーン・キューザック、「アルビノ・アリゲーター」のマット・ディロン、「ミスター・ベースボール」のトム・セレック、「ボディガード」のデビー・レイノルズ、「ハード・ターゲット」のウィルフォード・ブリムリーほか。

監督
フランク・オズ
出演キャスト
ケヴィン・クライン ジョーン・キューザック マット・ディロン デビー・レイノルズ
1993年

ミスター・ベースボール

  • 1993年2月6日(土)公開
  • 出演(Jack Elliot 役)

日本の球団にトレードされた米大リーガーの活躍を描くヒューマン・コメディ。中日ドラゴンズの協力で、野球の場面は日本各地のプロ野球チームのホーム・グラウンドで撮影された。ナゴヤ球場では、10万人以上の名古屋市民がエキストラとして参加している。監督・製作は「ロシア・ハウス」のフレッド・スケピシ、共同製作は「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」のダグ・クレイボーン、ロバート・ニューマイヤー、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ケイオ、ジェフリー・シルヴァー、近藤晋。セオ・ペレティアとジョン・ジュンカーマンの原案を基に、ゲイリー・ロス、ケヴィン・ウェイト、モンテ・メリックが脚本を執筆。撮影はイアン・ベイカー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。主演は「コロンブス」のトム・セレック、「ブラック・レイン」の高倉健。レオン・リー、亜仁丸・レスリーら、日本で活躍した元大リーガーが特別出演している。

監督
フレッド・スケピシ
出演キャスト
トム・セレック 高倉健 高梨亜矢 デニス・ヘイスバート
1992年

コロンブス

  • 1992年8月22日(土)公開
  • 出演(King_Ferdinand 役)

コロンブス、アメリカ大陸に到着し世界で知らぬ者はいないこの人物の歴史的事実に隠された_知られざるドラマ_を描いた作品。監督は「エイセス/大空の誓い」のジョン・グレン、製作は「スーパーマン」シリーズのイリヤ・サルキンド、エグゼクティヴ・プロデューサーはアレクサンダー・サルキンド、原作・脚本は「ゴッドファーザーPARTII」のマリオ・プーゾ、共同脚本は「ガンジー」のジョン・ブライリーとキャリー・ベイツ、撮影はアレック・ミルズ、音楽はクリフ・エイデルマンが担当。

監督
ジョン・グレン
出演キャスト
マーロン・ブランド トム・セレック ジョージ・コラフェイス レイチェル・ウォード
1991年

スリーメン&リトルレディ

  • 1991年9月14日(土)公開
  • 出演(Peter 役)

3人の独身男が1人の赤ん坊を育てる破目になったことから始まるコメディ「スリーメン&ベビー」の続編。製作はテッド・フィールドとロバート・W・コート。監督は「ワン・モア・タイム」のエミール・アルドリーノ、脚本はチャーリー・ピータース、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽をジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。出演はトム・セレック、スティーヴ・グッテンバーグ、テッド・ダンソンほか。

監督
エミール・アルドリーノ
出演キャスト
トム・セレック スティーヴ・グッテンバーグ テッド・ダンソン ナンシー・トラヴィス
1988年

スリーメン&ベビー

  • 1988年8月13日(土)公開
  • 出演(Peter 役)

ニューヨークに住む3人の独身貴族のもとに突然現われた赤ちゃんが彼らにもたらずさまざまな騒動を描くコメディ映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはジャン・フランソワ・ルプティ、製作はテッド・フィールドとロバート・W・コート、監督は「故郷への長い道 スター・トレック4」のレナード・ニモイ、コリーヌ・セローの「赤ちゃんに乾杯!」のリメイク版でジェームズ・オアとジム・クラックシャンクが脚本、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当。出演はトム・セレック、スティーヴ・グッテンバーグ、テッド・ダンソンほか。

監督
レナード・ニモイ
出演キャスト
トム・セレック スティーヴ・グッテンバーグ テッド・ダンソン ナンシー・トラヴィス
1985年

未来警察

  • 1985年7月13日(土)公開
  • 出演(Ramsay 役)

ロボットに関するトラブル処理専門の警官の活躍を描くアクション映画。製作はマイケル・ラックミル、エグゼクティヴ・プロデューサーはカート・ヴィラドセン。監督・脚本は「大列車強盗(1979)」のマイケル・クライトン。撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はジェリー・ゴールドスミス、デザインはデイヴィッド・デュランドが担当。出演はトム・セレック他。

監督
マイケル・クライトン
出演キャスト
トム・セレック シンシア・ローズ ジーン・シモンズ カースティ・アレイ
1983年

ハイ・ロード

  • 1983年5月28日(土)公開
  • 出演(O'Malley 役)

父親の行方を探す女性と、彼女にやとわれた呑んだくれのパイロットがくりひろげる冒険飛行を描くアドベンチャー映画。フレッド・ワイントローブがシティ・フィルムズのために製作。香港のゴールデン・ハーヴェスト・プロとザグレブ(ユーゴスラヴィア)のジャドラ・フィルムが提供。エグゼクティヴ・プロデューサーはレイギンド・チョウ。監督は「ある愛のすべて」のブライアン・G・ハットン・ジョン・クレアリーの「高く危険な道」(角川書店)を、サンドラ・ワイントローブとS・リー・ポゴスティンが脚色した。ロニー・テイラーが撮影、ジョン・バリーが音楽を担当。出演はトム・セレック、ベス・アームストロング、ジャック・ウェストン、ウィルフォード・ブリムリーなど。ユーゴスラヴィアでロケ撮影された。テクノヴィジョンで撮影。日本版字幕は進藤光太。テクニカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
ブライアン・G・ハットン
出演キャスト
トム・セレック ベス・アームストロング ジャック・ウェストン ウィルフォード・ブリムリー

関連ニュース

マイケル・J・フォックスやトム・セレックなど豪華ゲスト出演「ボストン・リーガル」DVDが6月3日発売
マイケル・J・フォックスやトム・セレックなど豪華ゲスト出演「ボストン・リーガル」DVDが6月3日発売(2011年5月15日)

法廷ドラマを得意とし、「アリー my ラブ」のクリエーターでもあるデイビッド・E・ケリーが贈る法廷エンターテインメント海外ドラマ「ボストン・リーガル お騒がせグ…

『キス&キル』主演のアシュトン・カッチャーや監督インタビュー動画を先行公開!
『キス&キル』主演のアシュトン・カッチャーや監督インタビュー動画を先行公開!(2010年11月19日)

CIAのスパイという裏の顔を持つイケメン実業家と、それを知らずに結婚した世間知らずのお嬢様が騒動に巻き込まれる様子をコミカルに描いた、『キューティ・ブロンド』(…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・セレック