映画-Movie Walker > 人物を探す > 小泉朋

年代別 映画作品( 2008年 ~ 2018年 まで合計7映画作品)

2018年

SUNNY 強い気持ち・強い愛

  • 2018年8月31日(金)公開
  • ラインプロデューサー

40代になった女性たちが高校時代の親友と再会しようとする姿を描き、日本でも大ヒットを記録した韓国発の人間ドラマ『サニー 永遠の仲間たち』。同作のファンだという大根仁監督が舞台を日本に移し、90年代に流行した音楽やファッションをちりばめてリメイク。主人公の高校生時代を演じた広瀬すずがコギャルメイクを披露する。

監督
大根仁
出演キャスト
篠原涼子 広瀬すず 小池栄子 ともさかりえ
2017年

スプリング、ハズ、カム

  • 2017年2月18日(土)公開
  • プロデューサー

噺家の柳家喬太郎とE-girlsの石井杏奈が父子を演じ、第28回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されたヒューマンドラマ。大学進学のため広島から上京して一人暮らしをすることになった璃子は、シングルファーザーの肇と部屋を探しに歩く。監督・脚本・編集は、「あかぼし」の吉野竜平。

監督
吉野竜平
出演キャスト
柳家喬太郎 石井杏奈 朴?美 角田晃広
2015年

灰色の烏

  • 2015年3月21日(土)公開
  • プロデューサー

シンガーソングライターで本作主演の西田エリが発表した曲『灰色のカラス』を基に、自ら描き下した絵本『灰色のからす』からインスパイアされた青春サスペンス。天狗伝説のある山から下山中に遭難したガールキャンプクラブのメンバーたちの心の変化を描く。監督・脚本は、「ホールイン・ワンダーランド」の清水直艶。

監督
清水艶
出演キャスト
西田エリ 中山龍也 小林歌穂 安保彩世
2014年

そばにいるよ! 自閉症(オーティズム)と車椅子の監督

  • 2014年10月4日(土)公開
  • プロデューサー

劇映画「星の国から孫ふたり」が遺作となった槙坪夛鶴子監督を追ったドキュメンタリー。リウマチが進行し車椅子での演出を余儀なくされた姿や、車椅子で全国を回る上映活動、また自閉症を持つ家族への取材も記録した。監督は、本作が初の劇場公開作品となる床波ヒロ子。文部科学省選定作品、あいち国際女性映画祭上映作品。

監督
床波ヒロ子
出演キャスト
槙坪夛鶴子 馬渕晴子 小林桂樹 米倉斉加年
2008年

みんな、はじめはコドモだった「展望台」

  • 2008年12月23日(火)公開
  • 制作主任

朝日放送新社屋完成記念事業の一環として製作された短編オムニバス。“こども”をテーマに「闇の子供たち」の阪本順治、「パッチギ!」の井筒和幸、「悲しき天使」の大森一樹、「フラガール」の李相日、「血と骨」の崔洋一という5人の監督がメガホンをとった。出演は「ザ・マジックアワー」の佐藤浩市、「ダイブ!!」の光石研、「memo」の高岡早紀など。

監督
阪本順治
出演キャスト
佐藤浩市 小林勇一郎 浦川泰幸

闇の子供たち

  • 2008年8月2日(土)公開
  • 製作主任

タイの裏社会で日常的に行なわれている幼児売買春、人身売買という衝撃的なテーマに挑んだ阪本順治監督の新作。臓器売買という非人道的な問題に迫る新聞記者を江口洋介が熱演。

監督
阪本順治
出演キャスト
江口洋介 宮崎あおい 妻夫木聡 プラパドン・スワンバン

歓喜の歌

  • 2008年2月2日(土)公開
  • 製作経理

立川志の輔の創作落語を、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督が映画化。町のイベントを巡る職員やママさんたちの騒動を、人情味たっぷりに描く。

監督
松岡錠司
出演キャスト
小林薫 伊藤淳史 由紀さおり 田中哲司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 小泉朋