TOP > 映画監督・俳優を探す > 古賀奏一郎

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2018年 まで合計18映画作品)

2018年

セブンガールズ

  • 2018年9月29日(土)
  • ライン・プロデューサー

2018年に旗揚げ20周年を迎える劇団前方公演墳の同名舞台を、クラウドファンディングで資金を集めて映画化。終戦直後の東京。様々な境遇から、1軒のパンパン宿でアメリカ兵に体を売るようになった8人の娼婦たちが、毎日を逞しく生き抜いていく。出演は「スプリットの恋」の坂崎愛。

監督
デビッド・宮原
出演キャスト
坂崎愛 堀川果奈 安達花穂 河原幸子

教誨師

  • 2018年10月6日(土)
  • 制作

2018年に急逝した大杉蓮が初プロデュースした最後の主演作。6人の死刑囚と面会する教誨師の佐伯。死刑囚たちは彼に真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始する者もいる。佐伯は彼らに寄り添いながらも葛藤し、自らの人生と向き合っていく。出演は、「羊と鋼の森」の光石研、「祈りの幕が下りる時」の烏丸せつこ、「クソ野郎と美しき世界」の古舘寛治、劇団柿喰う客の玉置玲央、「インスタント沼」の五頭岳夫、「まだ楽園」の小川登。監督は、「ランニング・オブ・エンプティ」の佐向大。

監督
佐向大
出演キャスト
大杉漣 玉置玲央 烏丸せつこ 五頭岳夫

愛しのアイリーン

  • 2018年9月14日(金)
  • ラインプロデューサー

小学館漫画賞を受賞し、テレビドラマにもなった「宮本から君へ」で知られる、新井英樹の人気コミックを、安田顕主演で映画化した人間ドラマ。田舎町で暮らす40代男とフィリピン人女性との国際結婚が巻き起こす騒動を描く。同作について“最も影響を受けた漫画”と公言する『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔が監督を務める。

監督
吉田恵輔
出演キャスト
安田顕 ナッツ・シトイ 河井青葉 ディオンヌ・モンサント
2016年

ひかりをあててしぼる

  • 2016年12月3日(土)
  • プロデューサー

2006年渋谷で実際にあった事件を基に2011年に上演された舞台を、同作演出の坂牧良太が自ら映画化。サラリーマンの浩平は、合コンで出会った智美と結婚する。やがて虚栄心の強い智美に振り回されるようになった浩平は、彼女に暴力を振るうようになる。出演は、「ヘヴンズ ストーリー」の忍成修吾、「くらげとあの娘」の派谷恵美、「ハッピーランディング」の永山たかし。

監督
坂牧良太
出演キャスト
忍成修吾 派谷恵美 桜井ユキ ERINA
2015年

ディアーディアー

  • 2015年10月24日(土)
  • 制作担当

幼い頃に幻のシカを見つけたものの信じてもらえなかった3人の兄妹の軌跡を描いたヒューマンコメディ。監督は「ヘブンズストーリー」など助監督として数々の現場を踏んできた菊地健雄。郷里である栃木県足利市を舞台に初監督作に挑んだ。また、「グレート・ラビット」で第62回ベルリン国際映画祭短編部門の銀熊賞を受賞した和田淳がアニメーションを担当。ロックバンド『森は生きている』の岡田拓郎が劇中の音楽を手がけている。酒びたりの妹を「パッチギ! LOVE & PEACE」の中村ゆりが、多額の借金を背負う長兄を「市民ポリス69」の桐生コウジが、心のバランスを崩した次男を「Helpless」など青山真治監督作品の常連・斉藤陽一郎が演じる。

監督
菊地健雄
出演キャスト
中村ゆり 斉藤陽一郎 桐生コウジ 染谷将太

ジヌよさらば〜かむろば村へ〜

  • 2015年4月4日(土)
  • ライン・プロデューサー

いがらしみきおの同名コミックを奇才・松尾スズキ監督が映画化したヒューマンコメディ。お金を一切使わない生活を送るため、東北の寒村にやってきた元銀行マンが、個性的な村人たちとのふれあいを通して変わっていく姿を描く。主人公役の松田龍平のほか、阿部サダヲ、片桐はいりらが村人に扮し、ユニークな物語を盛り上げる。

