映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴラド・イヴァノフ

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2019年 まで合計5映画作品)

2019年

サンセット

「サウルの息子」のネメシュ・ラースローによるドラマ。1913年、イリスはブダペストの高級帽子店で働くことを夢見てやってくる。そこは彼女の亡くなった両親が遺した店だった。だが、今のオーナーに追い返されてしまう。さらに彼女に兄がいたことを知る。出演は、「サウルの息子」のユリ・ヤカブ、「エリザのために」のヴラド・イヴァノフ、「リザとキツネと恋する死者たち」のモーニカ・バルシャイ。ヴェネチア国際映画祭国際批評家連盟賞受賞、第91回アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表作品。

監督
ネメシュ・ラースロー
出演キャスト
ユリ・ヤカブ ヴラド・イヴァノフ モーニカ・バルシャイ
2017年

ありがとう、トニ・エルドマン

  • 2017年6月24日(土)公開
  • 出演(イリエスク 役)

第69回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を始め、各国で数々の賞に輝いたヒューマンドラマ。悪ふざけが大好きな父が、娘を心配しブカレストを訪れる。数日間一緒に過ごし父はドイツに帰るが、娘のもとに<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れ……。監督・脚本は「恋愛社会学のススメ」のマーレン・アデ。出演は「三人姉妹(1988)」のペーター・シモニシェック、『裸の診察室』のザンドラ・ヒュラー、「ボーグマン」のハーデウィック・ミニス、「エンジェル(2007)」のルーシー・ラッセル、「エリザのために」のヴラド・イヴァノフ。

監督
マーレン・アデ
出演キャスト
ペーター・シモニシック ザンドラ・ヒュラー ミヒャエル・ヴィッテンボルン トーマス・ロイブル

エリザのために

  • 2017年1月28日(土)公開
  • 出演(警察署長 役)

「汚れなき祈り」のクリスティアン・ムンジウ監督による第69回カンヌ国際映画祭監督賞受賞作。登校途中に暴漢に襲われ、留学を決める最終試験に影響を及ぼすほど動揺するエリザ。父ロメオは娘のためにツテを頼り、試験に温情を与えてもらおうと奔走するが……。出演は、ルーマニア出身の女優マリア・ドラグシ、「私の、息子」のヴラド・イヴァノフ。

監督
クリスティアン・ムンジウ
出演キャスト
アドリアン・ティティエニ マリア・ドラグシ リア・ブグナル マリナ・マノヴィッチ
2014年

私の、息子

  • 2014年6月21日(土)公開
  • 出演(ディヌ・ラウレンティウ 役)

人身事故を起こした息子を守ろうとする母親の過剰な愛情が招く親子関係の軋轢を描くヒューマンドラマ。出演は「4ヶ月、3週と2日」のルミニツァ・ゲオルギウ、『タリスマン』のイリンカ・ゴヤ。監督は、ルーマニアの新鋭カリン・ペーター・ネッツアー。2013年ベルリン国際映画祭で金熊賞(最高賞)と国際映画批評家連盟賞をダブル受賞。

監督
カリン・ペーター・ネッツアー
出演キャスト
ルミニツァ・ゲオルギウ ボグダン・ドゥミトラケ イリンカ・ゴヤ ナターシャ・ラーブ
2008年

4ヶ月、3週と2日

  • 2008年3月1日(土)公開
  • 出演(ベベ 役)

2007年のカンヌ映画祭で最高賞パルムドールに輝いたルーマニア映画。独裁政権末期の1987年を背景に、中絶という違法行為を決意した女性2人の緊迫の一日を描き出す。

監督
クリスティアン・ムンジウ
出演キャスト
アナマリア・マリンカ ローラ・ヴァシリウ ヴラド・イヴァノフ アレクサンドル・ポトチェアン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴラド・イヴァノフ