映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・ガーフィールド

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2018年 まで合計15映画作品)

2018年

アンダー・ザ・シルバーレイク

  • 2018年10月13日(土)公開
  • 出演(サム 役)

『イット・フォローズ』で人気を博したデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督によるサスペンススリラー。向かいに越してきた美女にひと目ぼれしたオタク青年が、ある日突然姿を消した彼女を捜すうちに、街の裏側に潜む陰謀に迫っていく。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールドが主人公のサムを演じる。

監督
デヴィッド・ロバート・ミッチェル
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド ライリー・キーオ トファー・グレイス ゾーシャ・マメット

ブレス しあわせの呼吸

  • 2018年9月7日(金)公開
  • 出演(ロビン・カヴェンディッシュ 役)

『ブリジット・ジョーンズの日記』のプロデューサー、ジョナサン・カヴェンディッシュが、自身の両親の物語を映画化した人間ドラマ。28歳で首から下が全身マヒとなり、医師から余命数か月を宣告された男と家族の物語がつづられる。モーション・キャプチャーで数々のキャラクターを演じてきたアンディ・サーキスの長編監督デビュー作となる。

監督
アンディ・サーキス
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド クレア・フォイ トム・ホランダー スティーヴン・マンガン

ナショナル・シアター・ライブ 2018「エンジェルス・イン・アメリカ 第二部 ペレストロイカ」

  • 2018年3月16日(金)公開
  • 出演

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台を映像化し、映画館で上映する「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの2018年ラインンナップ作品。エイズが同性愛者のがんと認識されていた80年代のニューヨークを舞台に同性愛者とその周囲の人々を描く2部作の第2部。

出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド ネイサン・レイン デニース・ゴフ スーザン・ブラウン

ナショナル・シアター・ライブ 2018「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」

  • 2018年2月2日(金)公開
  • 出演

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台を映像化し、映画館で上映する「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの2018年ラインンナップ作品。エイズが同性愛者のがんと認識されていた80年代のニューヨークを舞台に同性愛者とその周囲の人々を描く2部作の第1部。

出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド ネイサン・レイン デニース・ゴフ スーザン・ブラウン
2017年

ハクソー・リッジ

  • 2017年6月24日(土)公開
  • 出演(Desmond Doss 役)

衛生兵として一晩で75名の日米の負傷兵を救い、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドス。アンドリュー・ガーフィールドがドスを演じ、メル・ギブソンがその半生を映画化した人間ドラマ。沖縄の激戦地“ハクソー・リッジ”でドスが取った勇気ある行動が臨場感あふれる戦闘シーンとともに描かれる。

監督
メル・ギブソン
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド サム・ワーシントン テリーサ・パーマー ヴィンス・ヴォーン

沈黙-サイレンス-

  • 2017年1月21日(土)公開
  • 出演(Rodrigues 役)

17世紀の日本におけるキリシタン弾圧をポルトガル人司祭の目を通して描いた遠藤周作の小説を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した歴史ドラマ。師の棄教の真実を探るため、日本を訪れる若き司祭をアンドリュー・ガーフィールドとアダム・ドライバーが演じるほか、窪塚洋介や浅野忠信らも重要な役で出演する。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー キーラン・ハインズ
2016年

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

  • 2016年1月30日(土)公開
  • 出演

ジョセフ・E・スティグリッツの著書『世界の99%を貧困にする経済』をベースに、住宅ローンの返済不能により家を差し押さえられた人々の事実に基づくドラマ。主演は「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド。共演は、「マン・オブ・スティール」のマイケル・シャノン、「私に会うまでの1600キロ」のローラ・ダーン。監督は、「チェイス・ザ・ドリーム」のラミン・バーラニ。第71回ベネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

監督
ラミン・バーラニ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド マイケル・シャノン ローラ・ダーン ノア・ロマックス
2014年

アメイジング・スパイダーマン2

  • 2014年4月25日(金)公開
  • 出演(ピーター・パーカー 役)

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が、アンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて描く、『スパイダーマン』の新シリーズの第2作。宿敵グリーン・ゴブリン、高圧電流を操るエレクトロ、サイ型のパワードスーツを身につけたライノという3人の強力な敵の出現に、ニューヨークを守るべくスパイダーマンが立ち向かう。

監督
マーク・ウェブ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン ジェイミー・フォックス デイン・デハーン
2012年

アメイジング・スパイダーマン

  • 2012年6月30日(土)公開
  • 出演(ピーター・パーカー/スパイダーマン 役)

『ソーシャル・ネットワーク』で多くの演技賞に輝いたアンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて描く、『スパイダーマン』シリーズ最新作。主人公だけでなく、スタッフ&キャストを一新、高校時代の主人公ピーター・パーカーの物語が繰り広げられる。監督は『(500)日のサマー』で一躍注目を集めたマーク・ウェブ。

監督
マーク・ウェブ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン リース・イーヴァンズ キャンベル・スコット
2011年

アイム・ヒア

  • 2011年12月17日(土)公開
  • 出演(シェルドン 役)

「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督による2作品を同時公開。「わたしを離さないで」のアンドリュー・ガーフィールド主演で、ロボットの恋を描く短編「アイム・ヒア」と、「かいじゅうたちのいるところ」原作のモーリス・センダックに迫るドキュメンタリー「みんなの知らないセンダック」の2本。

監督
スパイク・ジョーンズ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド シエンナ・ギロリー

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・ガーフィールド