監督
松尾スズキ
出演キャスト
松田龍平 阿部サダヲ 松たか子 二階堂ふみ
2014年

さよならケーキとふしぎなランプ

  • 2014年4月26日(土)
  • プロデューサー

吉祥寺の発展を願う人々が集まり、地元に密着した映画の製作から劇場公開までを一貫してプロデュースする“吉祥寺で映画を撮ろう!”プロジェクト第4弾。1軒のカフェを舞台に、人々の交流を描く。ミュージシャンの堂島孝平が、映画初出演にして初主演。2014年5月末閉館の吉祥寺バウスシアターのクロージング作品として公開。

監督
金井純一
出演キャスト
堂島孝平 平田薫 ヨネスケ 坂田雅彦
2013年

ゆるせない、逢いたい

  • 2013年11月16日(土)
  • プロデューサー

デートレイプという社会問題を、10代の瑞々しい恋愛模様に織り込んで描く青春ストーリー。監督は、短編「転校生」で札幌国際短編映画祭最優秀監督賞、最優秀国内作品賞を受賞した金井純一。出演は、「スクールガール・コンプレックス 放送部篇」の吉倉あおい、「許されざる者」の柳楽優弥、「×ゲーム2」の朝加真由美。

監督
金井純一
出演キャスト
吉倉あおい 柳楽優弥 新木優子 原扶貴子

桜並木の満開の下に

  • 2013年4月13日(土)
  • ライン・プロデューサー

東日本大震災後の茨城県日立市を舞台に、新婚早々最愛の夫を事故で亡くした妻の心の動きを描いたラブストーリー。監督はドキュメンタリーやロードムービーなど幅広く手がける舩橋淳。「BIG RIVER」「谷中暮色」「フタバから遠く離れて」に続き、本作もベルリン国際映画祭にて上映された。夫を亡くし悲しみに暮れるが事故を引き起こした工員に次第に心動かされて行く妻を「東京プレイボーイクラブ」の臼田あさ美が、ひたむきに許しを乞う工員に「あなたへ」の三浦貴大が演じている。ほか、「東京公園」の高橋洋、「女優霊」の柳憂怜、「かぞくのくに」の諏訪太朗らが出演。日本さくら名所100選に入った日立市平和通りの桜が主人公の心模様を彩る。

監督
舩橋淳
出演キャスト
臼田あさ美 三浦貴大 高橋洋 松本まりか
2012年

あんてるさんの花

  • 2012年6月16日(土)
  • 助監督

吉祥寺で居酒屋を営む男性が触ると幻が見えるという花を手に入れたことから、その花に触れる客の姿を見守るファンタジー。「セバスチャン」(2009年吉祥寺バウスシアターにて一日限定レイトショー)、「あまっちょろいラブソング」に続く、武蔵野市吉祥寺を拠点にしたプロジェクト『ムサシノ吉祥寺で映画を撮ろう!』第3弾。吉祥寺で居酒屋を営むかたわら同プロジェクトを始め、前2作のプロデューサーや「バカバカンス」「DIARY」の音楽制作を担った松江勇武が、本作のエグゼクティブプロデューサーを務めている。監督は「すべての女に嘘がある」の宝来忠昭。「武士の家計簿」の小木茂光、 「タナトス」の徳山秀典、「神様ヘルプ!」の佐藤めぐみらが出演。

監督
宝来忠昭
出演キャスト
小木茂光 徳山秀典 佐藤めぐみ 柳めぐみ

古賀奏一郎の関連人物

中野圭  有末麻祐子  川連廣明  仲村みう  飛鳥凛 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 古賀奏一郎

ムービーウォーカー 上へ戻る