映画-Movie Walker > 人物を探す > アルバート・ブルックス

年代別 映画作品( 1976年 ~ 2016年 まで合計8映画作品)

2016年

ファインディング・ドリー

  • 2016年7月16日(土)公開
  • 出演(声)(MARLIN 役)

カクレクマノミのニモと愉快な仲間たちによる冒険を描いた『ファインディング・ニモ』の続編。前作から1年後の世界を舞台に、なんでもすぐに忘れてしまうドリーが唯一忘れなかった大事な家族を捜すため、壮大な冒険の旅に出る。ニモとマーリンの親子やカメのクラッシュといったおなじみのキャラクターももちろん登場する。

監督
アンドリュー・スタントン
出演キャスト
エレン・デジェネレス アルバート・ブルックス ヘイデン・ローレンス エド・オニール
2007年

ザ・シンプソンズ MOVIE

  • 2007年12月15日(土)公開
  • 出演(声・字幕版)(ラス・カギル 役)

1987年に放映が始まった米テレビの長寿アニメ・シリーズの映画化。おバカなパパ、愛情あふれるママと3人の子供たちのシンプソン一家が、町を大騒動に巻き込む爆笑コメディ。

監督
デヴィッド・シルバーマン
出演キャスト
ダン・カステラネタ ジュリー・カヴナー Nancy Cartwright ヤードリー・スミス
2004年

セイブ・ザ・ワールド

  • 2004年6月26日(土)公開
  • 出演(Jerry Peyser 役)

マイケル・ダグラス主演のアクション・コメディ。極秘任務を遂行中のCIA捜査官が、息子の結婚のために涙ぐましい奮闘をする姿を往年の名曲に乗せてコミカルに描く。

監督
アンドリュー・フレミング
出演キャスト
マイケル・ダグラス アルバート・ブルックス ロビン・トゥーニー ライアン・レイノルズ
2003年

ファインディング・ニモ

  • 2003年12月6日(土)公開
  • 出演(声)(Marlin 役)

「モンスターズ・インク」のディズニーとピクサーによる感動のアニメーション。ダイバーにさらわれた息子を助ける冒険に出たカクレクマノミの姿をユーモラスに描いている。

監督
アンドリュー・スタントン
出演キャスト
アルバート・ブルックス エレン・デジェネレス アレクサンダー・グールド ウィレム・デフォー
1988年

ブロードキャスト・ニュース

  • 1988年4月29日(金)公開
  • 出演(Aaron_Altman 役)

ワシントンのテレビ局を舞台に、そこに働く男女3人の三角関係を描く。製作・監督・脚本は「愛と追憶の日々」のジェームズ・L・ブルックス、エグゼクティヴ・プロデューサーはポリー・プラット、撮影はミハエル・バルハウス、音楽はビル・コンティ、編集はリチャード・マークスが担当。出演はウィリアム・ハート、アルバート・ブルックス、ホリー・ハンターほか。なおジャック・ニコルソンが友情出演している。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
ウィリアム・ハート アルバート・ブルックス ホリー・ハンター ロバート・プロスキー
1984年

殺したいほど愛されて

  • 1984年9月15日(土)公開
  • 出演(Norman_Robbins 役)

若い絶世の美女を妻にもった国際的な指揮者の妄想を描くコメディ。製作はマーヴィン・ワースとジョー・ワイザン、エグゼキュティヴ・プロデューサーはダニエル・メルニック、監督は「プライベート・ベンジャミン」のハワード・ジーフ。プレストン・スタージェスの原案を基にヴァレリー・カーティン、バリー・レヴィンソン、ロバート・クレインが脚色。撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はビル・コンティ、編集はシェルドン・カーン、プロダクションデザイナーはアルバート・ブレナー、衣裳はクリスティー・ジーが担当。出演はダドリー・ムーア、ナスターシャ・キンスキー、アーマンド・アサンテ、アルバート・ブルックス、キャシー・イエーツ、など。

監督
ハワード・ジーフ
出演キャスト
ダドリー・ムーア ナスターシャ・キンスキー アーマンド・アサンテ アルバート・ブルックス

トワイライトゾーン 超次元の体験

  • 1984年2月18日(土)公開
  • 出演(Driber 役)

59年から65年までCBSで放送されたTVシリーズの映画版。スティーヴン・スピルバーグとジョン・ランディスが製作にあたり、2人の他にジョー・ダンテとジョージ・ミラーの2人が加わり4人それぞれ1話ずつ(ランディスはプロローグも担当)を監督した。エグゼクティヴ・プロデューサーはフランク・マーシャル。脚本はプロローグと第1話をジョン・ランディス、第2話をジョージ・クレイトン・ジョンソン、リチャード・マシスン、ジョッシュ・ローガン(メリッサ・マティスンの筆名)の3人、第3・4話をリチャード・マシスンが執筆している。撮影はプロローグと第1話をスティーヴン・ラーナー、第2話・4話をアレン・ダヴュー、第3話をジョン・ホラが担当。音楽はジェリー・ゴールドスミス、プロダクション・デザイナーはジェームズ・D・ビッセル。出演はダン・エイクロイド、アルバート・ブルックス、ヴィック・モロー、スキャットマン・クロザース、キャスリーン・クインラン、ジェレミー・ライト、ジョン・リスゴーなど。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1983年作品。ヴィック・モローは共演していたベトナム系少女たちと共にこの撮影中に事故死した。

監督
ジョン・ランディス スティーヴン・スピルバーグ ジョー・ダンテ ジョージ・ミラー
出演キャスト
バージェス・メレディス ダン・エイクロイド アルバート・ブルックス ヴィック・モロー
1976年

タクシードライバー

  • 1976年9月18日(土)公開
  • 出演(Tom 役)

大都会・ニューヨークを舞台に、うっ屈した生活を送る1人のタクシー・ドライバーが、自分の存在を世間に認めさせようと『行動』を起こす心のプロセスを追う。製作は「スティング」のマイケルとジュリア・フィリップス、監督は「アリスの恋」のマーティン・スコーシージ、脚本は「ザ・ヤクザ」のポール・シュレイダー、撮影はマイケル・チャップマン、音楽はバーナード・ハーマン、編集はマーシア・ルーカスがそれぞれ担当。出演はロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパード、ピーター・ボイル、ジョディ・フォスター、アルバート・ブルックス、ハーヴェイ・カイテルなど。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ シビル・シェパード ピーター・ボイル ジョディ・フォスター

関連ニュース

『ドライヴ』キャリー・マリガン「ニコラス監督との仕事はとても素晴らしい経験」
『ドライヴ』キャリー・マリガン「ニコラス監督との仕事はとても素晴らしい経験」(2012年3月23日)

第64回カンヌ国際映画祭でニコラス・ウィンディング・レフンが監督賞に輝いた『ドライヴ』(3月31日公開)。『きみに読む物語』(05)や本作と同日公開の『スーパー…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルバート・ブルックス